HOME
 / カテゴリ「WordPress関数」を表示:15件

アクションフック、フィルターフックの違い

フィルターフックはユーザプログラムにパラメータリストを渡し、ユーザはこれを修正する事により機能を変更するものです。一方、アクションフックはWordPressをセットアップしたり実行するタイミングでユーザプログラムに何か処理をしますか?と聞いてくれる切り口です。これを利用する事によりWordPressの機能を変更する事ができます。

アクションフック:admin_init

admin_initはアクションフック関数で、管理画面の機能をカスタマイズする際に利用されます。

アクションフック:pre_get_posts

pre_get_postsはアクションフック関数で、投稿の並び順が「作成日が新しいもの順」となっている物を、任意の並び順に変更する時の利用します。

フィルターフック:mce_buttons、mce_external_plugins

「mce_buttons」及び「mce_external_plugins」は共にフィルターフックで、WordPressのビジュアルエディタに新たなボタンを追加する時に利用されます。

フィルターフック:tiny_mce_before_init

tiny_mce_before_initはフィルターフックで、TinyMCEをセットアップするパラメタを渡してくれます。ユーザはこのパラメータを変更する事により、TinyMCEのスペックを変更する事ができます。

フィルターフック:wp_insert_post_data

wp_insert_post_dataはフィルターフックで、WordPressエディタで「下書きとして保存」や「更新」ボタンを挿入したタイミングで、投稿データをユーザプログラムに渡してくれます。これを利用する事によりビジュアルエディタの機能を大幅に拡張する事が可能になります。

関数:dynamic_sidebar

dynamic_sidebarの利用方法には、サイドバーの表示以外にサブルーチンの様な使い方もできます。このサイトではAdSenseコードを登録しておき各プログラムで利用するのに利用しています。

関数:get_site_url()

get_site_url()は、サイトのURLを返します。一般的にはメディアファイルのURLを指定する時に使います。

関数:get_stylesheet_directory_uri()

get_stylesheet_directory_uri()は、有効化しているテーマのURLを返します。親テーマのURLを取得したい場合はget_template_directory_uri()を利用します。

関数:get_stylesheet_uri()

get_stylesheet_uri()は、有効化しているテーマのCSSのURLを返します。