HOME  /Synology
 /SynologyのNASのセットアップ方法
2020年05月24日

SynologyのNASのセットアップ方法

下記はDSM 6のセットアップ方法になります。

色々なDSMを経験しましたが、基本は総て同じです。

1.Synologyのハードウェアをセットアップする

接続関係は下記になります。(図1)

img_565bd1c73145f

Synologyのサーバにディスクを取り付けて、上図の様にルータ機器と接続します。

Synologyサーバをセットアップできる条件は、セットアップするPCがインターネットにアクセスできる事が条件です。

 

2.サーバにDSMをセットアップする

2-1.サーバの電源を入れる

暫くすると『ピー』と音が鳴り、準備ができた事を教えてくれます。

 

2-2.ローカルPCから下記URLをアクセスします。

find.synology.com

図1のSynologyのサイトのプログラムが、LAN内にあるSynologyのサーバを検索します。

よって、Synologyサーバがインターネットから見える必要があります。

 

2-3.画面の指示に従って操作します。

1.接続画面が表示されます

 ※1.IPアドレスはルータのDHCPから自動取得します。
最終的にはIPアドレスは変更しますが当面はこのIPアドレスでアクセスします。
よって必ずこのIPアドレスは控えておいて下さい。

 

2.ユーザライセンス

ユーザライセンスの同意書が表示されるので「OK」を挿入します。

 

3.ようこそ画面

設定ボタンを挿入して先に進みます。

 

4.DSMインストール画面

今すぐインストールボタンを挿入して先に進みます。

 

5.確認画面に『OK』を入れます。

インストールが開始されます。

 

6.管理者のアカウントの設定画面がでます。

①サーバ名

任意名称です。後で修正できます。

②ユーザ名

「admin」が推奨です。これも後で修正してセキュリティ強化を行います。

③パスワード

大文字、小文字、数字を含んだパスワードが推奨です。

­ ­メモ

DSMのデフォルト管理者IDは「admin」です。

最終的にはセキュリティ面で「admin」は使用不可にする事が望ましいですが、Hyper Backup等で他のSynologyからシステム情報を持ってくる場合は、この「admin」は特別なIDになります。

そこでとりあえずは「admin」でシステムを構築した後、このIDを使用不可にする事が望ましいです。

必要な時だけ、使用を許可する様な運用になります。

 

7.QuickConnectの設定

QuickConnectとはルータの設定なしに、インターネットからSynologyのNASにアクセスできる仕掛けです。

ここでの選択肢は下記の3つがあります。

①この設定をスキップする

画面の下にある「この設定をスキップする」でスキップします。

あとでこの設定はできます。

②1台のSynologyのNASの場合

上記の「QuickConnect IDを新しいSynologyアカウントで作成」を実行します。

これを行うとSynologyのサイトにアクセスするIDが生成されます。

③2台目以降のSynologyのNASの場合

既にSynologyのNASを使っている場合はSynologyアカウントを所有している筈です。

この場合は「既存のSynologyアカウントでQuickConnect IDを作成する」を実行します。

­ ­Synologyアカウントとは

Synologyアカウントとは下記URLをクリックすると実行されるSynologyのユーザサービスです。

https://account.synology.com/ja-jp

このサイトでメールアドレスを登録すると所有しているSynologyのNASの「QuickConnect ID」とSynologyの「DDNS」等を一元管理してくれるサービスです。

ここでは「この設定をスキップする」で先に進んだものとします。

 

8.DSMの設定が完了しました。

上記のサービス規約に同意して設定は終了します。

下記がDSMの画面が表示されます。

上記画面を閉じた場合の上記画面のアクセス方法は下記になります。

<サーバのアクセス方法>

http://SynologyサーバのIPアドレス:5000

補足:上記の5000はポート番号と呼ばれるもので、これについては他のドキュメントで解説しています。

 

IDとパスワードが表示されるので、adminと設定したパスワードでログインします。

 

3.ストレージ マネージャでボリュームを設定する

上記の状態はDSMというオペレーティングシステム(OS)がインストールされただけです。

 

次に行うのはこのOSが使う「ディスクボリューム」の設定です。

この設定でディスクはSHR(Synology Hybrid RAID)か、Basicか又はRAID1、RAID5かを設定する作業です。

これを行わないとOSはディスクに書き込むことができません。

­ ­ディスクボリュームは何を選択すべきか?

SynologyをNASを1台だけで運用する場合はSHR(Synology Hybrid RAID)で問題ありません。

 

しかしWordPressやメールサーバ等のアプリケーションサーバとして使う場合は、通常のRAIDを利用して下さい。

このRAID構成にしておくと将来的にアプリケーションサーバをHA構成にしたりする事が可能になります。

3-1.下記のアイコンをクリックして起動します。

ここではディスクを1本積んだRAIDの「Basic」を使う設定で説明します。

 

①ボリュームメニュの作成ボタンを挿入します。

 

②モード選択画面

将来的にこのサーバはHA構成にする為に、SHRは利用しません。

カスタマイズを選択します。

 

③ストレージプールの選択

新しいストレージプルの作成を選択し、「次へ」で先に進みます。

 

④ストレージプールのタイプ

パフォーマンスを重視したいので「より良いパフォーマンス」を選択します。

 

⑤ストレージプールのプロパティ

ディスクを1本しか入れてないので「Basic」を選択します。

ディスクが2本の場合は「RAID1」が推奨です。

次へで先に進みます。

 

⑥確認画面

次へで先に進みます。

 

⑦ドライブチェックの可否

「はい」でも良いのですが、ドライブチェックに相当時間が掛かります。

私は「いいえ」で処理しました。不良セクタがあれば書き込み時に除外されるので良しとしました。

 

⑧確認画面

次へで先に進みます

 

⑨ファイルシステムの選択

推奨の「Btrfs」にしました。

 

⑩確認画面

適用で終了です。

 

⑪ボリュームの作成が終了すると下記画面が表示されます。

以上でセットアップは完了です。

以上でこのドキュメントの説明は完了です。

関連ドキュメントはメニュの「Synologyタブ」か下記の関連記事一覧から探して下さい。

又、このサイトには、Google広告が掲載されています。

この記事が貴方の参考になりましたら、広告もご覧頂ければ幸いです。


<関連記事一覧>

「basic-synology」に関連するドキュメントを表示しています。尚、このページネーションはJquryで制御しています。

Synologyサーバで大量のデータをコピーすると数十分の時間が掛かる事があります。これを数分以内でコピーする方法を解説しています。

QuickConnectは自宅にあるSynologyのNASサーバが常時Synologyのサイトと接続されている環境を使ってインターネットからアクセスする方法です。この方法はルータの設定変更を必要としないのであまりネットワークに詳しくない人でも利用できる特徴がありますが、利用できるのは特定アプリケーションのみです。

SynologyのNASのOSはDSMになります。このドキュメントはDSMの更新方法について解説しています。

SynologyのNAS機能に関連するメニューは①ファイルサービス、②共有フォルダ、③グループ、④ユーザがありこれらの関連性を解説しています。また利用権限は各々のメニューの中でも設定できるため誰に何の権限を与えたか?が判りずらい為、権限設定の考え方の例を解説しています。

Synologyの自動セットアップはLAN上のDHCPサーバから割り振らてたIPアドレスが割り振られています。本稿ではこれを固定IPアドレスに変更する方法と、DSM(DiskStation Manager)にアクセスする為のポート番号の設定を解説しています。

DSM(DiskStation Manager)のログイン画面をカスタマイズする方法を解説しています。これを使う事により企業特有のログイン画面が作成できます。

SynologyのDSM6の基本画面とコントロールパネルの基本的な使い方を解説しています。

Synology のNASをインターネットからアクセスする方法としてDDNS(Dynamic DNS)を利用する方法があります。本稿ではDDNSにSynologyのDDNSを利用する方法と、インターネットルータへのポート番号設定事例を紹介しています。