HOME
 / カテゴリ「WordPress(応用)」を表示:54件

ビジュアルエディタでインデント(margin-left)が利用できる様にする

TinyMCEのデフォルト設定ではインデントはpタグとimgタグしが使えません。またCSSを更新した時にスーパリロードしないと画面が更新されない等の問題点もあります。ここではこれらの問題点を解決して使い易いTinyMCEの設定方法を解説しています。

ビジュアルエディタにコラップス機能(コンテンツの開閉)を実装する

コラップスとはアコーディオンなどのようにコンテンツを開閉できる機能でここではBootstrapのコラップス機能をビジュアルエディタで利用する方法を解説しています。更に1ページに複数のコラップスがあっても対応できるJqueryにしています。

TinyMCEに自作のモーダルウィンドウを実装する

Bootstrapのモーダルウィンドウの機能をビジュアルエディタで使うとどうしてもBootstrapの仕様の制限を受けます。
そこでこの投稿では自作のモーダルウィンドウの作り方を解説します。ここでは背景色の変更やコンテンツエリア幅の変更を可能としています。

ビジュアルエディタの整形済みテキスト(pre)をカスタマイズする

ここでは整形済みテキスト(pre)の設定と使い方を解説します。整形済みテキストのポイントは見やすいソーステキストの提供です。

表示デバイスを取得する方法

WordPressで用意されている関数、is_mobileやwp_is_mobileを利用すると、アクセスしてきたデバイスの種類を意識したPHPプログラムを作成する事ができます。ここではこの設定方法と使い方を解説しています。但し、これは画面サイズではありません。