HOME  /Synology
 /FileStationで約30分掛かるコピーを数分で終わらせる方法
2020年06月20日

FileStationで約30分掛かるコピーを数分で終わらせる方法

NASを運用していると、大量なファイルをコピーする事があります。

私の場合は、WordPress運用で下記の様なファイルをコピーする事があります。

WordPressフォルダ 47.5MB(1,786ファイル、196フォルダ)を別名でコピーしたケース
方法 コピー時間 備考
普通のコピー&ペースト 約30分 ■WebDAV(Windows)でコピー&ペーストする場合

同一フォルダがあるのでWindowsが勝手にフォルダ名にコピーを付けてコピーを実行します。

■File Stationを使ってコピー&ペーストする場合

同一フォルダでのコピー&ペーストはできません。よって別フォルダにコピーします。

File Stationの機能を使ったやり方 数分 圧縮、移動、解凍の手順で行います。

少し手順が複雑ですが、慣れると通常コピー&ペーストは使わなくなります。

ここでは「File Station」で大量データを高速にコピーする方法を解説します。

1.File Stationのメニュ

File Stationのメニュは下記の様になっています。

■左ペインのフォルダを「右クリックしたメニュ」と、データ部のフォルダを「右クリックしたメニュ」は異なります。

■データ部のメニュには、左ペインのメニュにない「圧縮先××.zip」や「コピー先/移動先」等のコマンドが追加されます。

 

2.高速コピーの具体的な方法

ここでは「web」フォルダの中にある「test」フォルダをコピーして「test01」フォルダを作成する方法を解説します。

2-1.「test」フォルダの圧縮ファイルを作成します。

①「web」フォルダの中にある「test」フォルダを右クリックして「圧縮先test.zip」を実行します。

②下記ファイルができます。(約7秒で圧縮ファイルができます)

 

2-2.「test.zip」フォルダを別のフォルダに移動します。

上記の「test.zip」の中身は「test」なので、同一名のフォルダが存在しているので、ここでは解凍できません

そこで「test.zip」を他のフォルダに移動します。

①「test.zip」を右クリックし「コピー先/移動先」の「移動先」を実行します。

フォルダリストが出てくるので「home」フォルダを選択します。(どのフォルダでも可)

②「home」フォルダを見ると「test.zip」ファイルが移動されています。

 

2-3.「home」フォルダ内で、解凍、リネーム、圧縮を実行します。

①「test.zip」を右クリックし解凍します。

下記のフォルダができます。(約7秒で圧縮ファイルが解凍されます)

②上記フォルダを右クリックして「名前の変更」を実行します。

フォルダ名を「test」から「test01」に変更します。

③「test01」フォルダを右クリックして圧縮します

test01.zip」をweb」フォルダに戻します。

 

2-4.webフォルダで「test01.zip」を解凍する

①Webフォルダで「test01.zip」を右クリックして解凍します。

 

2-5.掃除

最後に「Webフォルダ」と「homeフォルダ」のゴミを削除して完了です。

以上で完了です。

少し手順は複雑ですが、これを使いだしたら通常のコピー&ペーストは使わなくなります。

 メモ

WordPressのプログラムを開発していると、プログラム修正前にコピーを取っておくケースが多々あります。

しかし、この様な操作は「File Station」ではできません。

よってSynologyのサーバをWebDAV接続して、Windowsの機能でコピーするのがお勧めです。

 

3.Synologyサーバ間でのファイル移動/コピー

複数のSynologyサーバ間でフォルダのやり取りをする場合は、「File Station」が複数サーバをアクセスする必要があります。

そのような場合はURLを参照してください。

­ ­WebDAVで他のSynologyのフォルダをマウントする方法

­ ­CIFSで他のSynologyのフォルダをマウントする方法

以上でこのドキュメントの説明は完了です。

関連ドキュメントはメニュの「Synologyタブ」か下記の関連記事一覧から探して下さい。

又、このサイトには、Google広告が掲載されています。

この記事が貴方の参考になりましたら、広告もご覧頂ければ幸いです。


<関連記事一覧>

「basic-synology」に関連するドキュメントを表示しています。尚、このページネーションはJquryで制御しています。

QuickConnectは自宅にあるSynologyのNASサーバが常時Synologyのサイトと接続されている環境を使ってインターネットからアクセスする方法です。この方法はルータの設定変更を必要としないのであまりネットワークに詳しくない人でも利用できる特徴がありますが、利用できるのは特定アプリケーションのみです。

SynologyのNASのOSはDSMになります。このドキュメントはDSMの更新方法について解説しています。

SynologyのNAS機能に関連するメニューは①ファイルサービス、②共有フォルダ、③グループ、④ユーザがありこれらの関連性を解説しています。また利用権限は各々のメニューの中でも設定できるため誰に何の権限を与えたか?が判りずらい為、権限設定の考え方の例を解説しています。

Synologyの自動セットアップはLAN上のDHCPサーバから割り振らてたIPアドレスが割り振られています。本稿ではこれを固定IPアドレスに変更する方法と、DSM(DiskStation Manager)にアクセスする為のポート番号の設定を解説しています。

DSM(DiskStation Manager)のログイン画面をカスタマイズする方法を解説しています。これを使う事により企業特有のログイン画面が作成できます。

SynologyのDSM6の基本画面とコントロールパネルの基本的な使い方を解説しています。

SynologyのNASは独自のDSM(DiskStation Manager)というOSで動いております。私が経験したのはDSM4、DSM5を経由し、現在はDSM6を利用しています。どのバージョンでも操作は基本的には変わりません。

Synology のNASをインターネットからアクセスする方法としてDDNS(Dynamic DNS)を利用する方法があります。本稿ではDDNSにSynologyのDDNSを利用する方法と、インターネットルータへのポート番号設定事例を紹介しています。