HOME  /Synology
 /SynologyのDDNSでサーバをアクセスする方法
2018年03月22日

SynologyのDDNSでサーバをアクセスする方法

下記ドキュメントはDSM5.2の時の操作ガイドです。

現在の私のDSMバージョンはDSM 6.1.4にバージョンUPされています。

しかしこのページの範囲では変更はありません。

DDNS(Dynamic Updates in the Domain Name System)でアクセスする方法はDSM、Webアクセス、VPN接続、WebDAV 接続等の色々なアプリケーションが利用できる本格的なアクセス方法になります。

しかし、このアクセス方法を利用する為には自宅のルータに利用するアプリケーションのポート番号の転送先を設定する必要があります。

下記に順次解説していきます。

1.SynplogyからDDNSを取得する方法

1.コントロールパネルの外部アクセスメニュを起動します。

 

2.下記画面が開きます。

下記画面の追加ボタンを挿入してください

 

3.サービスプロバイダからSynologyを選択して下さい。

SynologyからDDNSはサーバに1個しか取得できません。

 

4.ドメインを選択します。

Synology が管理しているドメインの中で使いたいものを選択します。

 

 5.下記画面から任意のホスト名を入力し、テスト接続をします。

既に使われている名前だとエラーになります。使われてない名前を探して良い物を指定して下さい。

 

6.既に使用されてない名前だとステータスが正常になりますので、サービス利用規約にチェックを入れ「OK」ボタンを挿入します。

以上で下記画面が表示されます。

以上で取得したドメイン名(URL)で自宅のルータまでは到達できる様になりました。

しかしルータがこのアクセスをどのIPアドレス(サーバ)に転送すれば良いかが判りません。

これを設定する方法が下記になります。

 

2.ルータに転送先サーバを設定する

ルータへの設定は、Synology のサーバで動かすアプリケーションを追加するたびに順次追加する必要があります。

Synology の基本のポート番号は下記を参照してください。

https://www.synology.com/ja-jp/knowledgebase/faq/299

参考までに代表的なアプリケーションのデフォルトポート番号は下記になります。

アプリケーション プロトコル 基本のポート番号 ポート番号の変更 ポート番号の変更場所
DSM
(HTTP接続)
TCP 5000 ネットワーク→DSM設定
DSM
(HTTPS接続)
TCP 5001 同上
Web
(HTTP接続)
TCP 80 不可
Web
(HTTPS接続)
TCP 443 不可  
VPN
(PPTP)
TCP 1723 不可  -
WebDAV
(HTTPS接続)
TCP 5006 アプリケーションのWebDAVサーバ

※1.ルータに上記のポート番号のアクセスがあった場合は、Synologyサーバに転送しろ!との設定をします。

 

2-1.ルータに転送先を設定する

私の自宅のLAN構成は下図の様になっています。

img_565bd1c73145f

インターネットルータはNTTのPR-S300NEを利用しています。

他のルータを使っている場合は、操作マニュアルを参照してください。

①ルータにログインします。

 

②『詳細設定→静的IPマスカレード』を選択します。

下記画面が表示されるのでポート番号と転送先アドレスを入力します。

 

③一覧画面で設定したポート番号にチェックを付けて設定ボタンを押す

同様に他のアプリケーションのポート番号も設定します。

以上で、URL+ポート番号でSynology のアプリケーションにアクセスできるようになりました。

 

2-2.アクセス方法の例

①DSM(DiskStation Manager)

http通信の場合 :http://nw.myds.me:5000
https通信の場合:https://nw.meds.me:5001

 

②Webサーバ(WordPress)

http://nw.myds.me/oldies
https://nw.myds.me/oldies

 

③WebDAV

https://nw.myds.me:5006 

 

④VPN接続(PPTP)

http://nw.myds.me
※PPTPのアプリがポート番号1723を発行します。