HOME  /WordPress関数
 /関数:get_template_part
2020年02月25日

関数:get_template_part

WordPressの関数説明は、一般的な使い方だけです。

詳細はWordPress Codexを参照してください。

説明

get_template_part」はPHPプログラムに、他のPHPプログラムを読み込みます。

但し、

■ヘッダを読み込む場合は、get_header()

■サイドバーを読み込む場合は、get_sidebar()

■フッターを読み込む場合は、get_footer()

利用し、この関数は利用しません。

 

使い方

<?php get_template_part( $slug ); ?>

 

<引数>

$slug:スラッグ名

­ ­メモ

スラッグとはPHPプログラムのファイル名です。

例えば「single.php」の中で、この関数の$slugに「test」を指定した場合は、「test.php」が呼ばれます。

「test.php」が「funcフォルダ」の中にある場合は下記の様に指定します。

<?php get_template_part( func/test ); ?>

 

備考

PHPプログラムに他のプログラムを呼び出す方法は、このWordPress関数以外に、ユーザ作成関数を使う方法があります。

ユーザ作成関数の呼び出し方は下記になります。

<?php 関数名( 引数 ); ?>

 

「ユーザ作成関数」を利用するか「get_template_part」を利用するかの違いは、引数を必要とするか?否かです。

get_template_part」でも引数を渡すやり方もありますが、少し面倒です。

 

このサイトで、このget_template_partを使っている所

関数を設定する為には、「functions.php」の中に関数を記述する必要があります。

しかし「functions.php」の中にダラダラと書いていくと、維持メンテが容易でありません。

そこで、「functions.php」の中には基本的な物しか記述せず、関数は下記の様な形で読み込んでいます。

/*****************************************************************************
ファンクションロード
/******************************************************************************/
// ヘッダメニュ
get_template_part('func/my_navbar_button');
// 検索BOX
get_template_part('func/my_searchform');
// パンくず
get_template_part('func/my_breadcrumb');

PHPプログラムの中での呼び出し方は下記の様な形式になります。

例)<?php my_breadcrumb( 引数 ); ?>