HOME  /WordPress関数
 /アクションフック:admin_init
2020年03月11日

アクションフック:admin_init

アクションフック:admin_initとは

アクションフックとフィルターフックの違いは下記を参照してください。

­ ­アクションフック、フィルターフックの違い

 

admin_initはアクションフックで、ユーザーが管理画面エリアにアクセスする際に他のフックより先に実行されます。

例えば管理画面でビジュアルエディタを特定な物に変更させたい場合などに利用します。

 

admin_initのサンプル

下記事例は管理画面の「投稿編集」で使われるビジュアルエディタを変更する設定です。

function my_styles() {
  remove_editor_styles();                  //親テーマのエディタスタイルシートの削除
  add_editor_style( 'editor-style.css' );//子テーマのスタイルシートの追加
}
add_action( 'admin_init', 'my_styles' );

上記では、親テーマのビジュアルエディタのファイル名を削除し、新たに「editor-style.css」をビジュアルエディタのファイル名として使え!と指示しています。

 

このアクションフックでよく使われる関数

良く使われる関数 説明
remove_editor_styles()

引数なし。

現在設定されているビジュアルエディタのCSSファイル名を削除します。

add_editor_style($style)

引数 $style:スタイルシートのファイル名

   デフォルト値:editor_style.css

指定されたファイルをビジュアルエディタのファイル名とする。