HOME  /GIMP
 /GIMP2.10の文字入力とフォントのカスタマイズ
2020年05月24日

GIMP2.10の文字入力とフォントのカスタマイズ

GIMP2.10の文字入力とフォントのカスタマイズについて解説します。

1.文字入力画面とフォントの基本知識

1-1.文字入力画面

文字入力に関連する画面は下記になります。

①ツールボックス

入力文字の大きさや行間、文字間隔及び色の変更がこのツールボックス操作で行えます。

 

②パレットエディタ

パレットエディタの色を文字列にドロップすると文字列の色変更ができます。

ツールボックスの色変更より簡単です。

パレットエディタの追加方法は下記URLを参照してください。

 GIMP2.10をカスタマイズする為の基本を理解する

 

③フォントダイアログ

ここに表示されているフォントをクリックすると入力文字列のフォントが変わります。

フォントダイアログが表示されてない場合はダイアログ追加ボタンを挿入し「タブの追加→フォント」を実行して下さい。

フォントダイアログが表示されます。

 

1-2.GIMP2.10のフォントとは

GIMP2.10のデフォルトのフォントフォルダは下記になっています

フォルダ 解説
c:¥ProgramFile¥GIMP 2¥share¥gimp¥2.0¥fonts GIMPのデフォルトフォントフォルダです。

しかし、現在は何も登録されていません。

c:¥ユーザ¥(ユーザ名)¥AppData¥Roaming¥GIMP¥2.10¥fonts ユーザが登録するフォントフォルダです。
c:¥ユーザ¥(ユーザ名)¥AppData¥local¥MicrosoftWindows¥fonts Windowsのフォントを登録するフォルダのようですが現在は空です。

GIMP2.8では見なかったフォルダです

結局、上記のフォルダには何も登録されてませんが、GIMPのデフォルトは下記プログラムでWindowsにあるフォントをGIMPに取り込んでいます。

C:¥Program Files¥GIMP 2¥etc¥fonts¥fonts.conf

 

2.フォントのカスタマイズ

下記の操作を行う前に必ず下記ドキュメントを参照してください。

 GIMP2.10をカスタマイズする為の基本を理解する

 

2-1.Windowsを削除する方法

Windowsフォントを読み込まなくする為には下記ファイルを編集する必要があります。

C:¥Program Files¥GIMP 2¥etc¥fonts¥fonts.conf

このファイルはXMLで記述されています。

下記の31行目をコメントにします。

修正前:	<dir>WINDOWSFONTDIR</dir>
修正後:  <!--dir>WINDOWSFONTDIR</dir-->

以上でGIMPを再起動するとフォントが総て空になっています。

 

2-2.必要なフォントを個人フォントフォルダに登録します。

ネットから無償のフォントを検索して「 c:¥my-gimp¥fonts」に登録します。

私は下記のフォントを使っています。

GIMPで表示されるフォント名 追加するフォントファイル名 ダウンロードURL
やさしさアンチック 07YasashisaAntique 07YasashisaAntique.otf やさしさアンチックのサイト
はんなり明朝 HannariMincho hannari.otf はんなり明朝のサイト
白舟隷書教漢 HakusyuReisyo_kk hkreikk.ttf  白舟隷書教漢のサイト
IPAex IPAexGothic ipaexg.ttf IPAexのサイト
IPAexMincho ipaexm.ttf
こころ明朝体 KokoroMinchoutai Kokoro.otf こころ明朝体のサイト
MigMix 1P MigMix 1P Bold migmix-1p-bold.ttf MigMixのサイト
MigMix 1P migmix-1p-regular.ttf
さわらびフォント Sawarabi Gothic Medium sawarabi-gothic-medium.otf さわらびフォントのサイト
Sawarabi Mincho Medium sawarabi-mincho-medium.otf

 ­その他

上記で利用するフォントを整理しましたが、フォントタブでは下記フォントが自動追加されます。
・Monospace
・Sans-serif
・Serif
上記のフォントはGIMPがフォントをジェネレーションする時に、自動で作成しているもので消すことはできません。

 

3.文字入力及び編集方法方法

文字の入力方法はGIMP2.8と同じなので、下記を参照してください

 ­GIMP2.8のテキスト作成の基本を覚える

 

以上でGIMP2.10の文字関連の操作が可能になったと思います。

以上でこのドキュメントの説明は完了です。

関連ドキュメントはメニュの「GIMPタブ」か下記の関連記事一覧から探して下さい。

又、このサイトには、Google広告が掲載されています。

この記事が貴方の参考になりましたら、広告もご覧頂ければ幸いです。


<関連記事一覧>

「gimp2-10」に関連するドキュメントを表示しています。尚、このページネーションはJquryで制御しています。

GIMPで色を指定するツールには「パレット」、「GIMP」、「色相環」、「CMYK」、「水彩色」があります。ここではそれらの使い方を中心にGIMPで色を指定する方法を解説しています。

色々なポスターやテレビ画像では、下記の様に、ぼぼ縁取りされた文字が画像が使われています。ここでは「210_effects-selection_glow-selection.scm」というスクリプトを使った縁取り方法を解説しています。

引き出し線を引いたりする場合はブラシの矢印では無理です。このような時に使う物としてスクリプトで書く矢印があります。ここでは「Allow-set-size」というスクリプト矢印の使い方を解説しています。

サイトを構築していくと必ずロゴや基本商品及び矢印等、頻繁に使う画像があります。これらをブラシとして登録しておくと簡単に配置する事ができます。ここではGIMP2.10のブラシの解説と整理方法を解説します。

カラーパレットはGIMP2.8からGIMP2.10で少し変更になり、使い易くなりました。この辺の設定方法を解説しています。

GIMPをカスタマイズする為には個人フォルダに機能を付け加えますが、個人フォルダはPCの環境によって異なる性質を持ちます。そこでそれらに影響されないOS直下の個人フォルダの作り方を解説しています。

GIMP2.10が初めての方向けにGIMPのインストールの仕方からGIMPの基本設定を解説しています。特に基本設定でシングルウィンドウモードへの切り替え方法から始まりツールオプションやダイヤログボックスエリアの整理方法を解説しています。