HOME  /GIMP
 /GIMPをカスタマイズする為の基本を理解する
2020年02月03日

GIMPをカスタマイズする為の基本を理解する

GIMPには商用利用可能なフォントを追加したり、図形や文字作成を助ける為のプラグインやスクリプト等を独自に追加する機能があります。
本ドキュメントではこれらのマスタマイズする為の基本知識を解説しています。

1.GIMPのカスタマイズの基本を理解する

1.メニュの『編集➡設定』を開いてください。

これがGIMPの各種設定を行う画面で、メニュの『作成➡新しい画像』で640×400のキャンパスサイズが作られますが、これも下記の『新しい画像の設定』の所で定義されています。

2.上図の+をクリックすると下記メニュが表示されます。

ここに表示される項目が、ユーザがカスタマイズできる項目の一覧になります。
私がカスタマイズしている項目は下記の赤字で記載した所になります。

3.個人フォルダの設定状況を確認する。

フォントフォルダの場合で説明しますが、フォント以外のフォルダでも操作は同一です。
上図のフォントフォルダをクリックしてください。
下図がフォントフォルダを定義する画面で、ここからフォルダの追加・削除ができます。

基本設定のフォントフォルダは下記になります

①インストールしたユーザ名により決まる個人フォルダ

C:\Users\ユーザ名\.gimp-2.8\fonts

②GIMPのデフォルトフォルダ

C:\Program Files\GIMP 2\share\gimp\2.0\fonts

①の個人フォルダはWindowsのアカウントが日本語表記の場合は新たなフォントを追加しても機能しません。

②は階層が深く覚えずらい事と、GIMPのデフォルトの設定と混同する等の問題がありあまり推奨できません。

よってデフォルトの個人フォルダが日本語問題で使えない場合は、新規に個人フォルダを追加する必要があります。

2.新規の個人フォルダを作る方法

ここでは①の個人フォルダが日本語の為に利用できない場合の新規フォルダの作成方法を解説します。

1.OS直下にGIMP用の個人フォルダを作成する。

c:\の画面で『新規フォルダアイコン』または『右クリックの新規作成→フォルダ』で下記の様な構成のフォルダを作成してください。名前は任意の名前で良いのですが必ず英数字の名前にして下さい。

私は上記のフォルダに下記の機能を追加しています。

・ブラシ

矢印のブラシを追加

・フォント

商用利用可能なフォントを追加しています。

・パレット

個人用カラーパレットを追加

・プラグイン

文字や図形のべベル(編の面取り)やエンボス(凹凸)をいれ3次元化するプラグインを追加

・スクリプト

文字や図形を3次元イメージにするスクリプトを追加

2.上記で作った個人フォルダをGIMPに指定する。

GIMPのメニュの『編集→設定』からフォルダ(+の所)を開きフォントを選択します。
下記はフォントの場合で解説していますが、他のスクリプト等でも同様な操作になります。

下記画面が表示されます。
新規を選択後、フォルダを指定してmy-gimp\fontsを指定する

以上で、この個人フォルダに登録されたフォントが利用できるようになります。

同様に、ブラシ、パレット、プラグイン、スクリプトも定義してください。
以上でWindowsのアカウントが日本語の場合でも問題なくGIMPがカスタマイズできる環境が整いました。

 

<ドキュメントガイド>

前のテーマ: GIMPの基本概念の理解する

次のテーマ:GIMPに個人用カラーパレットを追加する

 メモ

以上でこのドキュメントの説明は完了です。

関連ドキュメントはメニュの「GIMPタブ」か下記の関連記事一覧から探して下さい。

又、このサイトには、Google広告が掲載されています。

この記事が貴方の参考になりましたら、広告もご覧頂ければ幸いです。


<関連記事一覧>

背景画像、部品画像及び切り抜き画像を作成してきましたのですサンプル画像を作成する総ての部品が揃いました。
それではいよいよそれらの部品を君合わせて最終画像を作成し、画像ファイルとしてエクスポートします。

GIMPが初めての方向けにGIMPのインストールの仕方からGIMPの基本設定を解説しています。特に基本設定でシングルウィンドウモードへの切り替え方法から始まりツールオプションやダイヤログボックスエリアの整理方法を解説しています。

ダイアログボックスエリアにフォントとカラーパレットを設定した環境下でテキストを作成したり色を変える方法を解説しています。またデザイン分野では文字の大半が縁取り文字になっていますがこれを行う為の基本的な操作も解説しています。

GIMPで図形を描画する場合どのレイヤに図形を書くのか?が一番重要になります。また図形を綺麗に書く為にはグリッドやガイド線をうまく使う事と、曲線を含む図形を書く為にはパスツールを理解するとうまく書くことができます。本ドキュメントはこれらの図形描画にまつわる基本的な事項を解説しています。

GIMPの基本設定ではGIMPの画面周りを整理しましたが、ここではGIMPとは何か?を知ってもらう為にサンプル画像を使ってレイヤの概念やレイヤ操作の基本的なコマンド(移動,拡大・縮小,回転,鏡像反転,)及びテキスト入力の基本を解説しています。

サイトを構築していくと必ずロゴや基本商品及び矢印等、頻繁に使う図形があります。これらの図形をGIMPのxcfファイルで保管し使いたい時に取り込む方法もありますが、これらをブラシとして登録しておくと検索も容易になると共に作成も簡単になります。ここではブラシの使い方と登録方法を解説します。

GIMPで文字を入力したり図形を描画する場合ツールメニュの下にある描画色か背景色で色を選択します。しかし実際に使ってみるとあまり操作性が良くありません。そこで本ドキュメントではダイアログエリアに自分専用のカラーパレットを設定し色選択が容易にできる方法を解説しています。

図形や文字に凹凸をつけるためにはエンボス(Emboss)又はべベル(Bevel)という機能を利用します。このドキュメントはLayer Effectsというプラグインを使ってOuter Bevel、Inner Bevel、Emboss、Pillow Embossで文字や図形を3D化する方法を解説しています。

GIMPの操作画面は、自分が使い易い様にカスタマイズができます。このドキュメントはそのやり方解説しています。

GIMPで切り抜き画像を作成する方法は色々な方法があります。本ドキュメントでは具体的の画像サンプルをベースにパスツールで画像を切り抜く方法を詳しく解説しています。またその他のツールは特徴のみを解説しています。