HOME  /Synology
 /SynologyのNASのセットアップ方法
2018年03月22日

SynologyのNASのセットアップ方法

下記ドキュメントはDSM5.2の時の操作ガイドです。

現在の私のDSMバージョンはDSM 6.1.4にバージョンUPされています。

1.Synologyのハードウェアをセットアップする

接続関係は下記になります。

img_565bd1c73145f

Synologyのサーバにディスクを取り付けて、上図の様にルータ機器と接続します。

セットアップできる条件は自宅のLANからインターネットにアクセスできる環境が必要です。

2.サーバにDSMをセットアップする

2-1.サーバの電源を入れる

暫くすると『ピー』と音が鳴り、準備ができた事を教えてくれます。

 

2-2.ローカルPCから下記URLをアクセスします。

find.synology.com

上図のSynologyのサイトからLAN内にあるSynologyのサーバを検索するプログラムがダウンロードされ、検索が開始されます。

 

2-3.画面の指示に従って操作します。

①接続画面が表示されます

 ※1.割り当てられたIPアドレスは必ず控えておいて下さい。 
セットアップ後は当面このIPアドレスでアクセスします。

 

②設定ボタンを挿入します。

③今すぐインストールのボタンを挿入します。

④確認画面に『OK』を入れます。

インストールが開始されます。

⑤下記画面で『次へ』を挿入します。

 

⑥管理者のアカウントの設定画面がでます。

ユーザは独自のIDを設定するのが推奨です。
DSM5.2ではデフォルトでadminとguestが作られますが、独自IDを設定するとこれらのIDが無効となり
セキュリティ的に向上します。

 

⑦DSMのアップデートの設定が出ます。

これも後程、修正できますので適当に入れてください。

 

 ⑧推奨パッケージのインストール画面が出ます。

ここの設定はスキップしてください。
理由はSynologyのNASは多機能で自動化がかなり進んでいますので 一気に何かを行うとこの設定は何処でなされたのか?が判らなくなります。
順次解説していきますので一歩一歩やりましょう。

 

⑨QuickConnectの設定画面がでます。

これも後で設定できますのでスキップしてください。

しつこくQuickConnectを設定しろ!とのメッセージが出ますが、あとで設定します。

⑩DSMの設定が完了しました。

下記がDSM5.2の画面になります。

上記画面を閉じた場合の上記画面のアクセス方法は下記になります。

http://①で設定されたIPアドレス:5000

IDとパスワードを要求されるので、⑥で設定したユーザIDとパスワード

­ ­参考情報

最近の機種は上記の方法でインストールできますが、古い機種の場合は下記URLをアクセスしてください。
https://www.synology.com/ja-jp/support/download
表示された画面でタイプ:ディスクのベイ数(ディスクが入る数)を指定すると、該当機種が表示されるのでモデルを選択するとダウンロードできるマニュアルやソフトの一覧が表示されます。
Webでインストールしない場合はSynology Assistantをダウンロードして、これを起動すると同じ事ができます。

次のテーマ:DSM5.2の画面の基本操作を覚える。