HOME  /Synology(法人)
 /Hyper Backupを使ったSynologyのハードウェア変更
2020年02月14日

Hyper Backupを使ったSynologyのハードウェア変更

Synologyのハードウェア変更をする理由には色々考えられます。

①ハードウェアが古くなったので交換したい

②ディスクの管理システムを変更したい(SHRから通常RAIDに変更)

私の場合はSynologyのメインシステムをSHAに変更したいとの理由からハードウェア変更を実施しました。

­ ­メモ

SHR(Synology Hybrid RAID)とは

SHRは、Synologyが開発した RAID管理システムです。

これは、ユーザーが RAIDに詳しくなくても、ストレージ拡張が簡単に行えるシステムですが、弱点はSHAに対応できません。

SHAを使う為には通常のRAIDシステムが必要になります。

SHA(Synology High Availability)とは

SHAはSynologyが開発したHA(High Availability)ソリューションです。

同じ構成の製品を2台並べてLAN接続するだけで、アクティブサーバのディスクがクラッシュしたり、ハードが故障した時に、自動でスタンバイサーバーに切り替わり、システムのダウン時間を最小限にする仕掛けです。

 

ここでは「Hyper Backup」を使って旧システムを新システムに移行する方法を解説します。

[旧システム]

・ハード:DS213+

・ディスク:SHR(ディスク1本)

・アプリケーション:NAS+Webサーバ(WordPress)+Photo Station

[新システム]

・ハード:DS718+

・ディスク:Basic(ディスク1本)

・アプリケーション:旧システムのアプリケーションを移行します。

 

1.新システム側で準備する事

1-1.新システムにDSMをセットアップする。

セットアップ方法は下記URLを参照してください。

 ­SynologyのNASのセットアップ方法

この時に注意する事は下記です。

管理者IDはadminでセットアップします。

­ ­メモ

Hyper Backupでシステム情報を戻す時に「admin」は特別な意味を持ちます。

②Quick Connect IDは今の時点では不要ですのでスキップして下さい。

③ディスクは将来的にSHAに移行する事を考えてBasic又はRAID1又はRAID5にして下さい。
今回の移行ではディスクは1本なのでBasicにしました。

 

1-2.固定IPを設定する

DSMのセットアップが完了したら必ず新しい固定IPアドレスを設定して下さい。

やり方が判らない場合は下記URLを参照してください。

 ­SynologyのNASの固定IPアドレスを設定する

 

1-3.Hyper Backupを使える様にする。

①パッケージセンタから「Hyper Backup」をインストールする。

②パッケージセンタから「Hyper Backup」をインストールする。

 

1-4.バックアップ先の共有フォルダを設定する。

コントロールセンタ→共有フォルダ」でバックアップ先の共有フォルダを設定します。

例)Backup-data等

以上で新システム側の準備は完了です。

 

2.アプリケーションの移行

アプリケーションの移行は下記URLを参考に移行して下さい。

 ­Hyper backupを使ったアプリケーションのサーバ間移行

 

3.移行後に行う事

①旧システムをシャットダウンする

②新システムのIPアドレスを旧サーバのIPアドレスにする。

③Quick Connect IDを旧サーバの物にする

③不要なバックアップファイルは削除する

最終テストを行って移行は完了です。

以上でこのドキュメントの説明は完了です。

関連ドキュメントはメニュの「Synology(法人)タブ」か下記の関連記事一覧から探して下さい。

又、このサイトには、Google広告が掲載されています。

この記事が貴方の参考になりましたら、広告もご覧頂ければ幸いです。


<関連記事一覧>

「synology-ad」に関連するドキュメントを表示しています。尚、このページネーションはJquryで制御しています。

「Velvet Blues Update URLs」はWordpressのプラグインです。よって、WordPress稼動中にURLを変更するツールです。これを使ってサイトのURLを変更する方法を解説しています。

Synoligy High AvailabilityはSynology社が開発したHAシステムで2台のNASを1台の仮想NASとする事により、メインNASが停止してもサブのNASに自動的に引き継ぐ事により停止時間を短くさせる事ができます。どうしても止めたくないADやWebサイトの高可用性を実現します。

Synologyのサーバを複数台所有していると、このアプリケーションはこちらのサーバに移行したい等のニーズが発生します。
ここでは「Hyper Backup」を使った移行方法を解説します。

MailPlus Serverから他のメールサーバにメールを送った際、相手に「安全なメールだ!」と判断される事が重要です。すなわち迷惑メールにならない送り方を如何に行うか?が重要になります。ここではこれを実現する為の方法を解説しています。

複数台のSynologyサーバを運用していると、他のサーバのフォルダを自分のサーバにマウントしたい事が発生します。
これを行う1つの方法が「File Station」のリモートフォルダのマウントです。ここではこの接続と解除を説明しています。

複数台のSynologyサーバを運用していると、他のサーバのフォルダを自分のサーバにマウントしたい事が発生します。
これを行う1つの方法が「File Station」のリモート接続のWebDAVです。ここではこの接続と解除を説明しています。

MailPlus Serverを立ち上げると、さすがメールサーバと思う程に外部からのアタックが増加します。そこでここではメールサーバをより安全に運用する方法を解説しています。

SynologyのNASに「OneDrive」や「Googleドライブ」と同様な「Drive」という機能が追加されました。また「Googleドキュメント」と同様な「Synology Office」という機能も追加されています。ここではこれらの設置方法や使い方を解説しています。

Synologyのメール(MailPlus)やカレンダ(Calender)にはデスクトップアプリケーションがありません。そこでThunderbirdでこれらを呼び出す事によりローカルアプリケーションでこれらを操作する方法を解説しています。

Synology Chatは世界で大流行しているビジネス向けチャットSlack(スラック)とよく似たチャットシステムでどんな種類のファイルでも、手軽に共有できると共にビデオ会議も簡単に使える優れものです。ここではそのインストールから使い方を解説しています。

スパムメールが嫌なので今までメールはGMAILを使っていました。しかしSynologyの「MailPlus Server」にはスパム対策やウィルス対策ソフトがバンドルされていることを知り、この機会にこのメールシステムを使ってみる事にしました。ここではこれの使い方を解説しています。

Synologyの「Calendar」アプリケーションを法人でどの様に利用したら良いか?を解説しています。

Synologyサーバが1台の時はローカルユーザで管理すれば良いのですが、複数台になるとユーザ管理はLDAP又はAD(Active Directory)、アクセス権は個々のSynologyで管理するのが望ましくなります。ここでは「Windows Server CAL」が不要なSynologyの「Active Directory server」を使ったAD構築方法を解説しています。

SynologyのNASをLDAPの配下で動かす事ができます。LDAPサーバは「IBM Lotus Domino」や「Open Directory」でも良いのですがSynologyの「Directory Server」を利用する事もできます。ここではSynologyの「Directory Server」を使ったLDAP環境を構築する方法を解説します。