HOME  /Synology
 /Synology NASとFTP接続をする
2018年05月09日

Synology NASとFTP接続をする

ここではFTPの定番ソフトであるFFFTPを使って、SynologyのNASと接続する方法を解説します。

尚、ここでは無償のSSL証明書の発行機関(Let’s Encrypt)を使って既にSSL化が完了しているSynology環境を想定して解説します。

1.ルータの設定

FTP通信には下記のポートを使います。

ルータに下記のポート番号を設定して下さい。

設定項目 プロトコル ポート番号
ftp TCP 21
ftpdata TCP 20
受動モードでのデータ接続 TCP 55536-55551

設定方法は、Synology NASをDDNS(ドメイン名)でアクセスするを参照してください。

2.Synology側の設定

1-1.コントロールパネルのファイルサービスを開きます。

①FTPタブを開きます。

表示された一覧から下記を設定します。

※1.FTP SSL/TSL暗号化サービスを有効にする(FTPS)にチェックを入れてください。

※2.外部IPをPASVモードでレポートにチェックを入れてください。

②適用ボタンで設定を終了します。

1-2.コントロールパネルのユーザを開きます。

①FTPでアクセスさせたいユーザを選択して編集ボタンを挿入してください。

②権限タブをチェックします。

※1.FTPでアクセスさせたいフォルダがアクセス可能か?をチェックします。

③アプリケーションタブをチェックします。

※1.FTPの利用ができる様になっているか?をチェックして下さい。
もし許可になって無い場合は、このユーザのグループ等を見直してください。

以上でSynology側では、SSLを使ったFTP通信を受ける準備が完了しました。

3.FFFTPソフト側での設定

3-1.FFFTPソフトをインターネットからダウンロードしてインストールしてください。

3-2.FFFTPソフトを立ち上げます。

①上記の接続か、赤いプラグアイコンをクリックします。
下記画面が開きます。

②上記の新規ホストボタンを挿入すると下記画面が開きます。

・ホストの設定名:任意名称です。

・ホスト名:SynologyにアクセスするDDNS(SSL対応)

・ユーザ名:Synologyのユーザ名

・パスワード:登録されているパスワード

・ローカルの初期フォルダ:事前にFTPで作業するフォルダを作成しておいて下さい。

・ホストの初期フォルダ:Synologyユーザに権限があるフォルダが表示されます。

③拡張タブを開いて下さい。下記画面がでます。

※1.PASVモードを使うにチェックを入れます。

④暗号化タブを開いてください。下記画面がでます。

※1.FTPS(explicit)で接続にチェックを入れます。

⑤OKボタンを挿入して設定を終了させます。

⑥上記の接続ボタンを挿入すると、SynplogyサーバとFTPで接続します。

途中で下記画面がでますが「はい」を選択して下さい。

アクセスが完了すると下記の様な画面がでます。

※1.左側に作業フォルダ、右側にSynologyのファイルが表示されます。

※2.右から左にドラック&ドロップで作業フォルダにファイルをコピーします。

※3.ファイルの修正後、右にドラック&ドロップで更新させます。

4.その他の設定

4-1.Synology側で表示するフォルダを指定する方法

①コントロールパネルのファイルサービスを開きます。

②FTPタブを開き、全般にある詳細設定ボタンを挿入します。

③下記画面が開きますので、ユーザの選択ボタンを挿入します。

④下記画面で、FTPアクセスするユーザを追加ボタンで追加した後、編集ボタンを挿入します。

⑤下記画面がでますので、FTP対象フォルダを指定します。

下記の中からFTPで表示させるフォルダを指定します。

・ユーザーホーム:homeフォルダがFTP対象になります。

・共有フォルダ:共有フォルダで選択したフォルダがFTP対象になります。

⑥OKボタンを挿入して、ファイルサービスの修正を完了させます。