HOME  /Synology
 /synologyのDSMの更新
2020年05月24日

synologyのDSMの更新

最後にDSMの更新を解説します。

コントロールパネルに下記の様なバッジが付く事があります。

これは何かの変更がある事を表しています。

コントロールパネルを開く

更新と復元メニュに下記の様なバッジが付いています。

上記アイコンを開いてください。

①ダウンロードボタンを挿入すると、DSMが新しいバージョンにアップデートされます。
ダウンロードボタンを挿入してください。

ダウンロードから今すぐアップデートに変わりますので実行してください。

 

Disk Stationが再起動され、コントロールパネルについていたバッジも消えます。

 

②次に更新設定を開いてください。下記画面が表示されます。

img_569c809bd8274

上記は、DSMをインストールする時にDSMのアップデートチェックをONにした為に設定されており、日曜日と木曜の2時45分にチェックし、更新するバージョンがあるとバッジが付きます。

 

更に、参考としてコントロパネルのタスクスケジューラを開いてください。

下記の画面が表示されます。

ここにDSMのバージョンチェックのタスクが動いております。

よって、スケジュール変更はこの画面からも変更する事ができます。

尚、タスクスケジューラはバックアップタスクやゴミ箱の整理等も総てここで管理され、どのようなジョブがいつ動くのか?等の管理ができる、重要なアプリケーションです。

 

以上でDMS5.2の基本的な設定は終了です。

以上でこのドキュメントの説明は完了です。

関連ドキュメントはメニュの「Synologyタブ」か下記の関連記事一覧から探して下さい。

又、このサイトには、Google広告が掲載されています。

この記事が貴方の参考になりましたら、広告もご覧頂ければ幸いです。


<関連記事一覧>

「basic-synology」に関連するドキュメントを表示しています。尚、このページネーションはJquryで制御しています。

Synologyサーバで大量のデータをコピーすると数十分の時間が掛かる事があります。これを数分以内でコピーする方法を解説しています。

QuickConnectは自宅にあるSynologyのNASサーバが常時Synologyのサイトと接続されている環境を使ってインターネットからアクセスする方法です。この方法はルータの設定変更を必要としないのであまりネットワークに詳しくない人でも利用できる特徴がありますが、利用できるのは特定アプリケーションのみです。

SynologyのNAS機能に関連するメニューは①ファイルサービス、②共有フォルダ、③グループ、④ユーザがありこれらの関連性を解説しています。また利用権限は各々のメニューの中でも設定できるため誰に何の権限を与えたか?が判りずらい為、権限設定の考え方の例を解説しています。

Synologyの自動セットアップはLAN上のDHCPサーバから割り振らてたIPアドレスが割り振られています。本稿ではこれを固定IPアドレスに変更する方法と、DSM(DiskStation Manager)にアクセスする為のポート番号の設定を解説しています。

DSM(DiskStation Manager)のログイン画面をカスタマイズする方法を解説しています。これを使う事により企業特有のログイン画面が作成できます。

SynologyのDSM6の基本画面とコントロールパネルの基本的な使い方を解説しています。

SynologyのNASは独自のDSM(DiskStation Manager)というOSで動いております。私が経験したのはDSM4、DSM5を経由し、現在はDSM6を利用しています。どのバージョンでも操作は基本的には変わりません。

Synology のNASをインターネットからアクセスする方法としてDDNS(Dynamic DNS)を利用する方法があります。本稿ではDDNSにSynologyのDDNSを利用する方法と、インターネットルータへのポート番号設定事例を紹介しています。