HOME  /Synology
 /Dynu.comから無償のドメイン名を取得する方法
2018年03月22日

Dynu.comから無償のドメイン名を取得する方法

SynologyのDDNSはDiskStationに1つしか取得できません。

よって2つ以上のDDNSを使う場合はSynology以外の無償DDNSサイトから取得する必要があります。

またDDNSなら何でも良いのではなく、URLで更新できるDDNSでないとSynologyでは利用できません。

『Dynu.com』が発行してくれるDDNSは、この条件に合った物となります。

1.Dynu.comからDDNSを取得する

1-1.下記URLで表示された画面からDDNSを申請する。

https://www.dynu.com/en-US/ControlPanel/AddDDNS

下記画面が開きます。

①右のTop Level欄をプルダウンして利用したいドメインの種類を選択します。

②左のHost欄にユニークな名前を入れ、ADDボタンを挿入します。

指定したDDNSが既に利用されていた場合はエラーになります。
空いているDDNSの場合は、下記画面に行きます。

 

1-2.表示された画面にユーザ名やメールアドレスを入れます。

・First Name:名前(英数字です)

・Last Name:苗字(英数字です)

・Username:ログインや更新時に使う名前で重要です(英数字です)

・Password:ログインや更新時に使うパスワードで重要です

・Email Address:このアドレスにメールが送られてきます

ロボットでないにチェックを入れた後、Submitボタンを挿入します。

 

1-3.上記で登録したメールアドレスにDynu.comから、メールが届きます。

指定されたURLをクリックするとDDNSの取得が完了しました。

­ ­注意

上記で取得したDDNSは、申請したパソコンのIPアドレスにDDNSが紐づけられただけで、SynologyサーバのIPアドレスではありません。

よって今度は、Synologyサーバ側の設定を行います。

2.外部アクセスの設定を行う

2-1.コントロールパネルの外部アクセスを開いてください。

下記画面が開きます。

DDNSタブのカスタマイズボタンを挿入します。

 

2-2.下記画面が開きますのでサービスプロバイダの登録を行います。

サービスプロバイダ:Dynu(任意名称)を入力します。

Query URLに下記を入れ、保存ボタンを挿入してください。

http://api.dynu.com/nic/update?hostname=__HOSTNAME__&myip=__MYIP__&username=__USERNAME__&password=__PASSWORD__

上記がDynu社のURL更新フォーマットです。

このような形式の更新ができないとSynologyのDDNSとして利用できません。

 

2-3.DDNSの追加を挿入します。

上記画面の追加ボタンを挿入します。

 

2-4.Dynu社のDDNSを更新する設定を行います。

サービスプロバイダの下矢印をクリックして登録したプロバイダ(Dynu)を選択します。

・ホスト名:Dynu社から取得したDDNSを入力します。

・ユーザ名/Eメール:DDNS取得時のusernameを入力します。

・パスワード:DDNS取得時のパスワードを入れます。

OKを挿入して完了です。

 

暫くしてステータス欄が正常になると、DSMのIPアドレスがDynuのDDNSに登録された事を示しています。

以上でDynuで取得したDDNSに定期的に更新処理が走り、このDDNSでSynologyがアクセスできるようになりました。 

­ ­Dynu.comのDDNSの問題点

Dynuから取得したDDNSでPhoto Stationをアクセスすると404エラーがでます。

よってPhoto Stationを利用する場合はSynologyのDDNSかQuick Connectを利用して下さい。