HOME  /GIMP
 /GIMP2.10のカラーパレットをカスタマイズする
2020年05月18日

GIMP2.10のカラーパレットをカスタマイズする

カラーパレットはGIMP2.8とGIMP2.10では少し変更になっています。

1.カラーパレットを使う為の基本画面と基本知識

1-1.カラーパレットを使う為の設定

カラーパレットを使う為には「パレットダイアログ」と「パレットエディタ」を呼び出す必要があります。

下図を見てください

パレットエディタの色をクリックすると「描画色」が変わります

 

<注意点>

①パレットが画面に表示されてない場合は下記操作で、呼び出してください。

■ダイアログ追加ボタンをクリックし、「タブの追加→パレット」を実行して下さい。
パレットダイアログボックスが追加されます。

 

②パレットエディタが表示されてない場合は下記操作で、呼び出してください。

■パレットの中の1つのパレットを右クリックし、表示されたメニューから「パレット編集」を実行します。
パレットエディタが表示されます。

 

1-2.パレットに表示されるパレットとは

パレットに表示されるデフォルトのパレットは下記になります。

表示されるパレット及びフォルダ 解説
Color History 描画色の変更画面の履歴情報です。

GIMP2.10ではカラーパレットとしても保存されるようになりました。

使い続けると自分が使うカラーが集約されます。

c:¥ProgramFile¥GIMP 2¥share¥gimp¥2.0¥palettes このフォルダに、かなりの量のパレットが入っています。

しかし、量が多すぎて使いづらいのが現状です。

c:¥ユーザ¥(ユーザ名)¥AppData¥Roaming¥GIMP¥2.10¥palettes デフォルトでは空です。

GIMP画面でパレットを右クリックし「新しいパレット」を実行すると、新しいパレットが作成され、このフォルダに登録されます。

 

2.カラーパレットのカスタマイズ

下記の操作を行う前に必ず下記ドキュメントを参照してください。

 GIMP2.10をカスタマイズする為の基本を理解する

 

2-1.必要なパレットを個人フォルダにコピーする。

デフォルトのパレットは下記のフォルダにあります。

c:¥Program Files¥GIMP 2¥share¥gimp¥2.0¥palettes

この中で私が良いと思ったパレットは下記の2つのファイルです。

①Named_Color.gpl

②Volcano.gpl

 

上記の2つのファイルを下記の個人フォルダにコピーします。

 c:¥my-gimp¥palettes

 

2-2.パレット設定を変更する。

メニューの『編集➡設定➡フォルダ➡パレット』を呼び出し、下記の様に変更して下さい。

<操作手順>

①c:¥ProgramFile¥GIMP 2¥share¥gimp¥2.0¥palettesを削除します。

これで使わないパレットは表示されなくなります。

②c:¥ユーザ¥(ユーザ名)¥AppData¥Roaming¥GIMP¥2.10¥palettesを削除します

これは特に意味はありません

③c:¥my-gimp¥palettesを追加します

更に、書込みフォルダとして✔して下さい。

これでGIMP画面からパレットを作りたくなった場合はここに登録されるようになります。

 

2-3.結果

これでカラーバレットの表示は下記の様になりました。

カラーパレットが3つに整理されたので、使い易くなります。

尚、GIMP2.10から、現在選択しているパレットデータが記憶されるように変更になりました。

よってGIMPを終了して、再起動しても選択したパレットがデフォルト表示されます。

以上でこのドキュメントの説明は完了です。

関連ドキュメントはメニュの「GIMPタブ」か下記の関連記事一覧から探して下さい。

又、このサイトには、Google広告が掲載されています。

この記事が貴方の参考になりましたら、広告もご覧頂ければ幸いです。


<関連記事一覧>

「gimp2-10」に関連するドキュメントを表示しています。尚、このページネーションはJquryで制御しています。

GIMPで色を指定するツールには「パレット」、「GIMP」、「色相環」、「CMYK」、「水彩色」があります。ここではそれらの使い方を中心にGIMPで色を指定する方法を解説しています。

色々なポスターやテレビ画像では、下記の様に、ぼぼ縁取りされた文字が画像が使われています。ここでは「210_effects-selection_glow-selection.scm」というスクリプトを使った縁取り方法を解説しています。

引き出し線を引いたりする場合はブラシの矢印では無理です。このような時に使う物としてスクリプトで書く矢印があります。ここでは「Allow-set-size」というスクリプト矢印の使い方を解説しています。

サイトを構築していくと必ずロゴや基本商品及び矢印等、頻繁に使う画像があります。これらをブラシとして登録しておくと簡単に配置する事ができます。ここではGIMP2.10のブラシの解説と整理方法を解説します。

GIMPの文字はWindowsフォントがそのまま使われます。このWindowsフォントを使わないくする設定とフォント追加を解説しています。

GIMPをカスタマイズする為には個人フォルダに機能を付け加えますが、個人フォルダはPCの環境によって異なる性質を持ちます。そこでそれらに影響されないOS直下の個人フォルダの作り方を解説しています。

GIMP2.10が初めての方向けにGIMPのインストールの仕方からGIMPの基本設定を解説しています。特に基本設定でシングルウィンドウモードへの切り替え方法から始まりツールオプションやダイヤログボックスエリアの整理方法を解説しています。