HOME  /Synology
 /Dynu.comから無償のドメイン名を取得する方法
2019年08月18日

Dynu.comから無償のドメイン名を取得する方法

SynologyのDDNSはDiskStationに1つしか取得できません。

よって2つ以上のDDNSを使う場合はSynology以外の無償DDNSサイトから取得する必要があります。

またDDNSなら何でも良いのではなく、URLで更新できるDDNSでないとSynologyでは利用できません。

『Dynu.com』が発行してくれるDDNSは、この条件に合った物となります。

1.Dynu.comからDDNSを取得する

1-1.下記URLで表示された画面からDDNSを申請する。

https://www.dynu.com/en-US/ControlPanel/AddDDNS

下記画面が開きます。

①右のTop Level欄をプルダウンして利用したいドメインの種類を選択します。

②左のHost欄にユニークな名前を入れ、ADDボタンを挿入します。

指定したDDNSが既に利用されていた場合はエラーになります。
空いているDDNSの場合は、下記画面に行きます。

 

1-2.表示された画面にユーザ名やメールアドレスを入れます。

・First Name:名前(英数字です)

・Last Name:苗字(英数字です)

・Username:ログインや更新時に使う名前で重要です(英数字です)

・Password:ログインや更新時に使うパスワードで重要です

・Email Address:このアドレスにメールが送られてきます

ロボットでないにチェックを入れた後、Submitボタンを挿入します。

 

1-3.上記で登録したメールアドレスにDynu.comから、メールが届きます。

指定されたURLをクリックするとDDNSの取得が完了します。

­ ­注意

上記で取得したDDNSは、申請したパソコンのIPアドレスにDDNSが紐づけられただけで、SynologyサーバのIPアドレスではありません。

よって今度は、Synologyサーバ側の設定を行います。

 

2.外部アクセスの設定を行う

2-1.コントロールパネルの外部アクセスを開いてください。

下記画面が開きます。

DDNSタブのカスタマイズボタンを挿入します。

 

2-2.下記画面が開きますのでサービスプロバイダの登録を行います。

サービスプロバイダ:Dynu(任意名称)を入力します。

Query URLに下記を入れ、保存ボタンを挿入してください。

http://api.dynu.com/nic/update?hostname=__HOSTNAME__&myip=__MYIP__&username=__USERNAME__&password=__PASSWORD__

上記がDynu社のURL更新フォーマットです。

このような形式の更新ができないとSynologyのDDNSとして利用できません。

 

2-3.DDNSの追加を挿入します。

上記画面の追加ボタンを挿入します。

 

2-4.Dynu社のDDNSを更新する設定を行います。

サービスプロバイダの下矢印をクリックして登録したプロバイダ(Dynu)を選択します。

・ホスト名:Dynu社から取得したDDNSを入力します。

・ユーザ名/Eメール:DDNS取得時のusernameを入力します。

・パスワード:DDNS取得時のパスワードを入れます。

OKを挿入して完了です。

暫くしてステータス欄が正常になると、DSMのIPアドレスがDynuのDDNSに登録された事を示しています。

以上でDynuで取得したDDNSに定期的に更新処理が走り、このDDNSでSynologyがアクセスできるようになります。

 

3.DynuのDNSサービスを利用する方法

Dynuでは、取得したDDNSに任意のDNSレコードを追加する事ができます。

但し、この機能はDDNSを取得してから1か月が経過しないと利用できません。注意して下さい。

 

3-1.Dynyにログインする 

https://www.dynu.com/

上記URLをクリックして下さい。

下記のいづれかの画面が表示されるので赤枠のアイコンをクリックします。

下記画面が表示されます。

DDNSを取得した時のEmailアドレスとパスワードを入れてLoginボタンを挿入します。

下記アイコンリストが表示されます。

上記の「DDNS Service」がDDNSの追加やDNSサービスを利用するメニュになります。

「DDNS Service」を起動すると下記画面が表示されます。

+ADDボタン

DDNSを追加する場合に挿入します。

ボタン

DNSレコードを追加する場合に挿入します。

ボタン

設定されているDNSレコードを表示する時に挿入します。

3-1.MXレコードの設定

MXレコードはメールを送る場合はここに送ってください!というレコードです。

ここでは取得したDDNSと同じものを設定して下さい。

「cmail.dynu.net」でDDNSを取得した場合はMXレコードも「cmail.dynu.net」です。

を挿入します。

下記画面が表示されます。

①Typeの所にある▼をクリックして「MXレコード」を選択します。

②hostname欄に取得したドメイン名を入れます。

③「Add DNS Record」ボタンを挿入するとMXレコードが追加されます。

­ ­MailPlus Serverの設定メモ

MailPlus Serverの構築はDynuで取得したDDNSで構築します。

この時、ホスト名(FDQN)が「mail.取得したDDNS」になりますが、「mail.」は削除して下さい。

これでDNSの設定とMailPlus Serverの設定が一致します。

 

3-2.SPFレコードの設定

SPF(Sender Policy Framework)とは、受信したメールのIPアドレスが、DNSに登録されているIPアドレスと一致するか?を調べる認証方式です。

よってIPアドレスを登録します。

を挿入します。

下記画面が表示されます。

①Typeの所にある▼をクリックして「TXTレコード」を選択します。

②Node Name欄には何も入れません。

③Text欄には下記の形式でデータを入力します。

v=spf1 ip4:×.×.×.× -all

×.×.×.×はIPアドレスです。

④「Add DNS Record」ボタンを挿入するとSPFレコードが追加されます。

 

3-3.DKIMレコードの設定

メール送信者は秘密鍵で暗号化した署名を送付します。一方、これを複合する公開鍵をDNSに公開します。

メール受信者はDNSの公開鍵で復号する事によりこのメールが改ざんされてない事を確認します。

これをDKIM(Domain Keys Identified Mail)と呼びます。

 ­この設定の前に

MailPlus Serverの設定で下記の情報を取得しておいて下さい。

・DKIMセレクタのプレフィックス名
・パブリックキー

パグリックキーはクリップボードにコピーしておくと設定が楽になります。

を挿入します。

下記画面が表示されます。

①Typeの所にある▼をクリックして「TXTレコード」を選択します。

②Node Name欄には下記を入力します。

×××._domainkey

×××はDKIMセレクタのプレフィックス名です。

③Text欄は下記の形式でデータを入力します。

v=DKIM1; k=rsa; p=△△△

△△△はパブリックキーです。

④「Add DNS Record」ボタンを挿入するとDKIMレコードが追加されます。

 

3-4.DMARCの設定

DMARC(Domain-based Message Authentication, Reporting & Conformance)はSPFやDKIM認証に失敗した場合にその取扱をどうするかを相手のメールサーバにお願いする機能です。

 

を挿入します。

下記画面が表示されます。

①Typeの所にある▼をクリックして「TXTレコード」を選択します。

②Node Name欄には下記を入力します。

_dmarc

③Text欄は下記の形式でデータを入力します。

v=DMARC1; p=none; pct=100; rua=mailto:×××

×××はメールアドレスです。

④「Add DNS Record」ボタンを挿入するとDMARCレコードが追加されます。