HOME  /Synology
 /ローカルPCからドメイン名でWordPressにアクセスする方法
2020年05月26日

ローカルPCからドメイン名でWordPressにアクセスする方法

WardPressの開発には、ローカルPCから、ローカルにあるWordPressにURLを使ってアクセスする必要があります。

またローカル環境でWebDAVを利用する場合も、URLでSynologyサーバがアクセスできなければなりません。

 

すなわち、自宅や職場の中では「IPアドレスでSynologyをアクセスしない」環境構築が必要だ!という事です。

下記にその方法を解説します。

1.WordPressをドメイン名でアクセスしなければならない理由

WordPressのコンテンツは下記の様にドメイン名+スラッグ名の形式でドキュメントが作成されます。

①良い形式:https://nw.myds.me/synology/setup-ddns/

しかし、IPアドレスでログインしてコンテンツを作成するとURLは下記の様になります。

②悪い形式:https://192.168.1.222/synology/setup-ddns/

 

①の形式の場合は、ローカル及びインターネット共にアクセスができます。

②の形式の場合は、ローカルからしかアクセスできません

よって、ローカルLAN上にあるPCからもnw.myds.me(ドメイン名)でWordPressにログインしてコンテンツを開発すると①の形式になりインターネットからもアクセス可能なコンテンツになります。

 

2.ローカルPCからドメイン名でアクセスする方法

これを可能にする方法には下記種類があります。

①hostsに定義する方法

PCのhostsファイルにドメイン名とIPアドレスの関係を記述します。

しかしこの方法ではインターネットからアクセスする場合は、hostsファイルを変更しなくてはならないので面倒です。

 

②IPv6ネットワークを構築する方法

IPv6でアクセスする方法

簡単で良いのですが、この方法はインターネットプロバイダによって異なります。

­ ­私の自宅のインターネットプロバイダ経緯

@T-COM:OK

IIJ光:NG

so-net光プラス:NG

この方法は制限が多すぎます。

 

③DNSサーバを構築する方法

Synologyの『DNS Server』の中にドメイン名とIPアドレスの関係を定義します。

この方法がお勧めです。

 

3.DDNSで取得したドメイン名とは

私はSynology社から「nw.myds.me」と「nw1.myds.me」のドメインを取得しています。

更に「Dynu.com」と「mydns.jp」からその他のドメイン名を取得して使い分けています。

 

例えばmyds.meはSynology社が管理するドメイン名で、先頭のnwは私のサイト用に割り振ってくれた名前になります。
よって「nw.myds.me」が私のドメイン名になります。

 

■インターネットからDDNSでアクセスした場合は、DDNSプロバイダの「DNSサーバ」がグローバルIPに変換してくれるので、「グローバルIP」でアクセスされます。

­ ­メモ

グリーバルIPでLANにアクセスが来ると、ルータに設定したポート番号で指定のサーバに到達します。

 

■ローカルからDDNSでアクセスした場合は、ローカルにある「DNSサーバ」の定義に従います。

­ ­メモ

例えば「nw.myds.me」の場合、これがMasterゾーンのドメイン名となります。

この中に「nw.myds.me」のアクセスが来た時は、どのサーバに転送するか?の設定を行います。

よってルータは経由しません。

 

4.DNSサーバをインストールと設定

①パッケージセンタからDNS Serverをインストールして下さい。

下記アイコンが作成されます。

 

②上記アイコンをクリックし、開いた下記画面のメニューから作成→Masterゾーンを実行します。

 

③Masterゾーンの設定を行います。

下記画面のドメイン名マスターDNSサーバの所を設定します。

尚、画面サイズを少し小さくしないとOKメニュまで表示されないので注意して下さい。

ドメイン名:DDNSプロバイダから取得したドメイン名を入力します(例:nw.myds.me)

マスターDNSサーバ:デフォルトゲートウェイのIPアドレスを指定します(例:192.168.1.1)

 

④ゾーンが作成されます。

 

⑤作成された上記のゾーンIDをダブルクリックして下さい。

下記のリソースレコードが表示されます。

表示されたレコードの説明は下記になります。

■nw.myds.meは、NS(Name Server)レコードでアドレスはns.nw.myds.meです。

■ns.nw.myds.meは、A(IP Address)レコードで、192.168.1.1のIPアドレスです。 

 

⑥nw.myds.meのレコードを作ります。

メニューから作成A Typeを選択してください。

 

⑦表示された画面にnw.myds.meのIPアドレスを入れます。

■名前の所は空白にします。

 

⑧以上でリソースレコード一覧は下記になります。

以上でドメイン名(nw.myds.me)で192.168.1.222のサーバがアクセスできる環境が出来上がりました。

同様に、他で取得したDDNSも定義します。

 ­メモ

逆引きを設定したい場合は、マスターゾーンの作成でドメインタイプを逆引きゾーンを選択します。

ドメイン名の所にIPアドレスを入れますが、IPアドレスの順番は逆です。すなわち192.168.1.222の場合は222.1.168.192です。

またネームサーバの所に取得したドメイン名を入れます。

次にPTRレコード追加で名前は空白でホスト/ドメインの所に返したいドメイン名を入れます。

以上でIPアドレスからドメイン名を返す設定ができますが、ローカル環境のみでDNSサーバを運用する場合は逆引き設定は不要です。

 

4.アクセスするデバイスにDNSサーバの場所を教える方法

次にやることはローカル環境でPCやスマートデバイスから上記で設定したDNSサーバを指定する方法です。

PCやスマートデバイス個々の設定でこれを行うのも可能ですがルータ側で自動設定する方法を解説します。

私が使用しているルータは「PR-S300NE」です。

この機器でSynologyのDNSサーバを指定する方法は下記になります。

4-1.DNSサーバのアドレスを指定する。

①詳細設定→DNS設定を起動する

②LAN側のDNSサーバアドレスを指定します。

上記設定はあくまでもLAN側のSynologyのDNSサーバの場所を指定しているだけで、どのドメイン名が来た時は?の指定がありません。

③詳細設定→静的ルーティング設定を起動します。

ここにこのドメイン名が来た時はゲートウェイ(自分自身)に行け!の指定をします。

以上の設定で、ローカル環境にあるPCやスマートデバイスがデフォルトのDNSを見に行った時にルータがSynologyのDNSサーバに転送してくれる設定が完了しました。

 

5.参考:PC側でDNSサーバを明示的に指定する方法

どうしてもルータ側でDNSサーバのアドレス指定が上手くいかない場合に利用して下さい。

尚、下記の事例はDSNサーバのIPアドレスは「192.168.1.222」ではなく、「192.168.1.200」で説明しています。

­ ­メモ

Windows7までは接続するWi-Fi毎にプロパティの設定ができましたがWindows8からはこれがなくなり自動設定に変更になりました。

よって外出等で利用するWi-Fiは『DNSの自動取得』、自宅のWi-Fiは『DNSサーバ指定』の様な設定にするとネットワークが切り替わった時にうまく変更できない事が発生します。

そこで現在は外出先のWi-Fiも自宅のWi-Fiも同一設定にしています。

やり方は下記の様に設定します。

上記の設定にすると自宅のWi-Fi接続時は192.168.1.200を使います。

外出時は192.168.1.200はアクセスできないのでGoogleのDNSサーバの8.8.8.8を利用します。

下記はWindows10の場合で記述しています。

①スタートボタンを右クリックしてネットワーク接続を選択します。

現在のネットワーク環境が表示されます。

 

②画面の中にアダプタのオプションを変更するというメニュがあるのでこれを選択します。

従来から見慣れた下記アイコンが表示されます。

 

③現在接続しているネットワークを右クリックしてプロパティを呼び出します。

 

④上図のTCP/IPv4を選択してプロパティボタンを挿入します。

表示された画面のDNSの設定を下記にします。

 

⑤尚、IPv6のチェックは外してください。

もしIPv6にもチェックを付けたい場合は下記で設定して下さい。

・優先DNSサーバ

コントロールパネル→ネットワーク→ネットワークインターフェイス→LANに表示されているIPv6アドレス

・代替DNSサーバ

2001:4860:4860::8888(GoogleのIPv6DNSサーバ)

以上でローカルからでも外出先からでもドメイン名での接続ができる様になりました。

以上でこのドキュメントの説明は完了です。

関連ドキュメントはメニュの「Synologyタブ」か下記の関連記事一覧から探して下さい。

又、このサイトには、Google広告が掲載されています。

この記事が貴方の参考になりましたら、広告もご覧頂ければ幸いです。


<関連記事一覧>

「synology」に関連するドキュメントを表示しています。尚、このページネーションはJquryで制御しています。

今まではWordPressの更新にあまり気を使いませんでしたが、WordPress5.5に更新しようとするとエラーが発生して、更新できない事態に遭遇しました。そこで5.5に更新する裏技を紹介しています。

ここではSynologyのphpMyAdminの「Incorrect format parameter」エラーについて解説します。このエラーは32MB以上のSQLファイルをインポートしようとした為に発生するエラーです。ここではその回避方法を解説しています。

Wordpressのセキュリティ強化の方法として「SiteGuard WP Plugin」と「Google Authenticator」の使い方を解説しています。

WordPressを構築した後、URL変更をしたい等のニーズが発生しますが、この時に重要なのはWordPressの稼働環境を理解する必要があります。ここでは「WordPressの稼働環境」と「MariaDBの中の構造」を解説しています。

Synologyサーバで大量のデータをコピーすると数十分の時間が掛かる事があります。これを数分以内でコピーする方法を解説しています。

「PHP7.0」から「PHP7.3」に変更したや、画面が途中で表示されないという問題が発生しました。この時に対応した内容を紹介しています。

自宅や職場のLANの中に「複数台のSynologyサーバ」があり、且つ、それらをhttpsでアクセスしたい場合に、SSL証明書をどうすれば良いか?を解説しています。

私の自宅は2019年末に「IIJMIO光」から「so-net光プラス」に変更しました。その結果、外部からWebサーバにアクセス出来ないという障害が発生しました。これにどう対応したか?の履歴が記載されています。

SynologyのDSMで80/443以外のポート番号を使ったWebサイトを構築する方法を解説しています。

SynologyでWordPressのURL変更を「Search-Replace-DB」で行う為には、ポート番号指定でDBを見に行く必要があります。ここではこの使い方を解説しています。

アルバムを公開アルバムにするとPhoto Stationで公開写真WEBサイトを構築する事ができます。更に、このサイトを「検索エンジンにインデックスさせる」と更に公開範囲が広がります。ここでは公開アルバムに関連する設定を解説しています。

スマートデバイスの写真を「DS Photo」を使ってPhoto Stationにアップロードする事ができます。アップロード方法には①バックアップコマンド②アップロードコマンドがあります。①を使うと写真を撮った段階で自動的にアップロードすることが可能です。

Photo Stationにはスマートデバイス専用のアプリケーションが用意されています。これがDS Photoです。
ここではこの使い方を解説しています。

Photo Stationは基本のPhoto Station以外にDSMユーザ毎に個人用Photo Stationを作成する事ができます。
ここでは個人用Photo Stationの作成方法と使い方を説明しています。

Photo Stationの基本は「公開写真Webサーバー」です。ここではこれを特定の人達で共有する方法を解説しています。

Synologyの「Photo Station」パッケージを利用するとスマホやデジカメで撮影した写真をNASサーバの中に保管をして色々な人と共有する事が可能になります。ここではこのPhoto Stationの起動方法と「Photo Station」用語を解説しています。

FTPの定番ソフトであるFFFTPを使って、SynologyのNASと接続する方法を解説しています。また対象は暗号化なしではなく、SSL証明書を使ったFTPS接続のケースになります。

iOSデバイスのWi-Fiの設定にDNSサーバを指定する方法を解説しています。

Synologyを使い始めてから何回かアプリケーション更新後に障害が発生しました。その時にはバックアップからアプリケーションを戻しますが、その戻し方を解説しています。

SynologyのPhoto Stationを利用した時に発生したエラーとその対策を解説しています。

AndroidデバイスのWi-Fiの設定にDNSサーバを指定する方法を解説しています。

SynologyのDSMに対するアタックの見方DSMの管理者を2段階認証にする方法を解説しています。

SynoloigyのDSM6.1からMariaDB5とMariaDB10の2つのDBがリリースされました。ここではMariaDB10とこのDBをアクセスするphpMyAdminの設定方法を解説しています。

Synologyサーバに2つ以上のDDNSを使う場合はSynology以外の無償DDNSサイトから取得する必要があります。またDDNSなら何でも良いのではなく、URLで更新できるDDNSでないとSynologyでは利用できません。ここでは『Dynu.com』社のDDNSの取得方法と設定方法を解説しています。

SynologyのDSMではVer6の途中から無償のSSL発行サイトのLet’s Encryptをサポートし始めました。しかし操作はマニュアルを見てもわからないので色々試した結果を解説しています。

Synologyサーバに『NO-IP.com』のDDNSを利用する応報を解説しています。

phpmyadminのセキュリティ対策として①phpMyAdminを別名にする方法②phpMyAdminをrootでアクセスできなくする方法
③phpMyAdminアクセスをローカルに限定する方法を解説しています。

SynologyのNASにWebサービスを立ち上げると、WordPressを使ったWebサイトや、EC-CUBEを使ったECサイト等を立ち上げる事ができます。本ドキュメントはWebサービスの立ち上げ方、仮想ホスト機能、パーソナルWebの機能について解説しています。

WordPressをインストールするとディフォルトではサイトURLはドメイン名/WordPressフォルダになります。これをドメイン名だけにする為にSynologyの仮想ホスト機能を使います。本ドキュメントはこの使い方を解説しています。

WordPressの動作環境を変更すると、DBをダイレクトに変更しなければならないケースがあります。このドキュメントはphpMyAdminのエクスポートとインポートを使って修正した事例を紹介しています。

無償DDNSのDDNSサイトのmydns.jpからドメイン名を取得する方法を記載しています。このサイトはIPアドレスの通知にクエリーパラメータ方式も利用できる無償のDDNSサイトなので、IPv6にも対応したDDNSサイトです。

Synology のサーバをhttpsでアクセスする為には、サーバ側にSSLサーバ証明書を入れる必要があります。本稿では自証証明書の作成方法からWindowsPCへの証明書の登録方法を解説しています。

synologyにVPNで接続する方法を解説しています。VPNはPPTPとL2TP/IPsecを解説しています。またWindowsでL2TP/IPsecを使う場合はレジストリを変更する必要があります。この辺も解説しています。

QuickConnectは自宅にあるSynologyのNASサーバが常時Synologyのサイトと接続されている環境を使ってインターネットからアクセスする方法です。この方法はルータの設定変更を必要としないのであまりネットワークに詳しくない人でも利用できる特徴がありますが、利用できるのは特定アプリケーションのみです。

SynologyのNASのOSはDSMになります。このドキュメントはDSMの更新方法について解説しています。

ここではSynoligyサーバを「Hyper Backup」アプリケーションで、Googleドライブにバックアップ/リストアする方法を解説しています。

Synologyを複数台持っている場合は、Synology間でバックアップを相互に持たせる事ができます。ここではその方法を解説しています。

SynologyのMariaDBから、mysqldumpを使ってDBを定期的にダンプする方法と、それを利用してWordPressを過去の時点に戻す方法を解説しています。

SynologyのNAS機能に関連するメニューは①ファイルサービス、②共有フォルダ、③グループ、④ユーザがありこれらの関連性を解説しています。また利用権限は各々のメニューの中でも設定できるため誰に何の権限を与えたか?が判りずらい為、権限設定の考え方の例を解説しています。

Synologyの自動セットアップはLAN上のDHCPサーバから割り振らてたIPアドレスが割り振られています。本稿ではこれを固定IPアドレスに変更する方法と、DSM(DiskStation Manager)にアクセスする為のポート番号の設定を解説しています。

DSM(DiskStation Manager)のログイン画面をカスタマイズする方法を解説しています。これを使う事により企業特有のログイン画面が作成できます。

SynologyのDSM6の基本画面とコントロールパネルの基本的な使い方を解説しています。

SynologyのNASは独自のDSM(DiskStation Manager)というOSで動いております。私が経験したのはDSM4、DSM5を経由し、現在はDSM6を利用しています。どのバージョンでも操作は基本的には変わりません。

Synology サーバとWindowsPCをWebDAV接続すると、インターネット環境やローカル環境からアクセス権限を持った総てのフォルダがローカルフォルダと同様に利用できるようになります。ここではこの方法を解説しています。

SynologyのWordpressパッケージをインストールする方法を解説しています。

Synology のNASをインターネットからアクセスする方法としてDDNS(Dynamic DNS)を利用する方法があります。本稿ではDDNSにSynologyのDDNSを利用する方法と、インターネットルータへのポート番号設定事例を紹介しています。

SynologyのNASに日本語版WordPressをインストールするやり方を解説しています。複数のWordPressも同一手法で稼動させることができます。