HOME  /GIMP
 /Layer EffectsでGIMP図形や文字に凹凸をつけ3D化する
2018年03月25日

Layer EffectsでGIMP図形や文字に凹凸をつけ3D化する

ここではLayer Effectsというプラグインを使って下記の様な図形や文字を3次元化する方法を解説します。

凹凸をつけるためにはエンボス(Emboss)又はべベル(Bevel)という機能を利用します。

エンボスとは凸凹がある押し型で加圧して浮き出し(エンボス)模様を作る加工法で、Layer Effectsでは凸面はUP、凹面はDOWNになります。

べベルとは面取りの事で、Layer Effectsでは文字や図形の外側の面取りを行うのがOuter Bevelで、内側に面取りするのがInner Bevelになります。上図はInner Bevelで作った画像です。
これもエンボスと同様に凸面になるのがUP、凹面はDOWNになります。

1.Layer Effectsプラグインをインストールする

1)個人フォルダの場所を確認する

①コマンドの『編集➡設定➡フォルダの+を挿入➡プラグイン』を表示してください。

GIMPをカスタマイズする為の基本を理解するで③の個人フォルダを作成した場合は、これを使ってください。
作ってない場合は①を使ってください(アカウント問題がない場合に限ります

2)Layer Effectsのプラグインをダウンロードする

①GIMPのGIMP Plugin Registryサイトにある下記URLをクリックしてください。

Layer Effectsのダウンロードサイト

②表示された下記画面のプログラムをクリックしてプラグインをダウンロードする。

­ ­参考

layerfx.scmは、スクリプト形式のものでGIMPの2.7以前のレイヤ機能を使ったもの
layeyfx.pyは、プラグイン形式のものでGIMPの2.7以前のレイヤ機能を使ったもの
layerfx.2.8.pyは、GIMP2.7以降のレイヤーのグループ化機能を使ったプラグイン形式のプログラム

③表示された下記画面でダウンロードの設定を変えて保存コマンド実行してください。

layerfx.2.8.pfファイルがダウンロードされます。

 ④先程確認した個人フォルダに上記ファイルをコピーしてください。

 ⑤GIMPを終了して再起動してください。

下図のレイヤーコマンドの下に『Layer Effects』が表示されると、成功です。
尚、本ドキュメントではべベルとエンボスコマンドについて解説します。
他のコマンドは独自に試してください。

2.Layer Effectsのべベルとエンボスの使い方

1.図形(透明レイヤに書く)か、またはテキストを入力してBevel and Embossコマンドを実行してください。

下記ダイアログボックスが表示されます。

2.各コマンドを実行した結果

styleとDirection(up or down)を切り替えた画像が下記になります。

Style 方向:UP 方向:DOWN
図形 文字 図形 文字
Outer Bevel

 
Inner Bebel

 
Emboss

 
Pillow Emboss