HOME  /GIMP
 /GIMP2.10:色選択ダイアログBOXの使い方
2020年06月09日

GIMP2.10:色選択ダイアログBOXの使い方

下記の「描画色/背景色」をクリックすると「色選択ダイアログBOX」が表示されます。

表示されるダイアログBOX

ここでは上記のダイアログBOXの使い方を説明していきます。

1.共通ツール

どのメニュを選択しても、下記の選択肢から色を選択する事ができます。

①HTML表記

HTMLやCSSで使われる「色コード」を指定します。

色コードを入れて「Enter」キーを押すと色が表示されます。

色コードは通常は#を付けて表しますが、ここでは「#は不要」です。

色コードの例

16進数コード 備考
White(白) #ffffff 省略表示として#fffでも可
Black(黒) #000000 省略表示として#000でも可
Red:(赤) #ff0000 省略表示として#f00でも可
Green:(緑) #00ff00 省略表示として#0f0でも可
Blue(青) #0000FF 省略表示として#00fでも可

 色の知識

色の3原色はRGBです。

HTMLコードはRGBの量を16進数で表します。

一方、プログラム等では10進数で指定する場合もあります。

例えば赤を10進数で表すと「(255 0 0)」になります。

 

②スポイト

スポイトアイコンをクリックすると、カーソルがスポイトマークに変わります。

そこでPC画面にある「色」をクリックすると、色コードが取り込めます。

画面の中のこの色を使いたい!という場合に便利な機能です。

 

③色変更履歴

GIMPでは色を変更した履歴を保存してくれています。

この変更履歴の「色」をクリックするとその色が取り込まれます。

 

2.パレット等から色を取り込む

色を指定するツールには下記の物があります。

2-1.パレット

2-2.GIMP

2-3.色相環

2-4.CMYK

2-5.水彩色

下記に順次、説明していきます。

 

2-1.パレット

パレットを選択すると、下記URLで指定したパレットが表示されます。

 GIMP2.10のカラーパレットをカスタマイズする

例えば「Volcano.gpl」を選択していた場合は、下記のパレットが表示されます。

これを利用すると「パレットエディタ」をダイアログで呼び出す必要がなくなるので、大変便利です。

 

2-2.GIMP

このツールは基本色を選択した後に、「この色を少し××したい」時に利用するツールです。

例えば「」を「パレット」で選択したのち、このGIMPツールを開くと下記の様になります。

■基準点をマウスでクリックし「下にドラッグ」すると「濃い緑」になります。

■基準点をマウスでクリックし「左にドラッグ」すると「薄い緑」になります。

 

2-3.色相環

このツールも基本色を選択した後に、「この色を少し××したい」時に利用するツールです。

例えば「」を「パレット」で選択したのち、この「色相環」ツールを開くと下記の様になります。

■現在の色の位置が〇の所です。

■①を「クリック」すると「薄い緑」になります。

■②を「クリック」すると「濃い緑」になります。

 

2-4.CMYK

カラー印刷では、シアン・マゼンタ・イエロー・ブラックの基本色の組み合わせで色を表現します。

CMYKは、この基本色の量で色を指定する方法です。

印刷をする時に、色指定が「CMYK」で指定された時に利用するツールで、一般的には使いません。

HTML表記で色を「fff」にして「CMYK」を開いて下さい。

■黒のスライダを右に動かすと「色々な灰色」が指定できます。

 

2-5.水彩色

水彩画を書く時に「色に他の色を加えて色を作ります」が、これと同じような操作で色を混ぜるツールです。

HTML表記で色を「fff」にして「水彩色」を開いて下さい。

①現在の色は「」です。

②「1クリック」で混ぜる量をスライダで指定します。

上にスライドすると「混ぜる量が増えます

下にスライドすると「混ぜる量が減ります

③混ぜる「色をクリックします

クリックする毎に色の量が増えていきます。

 

3.考察

私が使ってみて感じた結果は下記になります。

■通常の色選択:「パレット

■白黒灰色選択:「CMYK

■若干色を薄くしたり、濃くしたい場合は「GIMP」又は「色相環

 

しかし、「GIMP」又は「色相環」はあまり使い勝手が良いとは思いません。

私が「若干色を薄くしたり、濃くしたい」場合は下記サイトを使っています。

https://www.0to255.com/

 

上記のサイトに入ると「画面右上に下記BOX」が表示されます。

■ここにカラーコードを指定します。

 

例えば緑の「24fc00」を入れて「」を挿入すると下記画面が表示されます。

ここから「若干色を薄くしたり、濃くしたい」コードを取得して、GIMPの色コードを指定しています。

■浮き上がっている所が、現在の指定値です。

以上でGIMPにまつわる色指定が使えるようになったと思っています。

以上でこのドキュメントの説明は完了です。

関連ドキュメントはメニュの「GIMPタブ」か下記の関連記事一覧から探して下さい。

又、このサイトには、Google広告が掲載されています。

この記事が貴方の参考になりましたら、広告もご覧頂ければ幸いです。


<関連記事一覧>

「gimp2-10」に関連するドキュメントを表示しています。尚、このページネーションはJquryで制御しています。

色々なポスターやテレビ画像では、下記の様に、ぼぼ縁取りされた文字が画像が使われています。ここでは「210_effects-selection_glow-selection.scm」というスクリプトを使った縁取り方法を解説しています。

引き出し線を引いたりする場合はブラシの矢印では無理です。このような時に使う物としてスクリプトで書く矢印があります。ここでは「Allow-set-size」というスクリプト矢印の使い方を解説しています。

サイトを構築していくと必ずロゴや基本商品及び矢印等、頻繁に使う画像があります。これらをブラシとして登録しておくと簡単に配置する事ができます。ここではGIMP2.10のブラシの解説と整理方法を解説します。

GIMPの文字はWindowsフォントがそのまま使われます。このWindowsフォントを使わないくする設定とフォント追加を解説しています。

カラーパレットはGIMP2.8からGIMP2.10で少し変更になり、使い易くなりました。この辺の設定方法を解説しています。

GIMPをカスタマイズする為には個人フォルダに機能を付け加えますが、個人フォルダはPCの環境によって異なる性質を持ちます。そこでそれらに影響されないOS直下の個人フォルダの作り方を解説しています。

GIMP2.10が初めての方向けにGIMPのインストールの仕方からGIMPの基本設定を解説しています。特に基本設定でシングルウィンドウモードへの切り替え方法から始まりツールオプションやダイヤログボックスエリアの整理方法を解説しています。