HOME  /Synology
 /DSM5.2の画面の基本操作を覚える。
2018年03月22日

DSM5.2の画面の基本操作を覚える。

下記ドキュメントはDSM5.2の時の操作ガイドです。

現在の私のDSMバージョンはDSM 6.1.4バージョンUPされています。

しかしこのページの範囲では変更はありません。

1.DSM5.2の基本画面を理解する

下記画面がDSM(DiskStation Manager)にログインした画面になります。
DSM画面はWindowsの画面と同様にユーザ毎に作られます。
よって下記画面は管理者の画面になります。

用語 解説
メインメニュ

ここをクリックすると、現在インストールされているアプリケーション一覧が表示されます。
デスクトップ上のアイコン以外にバックアップと複製、ストレージマネージャ、Synologyアカウント、セキュリティアドバイザ等の重要なアプリケーションが既にインストールされています。

確認してください。

デスクトップ上のアプリケーション メインメニュの中から4つのアプリケーションがデスクトップに呼び出されているだけです。
コントロールパネルに赤いバッチが付いているのは変更すべき項目がある事を表しています。
メインメニュからデスクトップ上にアイコンを追加するのはアプリケーションアイコンを右クリックして『デスクトップに追加』になります。
タスクバー アプリケーションを起動すると、タスクバーにアイコンが表示されます。
タスクバーのアイコンをクリックすると表示/非表示の切替ができます。
DSMヘルプを起動して試してみてください。
パッケージセンタ このアプリケーションを起動すると利用できるアプリケーション一覧が表示され、アプリケーションをインストールするとメインメニュに追加されます。
このアイコンをクリックすると『利用許諾』の画面だ出ます。許諾操作をして下さい。
コントロールパネル この中にSynologyサーバの各種設定を行うコマンドが入っています。
この操作は順次解説していきますので、まだいじらないで下さい。
File Station SynologyのNASに作られているフォルダが表示されます。
このアイコンをクリックすると『共有フォルダをつくるか?』のメッセージが出ますが、現時点ではキャンセルで終了してください。
ウィジェット操作 右上のウィジェットアイコンをクリックするとウィジェットの表示/非表示の切り替えができます。
ウィジェットに何を表示するか?はウィジェットの左上の+マークをクリックして選択できます。
接続中のユーザや、ファイルの変更ログ等を表示させることができます。
オプション 利用者の場合はパスワードの変更やログアウトができます。
管理者の場合はサーバの再起動、シャットダウン等の操作もできます。
通知 システムの変更等を行った際にログが表示されます。

2.コントロールパネルの基本操作を覚える

コントロールパネルにはSynologyサーバの各種設定を行うコマンドが入っています。

1)コントロールパネルのアイコンをダブルクリックしてください。

右上の『上級者モード』をクリックして上級者モードに切り替えてください。
操作アイコンが増えます。(サーバ管理者はこちらで操作した方が良いです)
 

2)例として、『更新と復元』アイコンをクリックしてください。

下記画面が表示されます。

他のコマンドに切り替える場合は『ホーム』アイコンをクリックして、メニュー一覧に戻ってください。
ホームアイコンに戻る以外に、ダイレクトに他のメニューにも移動できます。

3.サーバのデフォルト設定を確認する

1)コントロールパネルを開き、表示された画面から下記情報センタのアイコンをクリックする。

をクリックすると下記画面が表示されます。

上段にあるタブの解説

タブ 解説
全般 ハードウェアやソフトウェアの情報が表示されます
ネットワーク ネットワーク設定に関する情報が表示されます
ストレージ ディスクに関する情報が表示されます
SynologyのNASにiSISIディスクを作成した場合は、ここに表示されます
使用情報 SynologyのNASの使用情報をSynology社と共有する事を約束する情報が入っています。
サービス
重要
アプリケーションをインストールしなくても利用できるサービスの一覧が表示されています。
他のタブは情報を見るだけでしたが、このタブはここで操作をする場合がありますので、存在は認識しておいてください。

2)サービスタブの見方

項目 説明
ネットワークバックアップボリュームのディスティネーション バックアップの元は決まっているという意味です。
しかしバックアップ先は決まってないので今は意味がありません。
Windowsファイルサービス LAN内でWindowsからのアクセスはONがデフォルトで設定されているという意味です。ファイルサービスのWindows欄にチェックが入っています。
MACファイルサービス LAN内でMACからのアクセスはONがデフォルトで設定されているという意味です。ファイルサービスのMAC欄にチェックが入っています。
ファイアウォール欄 ファイアウォールは設定されてないので、総てのアプリケーションがファイアウォールを通過するという意味です。

以上で、DSMの画面とコントロールパネルの基本的な操作方法と、現在がどの様なな設定になっているか?は理解できたと思いますので、次はDSMの画面のカスタマイズ方法を解説します。

 

<ドキュメントガイド>

前のテーマ:SynologyのNASのセットアップ方法

次のテーマ:DSM5.2の画面をカスタマイズする