HOME  /GIMP
 /3D TextでGIMP図形や文字に影を付け3D化する
2020年02月03日

3D TextでGIMP図形や文字に影を付け3D化する

ここでは3DTextというスクリプトを使って下記の様な図形や文字を3次元化する方法を解説します。

1.3DTextのスクリプトを個人フォルダに入れる

1)個人フォルダの場所を確認する

①コマンドの『編集➡設定➡フォルダの+を挿入➡スクリプト』を表示してください。

GIMPをカスタマイズする為の基本を理解するで③の個人フォルダを作成した場合は、これを使ってください。
作ってない場合は①を使ってください(アカウント問題がない場合に限ります

2)3D textのスクリプトをダウンロードする

①GIMPのGIMP Plugin Registryサイトにある下記URLをクリックしてください。

3D textのダウンロードサイト

②表示された下記画面のプログラムをクリックしてスクリプトをダウンロードする。


3dscript.scmというスクリプトがダウンロードされます。

③先程確認した個人フォルダにコピーしてください。

④GIMPを終了して再起動してください。

Xtnsというメニューが表示されると、成功です。

2.3D textを使って図形を3D化する方法

1.コマンド『ファイル➡新しい画像』で新しいキャンパスサイズを作成してください。

2.コマンド『レイヤ➡新しいレイヤの追加』で透明の図形を描画するレイヤを作成してください。

3.透明の図形レイヤに矢印をパスコマンドで作成してください。

作り方はGIMPの図形作成の基本を覚えるを参照してください。

4.ここからが3D textを使って3D化する手順になります

注意点①

図形作成後、必ず『選択➡選択の解除』で図形を確定させてください。

図形を確定させてないとスクリプトでエラーになります。

注意点②

レイヤータブで3Dにする図形が入っているレイヤをアクティブにして下さい。

3D textスクリプトはアクティブレイヤの不透明部分を加工して3D化します。

5.Xtnsコマンドを実行してください

Xtns➡Scriput-Fu➡3Dtext➡make-3dを実行します。

実行前に必ず注意点の①をチェックしてください。スクリプトエラーになるケースは必ずこれです。

注意点③

コマンド実行後、下記画面が表示されない場合はGIMP画面の下に隠れているのでタスクバーを見てください。

 【実行結果】

3D図形で必要なレイヤは上記のレイヤーコピー#6だけです。

上記の3D矢印を部品化する場合は下記になります。

①3D矢印がある透明レイヤ以外のレイヤ等を削除する

②コマンド『レイヤ➡レイアの自動切り抜き』で矢印のサイズにレイヤサイズを縮小する

③コマンド『画像➡キャンパスをレイヤに合わせる』でキャンパスサイズもレイヤサイズに合わせる

④コマンド『ファイル➡名前を付けて保存』で任意の名前で作った矢印を保存する

 

その他の注意点

3D Textは図形レイヤを右下に指定値だけコピー(上図の例では)していき、最後にレイヤをマージする手法で作成されます。
この時に下図の右の図形の様に図形サイズとレイヤサイズが同一の場合はうまく3D画像になりません。
この場合は左の図形の様にレイヤサイズを少し大きくして下さい。

3.3D textを使って文字を3D化する方法 

文字の3D化に関しては、文字列は必ず新しいレイヤが作られるので3D化するレイヤをアクティブにして3D textを実行するだけで、特に注意点はありません。

但し、文字の3D化は線が太いフォントの方が出来上がった3D文字が綺麗に見えると思います。

 メモ

以上でこのドキュメントの説明は完了です。

関連ドキュメントはメニュの「GIMPタブ」か下記の関連記事一覧から探して下さい。

又、このサイトには、Google広告が掲載されています。

この記事が貴方の参考になりましたら、広告もご覧頂ければ幸いです。


<関連記事一覧>

GIMPの基本設定ではGIMPの画面周りを整理しましたが、ここではGIMPとは何か?を知ってもらう為にサンプル画像を使ってレイヤの概念やレイヤ操作の基本的なコマンド(移動,拡大・縮小,回転,鏡像反転,)及びテキスト入力の基本を解説しています。

ダイアログボックスエリアにフォントとカラーパレットを設定した環境下でテキストを作成したり色を変える方法を解説しています。またデザイン分野では文字の大半が縁取り文字になっていますがこれを行う為の基本的な操作も解説しています。

図形や文字に凹凸をつけるためにはエンボス(Emboss)又はべベル(Bevel)という機能を利用します。このドキュメントはLayer Effectsというプラグインを使ってOuter Bevel、Inner Bevel、Emboss、Pillow Embossで文字や図形を3D化する方法を解説しています。

GIMPが初めての方向けにGIMPのインストールの仕方からGIMPの基本設定を解説しています。特に基本設定でシングルウィンドウモードへの切り替え方法から始まりツールオプションやダイヤログボックスエリアの整理方法を解説しています。

背景画像、部品画像及び切り抜き画像を作成してきましたのですサンプル画像を作成する総ての部品が揃いました。
それではいよいよそれらの部品を君合わせて最終画像を作成し、画像ファイルとしてエクスポートします。

Windowsを日本語のアカウントで利用すると、海外で作られたソフトウェが起動できなかったり、一部の機能が使えないことが発生します。本ドキュメントはWindowsを英語のアカウントに切り替える方法を解説しています。

GIMPの操作画面は、自分が使い易い様にカスタマイズができます。このドキュメントはそのやり方解説しています。

サイトを構築していくと必ずロゴや基本商品及び矢印等、頻繁に使う図形があります。これらの図形をGIMPのxcfファイルで保管し使いたい時に取り込む方法もありますが、これらをブラシとして登録しておくと検索も容易になると共に作成も簡単になります。ここではブラシの使い方と登録方法を解説します。

GIMPをインストールするとWindowsに登録されているフォントが総てGIMPフォントに取り込まれます。しかしこのフォントを使って画像を作成する事は可能ですが商用利用できるか?否かが問題になります。そこで本ドキュメントではWindowsフォントを取り込まない方法及び商用利用OKのフォントの取り込み方を解説しています。

GIMPで切り抜き画像を作成する方法は色々な方法があります。本ドキュメントでは具体的の画像サンプルをベースにパスツールで画像を切り抜く方法を詳しく解説しています。またその他のツールは特徴のみを解説しています。