HOME  /GIMP
 /GIMP2.10:スクリプトで縁取りされた文字や画像を作成する
2020年06月12日

GIMP2.10:スクリプトで縁取りされた文字や画像を作成する

ポスターやテレビ画像では、下記の様に、縁取りされた文字が画像が良く使われています。

GIMPの基本コマンドで上記を書く為には①選択範囲の確定、②選択範囲の拡大、③色をつける、という手順で書きます。

しかし「210_effects-selection_glow-selection.scm」というスクリプトを使うと、1コマンドでこれが実現できます。

また、本サイトで使っている下記の様な囲みも、このスクリプトで書くことができます。

 

尚、記操作を行う為には下記のドキュメントを参照してから操作して下さい。

 GIMP2.10をカスタマイズする為の基本を理解する

 

1.スクリプトを個人フォルダに登録する

1-1.「210_effects-selection_glow-selection.scm」をダウンロードします。

①下記URLをクリックして下さい。

http://gimphelp.org/script_dl/210_effects-selection_glow-selection.scm

上記URLをクリックするとし、「210_effects-selection_glow-selection.scm」というスクリプトがダウンロードされます。

 

1-2.個人のスクリプトフォルダにスクリプトを登録する。

①個人フォルダにスクリプトを登録する

210_effects-selection_glow-selection.scm」を下記の個人フォルダにコピーします。

 c:¥my-gimp¥scripts

 

②GIMPを終了して、再起動してください。

メニューに下記項目が追加されたインストール成功です。

 

2.Glowの使い方

2-1.使い方の基本

①Glowの選択範囲を指定します。

■図形や文字の縁取りを付ける場合

対象図形(文字)レイヤを右クリックして「不透明部分を選択範囲に」を実行します。

■矩形選択や楕円選択コマンドの場合

コマンドをクリックし、対象エリアを指定します。

ここでは下記の選択範囲を選んだ例で説明します。

 

②コマンドを実行します。

Script-Fu → Effect Section → Glow Selection」を実行します。

下記ダイアログボックスが表示されます。

上記の設定を、下記の様に変更します。

■OKボタンを挿入します。

 

③枠線が表示されました。

 

3.パラメータの変化による作画

パラメータ 初期値 説明
Glow Radius 2 選択拡大の量
Feather Radius 10 ぼかしの選択拡大の量
Glow Color ここをクリックして色を変更する
Glow Opacity 100 不透明度(0~100) 100は不透明度なしという意味です
Keep Selection? パラメータの選択を保持しますか?という意味です。

 

3-1.文字の場合のパラメータ効果

■①を3、②を3にした場合

■①を3、②を10にした場合

 

3-2.図形の場合

■①を3、②を3にした場合

■①を3、②を10にした場合

 

3-3.矩形コマンドの場合

■①を3、②を3にした場合

■①を3、②を10にした場合

 

このスクリプトを使うとGIMP操作がかなり短縮化されます。

 

4.「glow-selection」の初期パラメータを変更する

GIMPを再起動すると「glow-selection」のパラメータはデフォルトに戻ってしまいます。

そこで、このデフォルト値を変更する方法を下記に解説します。

私が変更するパラメータは下記になります。

パラメータ 変更値 解説
Glow Radius 2→3に変更 選択拡大の量を3に変更します
Feather Radius 10→3に変更 ぼかしの選択拡大の量を3に変更します
Glow Color 白→赤 行が色を赤にします。

 

スクリプト「210_effects-selection_glow-selection.scm」をEmEditor等のテキストエディタで開きます。

プログラムの下にある、下記の箇所を変更します。

SF-VALUE "Glow Radius" "3"
SF-VALUE "Feather Radius" "3"
SF-COLOR "Glow Color" '(255 0 0)

■”Glow Radius”の値を「2」から「3」に変更します。

■”Feather Radius”の値を「10」から「3」に変更します。

■”Glow Color”の値を「(255 255 255)」から「(255 0 0)」に変更します。

これでファイルを保存すると、デフォルト値が変更されます。

以上でこのドキュメントの説明は完了です。

関連ドキュメントはメニュの「GIMPタブ」か下記の関連記事一覧から探して下さい。

又、このサイトには、Google広告が掲載されています。

この記事が貴方の参考になりましたら、広告もご覧頂ければ幸いです。


<関連記事一覧>

「gimp2-10」に関連するドキュメントを表示しています。尚、このページネーションはJquryで制御しています。

GIMPで色を指定するツールには「パレット」、「GIMP」、「色相環」、「CMYK」、「水彩色」があります。ここではそれらの使い方を中心にGIMPで色を指定する方法を解説しています。

引き出し線を引いたりする場合はブラシの矢印では無理です。このような時に使う物としてスクリプトで書く矢印があります。ここでは「Allow-set-size」というスクリプト矢印の使い方を解説しています。

サイトを構築していくと必ずロゴや基本商品及び矢印等、頻繁に使う画像があります。これらをブラシとして登録しておくと簡単に配置する事ができます。ここではGIMP2.10のブラシの解説と整理方法を解説します。

GIMPの文字はWindowsフォントがそのまま使われます。このWindowsフォントを使わないくする設定とフォント追加を解説しています。

カラーパレットはGIMP2.8からGIMP2.10で少し変更になり、使い易くなりました。この辺の設定方法を解説しています。

GIMPをカスタマイズする為には個人フォルダに機能を付け加えますが、個人フォルダはPCの環境によって異なる性質を持ちます。そこでそれらに影響されないOS直下の個人フォルダの作り方を解説しています。

GIMP2.10が初めての方向けにGIMPのインストールの仕方からGIMPの基本設定を解説しています。特に基本設定でシングルウィンドウモードへの切り替え方法から始まりツールオプションやダイヤログボックスエリアの整理方法を解説しています。