HOME  /Synology
 /Synology NASとFTP接続をする
2020年02月13日

Synology NASとFTP接続をする

ここではFTPの定番ソフトであるFFFTPを使って、SynologyのNASと接続する方法を解説します。

尚、ここでは無償のSSL証明書の発行機関(Let’s Encrypt)を使って既にSSL化が完了しているSynology環境を想定して解説します。

1.ルータの設定

FTP通信には下記のポートを使います。

ルータに下記のポート番号を設定して下さい。

設定項目 プロトコル ポート番号
ftp TCP 21
ftpdata TCP 20
受動モードでのデータ接続 TCP 55536-55551

設定方法は、Synology NASをDDNS(ドメイン名)でアクセスするを参照してください。

2.Synology側の設定

1-1.コントロールパネルのファイルサービスを開きます。

①FTPタブを開きます。

表示された一覧から下記を設定します。

※1.FTP SSL/TSL暗号化サービスを有効にする(FTPS)にチェックを入れてください。

※2.外部IPをPASVモードでレポートにチェックを入れてください。

②適用ボタンで設定を終了します。

1-2.コントロールパネルのユーザを開きます。

①FTPでアクセスさせたいユーザを選択して編集ボタンを挿入してください。

②権限タブをチェックします。

※1.FTPでアクセスさせたいフォルダがアクセス可能か?をチェックします。

③アプリケーションタブをチェックします。

※1.FTPの利用ができる様になっているか?をチェックして下さい。
もし許可になって無い場合は、このユーザのグループ等を見直してください。

以上でSynology側では、SSLを使ったFTP通信を受ける準備が完了しました。

3.FFFTPソフト側での設定

3-1.FFFTPソフトをインターネットからダウンロードしてインストールしてください。

3-2.FFFTPソフトを立ち上げます。

①上記の接続か、赤いプラグアイコンをクリックします。
下記画面が開きます。

②上記の新規ホストボタンを挿入すると下記画面が開きます。

・ホストの設定名:任意名称です。

・ホスト名:SynologyにアクセスするDDNS(SSL対応)

・ユーザ名:Synologyのユーザ名

・パスワード:登録されているパスワード

・ローカルの初期フォルダ:事前にFTPで作業するフォルダを作成しておいて下さい。

・ホストの初期フォルダ:Synologyユーザに権限があるフォルダが表示されます。

③拡張タブを開いて下さい。下記画面がでます。

※1.PASVモードを使うにチェックを入れます。

④暗号化タブを開いてください。下記画面がでます。

※1.FTPS(explicit)で接続にチェックを入れます。

⑤OKボタンを挿入して設定を終了させます。

⑥上記の接続ボタンを挿入すると、SynplogyサーバとFTPで接続します。

途中で下記画面がでますが「はい」を選択して下さい。

アクセスが完了すると下記の様な画面がでます。

※1.左側に作業フォルダ、右側にSynologyのファイルが表示されます。

※2.右から左にドラック&ドロップで作業フォルダにファイルをコピーします。

※3.ファイルの修正後、右にドラック&ドロップで更新させます。

4.その他の設定

4-1.Synology側で表示するフォルダを指定する方法

①コントロールパネルのファイルサービスを開きます。

②FTPタブを開き、全般にある詳細設定ボタンを挿入します。

③下記画面が開きますので、ユーザの選択ボタンを挿入します。

④下記画面で、FTPアクセスするユーザを追加ボタンで追加した後、編集ボタンを挿入します。

⑤下記画面がでますので、FTP対象フォルダを指定します。

下記の中からFTPで表示させるフォルダを指定します。

・ユーザーホーム:homeフォルダがFTP対象になります。

・共有フォルダ:共有フォルダで選択したフォルダがFTP対象になります。

⑥OKボタンを挿入して、ファイルサービスの修正を完了させます。

以上でSynologyのサーバとFTP接続ができる様になる筈です。

 

 メモ

以上でこのドキュメントの説明は完了です。

関連ドキュメントはメニュの「Synologyタブ」か下記の関連記事一覧から探して下さい。

又、このサイトには、Google広告が掲載されています。

この記事が貴方の参考になりましたら、広告もご覧頂ければ幸いです。


<関連記事一覧>

SynologyのNASにはPhoto Stationという写真を保管するWEBサーバ機能があります。ここに家族写真を登録して親族や一部の知人だけに限定して使う方法をここで解説しています。

無償DDNSのDDNSサイトのmydns.jpからドメイン名を取得する方法を記載しています。このサイトはIPアドレスの通知にクエリーパラメータ方式も利用できる無償のDDNSサイトなので、IPv6にも対応したDDNSサイトです。

SynologyのNASにWebサービスを立ち上げると、WordPressを使ったWebサイトや、osCommerce を使ったECサイト等を立ち上げる事ができます。本ドキュメントはWebサービスの立ち上げ方、仮想ホスト機能、パーソナルWebの機能について解説しています。

Synologyに2つ以上のDDNSを使う場合はSynology以外の無償DDNSサイトから取得する必要があります。またDDNSなら何でも良いのではなく、URLで更新できるDDNSでないとSynologyでは利用できません。ここでは『Dynu.com』社のDDNSの取得方法と設定方法を解説しています。

SynologyのDSMではVer6の途中から無償のSSL発行サイトのLet’s Encryptをサポートし始めました。しかし操作はマニュアルを見てもわからないので色々試した結果を解説しています。

WordPressの動作環境を変更すると、DBをダイレクトに変更しなければならないケースがあります。このドキュメントはphpMyAdminのエクスポートとインポートを使って修正した事例を紹介しています。

Synologyサーバに『NO-IP.com』のDDNSを利用する応報を解説しています。

SynoloigyのDSM6.1からMariaDB5とMariaDB10の2つのDBがリリースされました。ここではMariaDBへの管理者の登録方法とMariaDB10アクセスに限定する方法を説明しています。

synologyにVPNで接続する方法を解説しています。VPNはPPTPとL2TP/IPsecを解説していますがWindowsからL2TP/IPsecでアクセスする場合はレジストリを変更する必要があります。WindowsはXP以降からルータの奥でNAT変換されたVPNサーバにはL2TP/IPsecでアクセスできない仕様に変更されています。この辺の解説もしています。

SynologyのNAS機能に関連するメニューは①ファイルサービス、②共有フォルダ、③グループ、④ユーザがありこれらの関連性を解説しています。また利用権限は各々のメニューの中でも設定できるため誰に何の権限を与えたか?が判りずらい為、権限設定の考え方の例を解説しています。