HOME  /Synology
 /WordPressの開発環境の構築事例
2021年02月03日

WordPressの開発環境の構築事例

WordPressサイトの公開後のプログラム変更は、サイトダウン等の危険性があるので難しくなります。

そこで、私が行っている開発環境を利用したプログラム変更方法をご紹介します。

尚、下記文書の「nw.myds.me」や「oldies」は、貴方のURLに置き換えてお読み下さい。

1.私のWordPress構築環境

私の「nw.myds.me」の構築環境は下図の様になっています。

①このサイトのコンテンツ更新は「ローカルPC」から「公開サーバ」にアクセスして行っています。

・DNSサーバの「nw.myds.me」は「公開サーバ」のIPアドレスを指しています。

・公開サーバのSSL証明書には「nw.myds.me」が定義されているのでhttpsアクセスができます。

・「nw.myds.me」は、公開サーバの「Web Station」の仮想ホスト機能で、「oldies」フォルダに転送しています。

 

②このサイトのプログラム変更は「ローカルPC」から「開発サーバ」にアクセスして行っています。

・最新の「oldiesフォルダ」と「oldiesDB」を「開発サーバ」にコピーします。

・DNSサーバの「nw.myds.me」は「開発サーバ」のIPアドレスに一時的に変更します。

・開発サーバのSSL証明書に「nw.myds.me」を「サブジェクトの別名」で追加します。

これで開発サーバでも「https://nw.myds.me」が利用できる様になります

・開発サーバの「Web Station」の仮想ホスト機能で、「nw.myds.me」は「oldies」フォルダに転送する定義を追加します。

 

以上が私のWordPressの構築環境の概要ですが、下記に具体的な構築手順を紹介します。

2.開発環境の構築手順

下記は「nw.myds.me」のプログラム変更

・phpプログラム自体の変更

・プラグインの追加/削除

を行う時に一時的に構築する環境で、プログラム変更後は基の状態に戻しています。

 

1.DNSサーバの「nw.myds.me」の転送先アドレスを「開発サーバ」に変更する。

【変更後の挙動】

「https://nw.myds.me」でアクセスすると、まだ「公開サーバ」が動くはずです。

理由は「PCのDNSのキャッシュ」が残っている為です。

①PCの下図の「コマンドプロンプト」を起動します。

コンソールで下記コマンドを入力します

ipconfig /flushdns

以上でPCのdnsキャッシュはクリアされましたが、まだブラウザのキャッシュが残っています。

②ブラウザを終了して、再起動します。

以上で「https://nw.myds.me」をアクセスすると「oldies」フォルダがまだないのでエラーになります。

これでDNSサーバの転送が正常に機能している事が判ります。

 

2.開発サーバのSSL証明書の変更

①80、443でアクセスできるサーバで「開発サーバのSSL証明書」を作成します

この時、「サブジェクトの別名」に「nw.myds.me」を追加します。

②作成したSSL証明書をエクスポートして、開発サーバに取り込みます。

以上で開発サーバでも「https://nw.myds.me」でアクセスできる様になります。

 

3.公開サーバの「oldies」フォルダを開発サーバにコピーします。

①File Stationで「oldies」フォルダを右クリックして圧縮ファイルを作成します。

②上記で作成された圧縮ファイルを「開発サーバ」にコピーします。

③開発サーバで上記ファイルを解凍します。

以上で開発サーバにWordPressのプログラムが作成されました。

 

4.公開サーバにある「oldies」DBを開発サーバにコピーします。

①公開サーバのphpMyAdminでログインします。

「oldies」DBを選択後、「簡易」形式でDBをエクスポートします。

②開発サーバのphpMyAdminでログインします。

・DBの作成で「oldies」DBを作成します。

・インポートで「ダウンロードフォルダ」にあるsqlファイルをインポートします。

以上で開発サーバにDBが作成されました。

 

5.公開サーバのWeb Staionの仮想ホスト機能の定義を開発サーバにも適用させます

 

以上で「https://nw.myds.me」でアクセスし、画面が表示されれば、「ローカルPC」から「開発サーバ」アクセスが可能になった証拠です。

 

この環境でプログラム変更を行います。

 

3.プログラム修正後、本番環境に戻す方法

1.開発サーバの「oldies」フォルダを公開サーバにコピーします。

①File Stationで「oldies」フォルダを右クリックして圧縮ファイルを作成します。

②上記で作成された圧縮ファイルを「開発サーバ」にコピーします。

※まだ解凍はしません。

 

2.開発サーバにある「oldies」DBを公開サーバの「oldies1」にコピーします。

①開発サーバのphpMyAdminでログインします。

「oldies」DBを選択後、「簡易」形式でDBをエクスポートします。

②公開サーバのphpMyAdminでログインします。

・DBの作成で「oldies1」DBを作成します。

・インポートで「ダウンロードフォルダ」にあるsqlファイルをインポートします。

※インポートには時間が掛かります。
そこでまづは「oldies1」に入れます。
よってインポート中でも利用者は公開サーバを利用できます。

 

以上で新しいプログラムに切り替える準備が整いました。

 

3.本番環境の「oldies」フォルダを「_oldies」にリネームします。

この段階で初めてユーザはこのサイトの利用できなくなります。

 

4.本番環境の「oldies」DBを「_oldies」にリネームします。

①本番環境のphpMyAdminにログインします

②「oldies」DBを選択します。

③「操作→DB名の変更」で「_oldies」にリネームします

 

5.本番環境の「oldies1」フォルダを「oldies」にリネームします。

①「oldies1」DBを選択します。

③「操作→DB名の変更」で「oldies」にリネームします

以上でDBは新しい物に変更されました。

 

6.「oldies」zipファイルを解凍します。

解凍が完了するとユーザからのアクセスは、新しいプログラムに変更されます。

 

この切替え方式だと、サイトのダウン時間は数分レベルで済みます。

 ポイント①

phpプログラムの変更だけの場合は、DBのインポートは必要ありません。

よって切替時間は更に短くなります。

 ポイント②

プラグインの追加/削除を行った場合は、DBのインポートが必要になります。

この時に一番時間が掛かるのがDBのインポートです。

よって別なDB名でインポートだけを行って、フォルダ名とDBのリネームで最新バージョンに切り替える事によりダウン時間を少しでも短くさせています。

 

最後にDNSサーバの転送先を基に戻す事を忘れないで下さい。

以上でこのドキュメントの説明は完了です。

関連ドキュメントはメニュの「Synologyタブ」か下記の関連記事一覧から探して下さい。

又、このサイトには、Google広告が掲載されています。

この記事が貴方の参考になりましたら、広告もご覧頂ければ幸いです。


<関連記事一覧>

「synology」に関連するドキュメントを表示しています。尚、このページネーションはJquryで制御しています。

phpMyadminで、設定ファイルのパーミッションが正しくありません。誰でも書き込み可能になっています!とのエラーが出た時の対処方法を解説しています。

SynologyでWordPressを運用している時に、遅い!と感じる状況に遭遇しました。対策は①All in One SEOと②WP Mail SMTPの廃止です。この経緯を説明しています。

Synologyを利用していると、このファイルはDSMの中の何処にあるのか?等を調べたくなる事があります。この様な時に利用するのがSSH接続です。この接続方法を解説しています。

WordPressのメジャーアップデート(5.5や5.6)ではWordpressの更新が失敗する事があります。このような時にサイトを修復する方法を解説しています。

ここではSynologyのphpMyAdminのインポートの504等のエラーについて解説します。このエラーは32MB以上のSQLファイルをインポートしようとした為に発生するエラーで、ここではその回避方法を解説しています。

Wordpressのセキュリティ強化の方法として「SiteGuard WP Plugin」と「Google Authenticator」の使い方を解説しています。

ここでは「WordPressの稼働環境」と「関連ドキュメント」及び「アクセスルート」の解説を行っています。

Synologyサーバで大量のデータをコピーすると数十分の時間が掛かる事があります。これを数分以内でコピーする方法を解説しています。

「PHP7.0」から「PHP7.3」に変更したや、画面が途中で表示されないという問題が発生しました。この時に対応した内容を紹介しています。

自宅や職場のLANの中に「複数台のSynologyサーバ」があり、且つ、それらをhttpsでアクセスしたい場合に、SSL証明書をどうすれば良いか?を解説しています。

私の自宅は2019年末に「IIJMIO光」から「so-net光プラス」に変更しました。その結果、外部からWebサーバにアクセス出来ないという障害が発生しました。これにどう対応したか?の履歴が記載されています。

SynologyのDSMで80/443以外のポート番号を使ったWebサイトを構築する方法を解説しています。

SynologyでWordPressのURL変更を「Search-Replace-DB」で行う為には、ポート番号指定でDBを見に行く必要があります。ここではこの使い方を解説しています。

アルバムを公開アルバムにするとPhoto Stationで公開写真WEBサイトを構築する事ができます。更に、このサイトを「検索エンジンにインデックスさせる」と更に公開範囲が広がります。ここでは公開アルバムに関連する設定を解説しています。

スマートデバイスの写真を「DS Photo」を使ってPhoto Stationにアップロードする事ができます。アップロード方法には①バックアップコマンド②アップロードコマンドがあります。①を使うと写真を撮った段階で自動的にアップロードすることが可能です。

Photo Stationにはスマートデバイス専用のアプリケーションが用意されています。これがDS Photoです。
ここではこの使い方を解説しています。

Photo Stationは基本のPhoto Station以外にDSMユーザ毎に個人用Photo Stationを作成する事ができます。
ここでは個人用Photo Stationの作成方法と使い方を説明しています。

Photo Stationの基本は「公開写真Webサーバー」です。ここではこれを特定の人達で共有する方法を解説しています。

Synologyの「Photo Station」パッケージを利用するとスマホやデジカメで撮影した写真をNASサーバの中に保管をして色々な人と共有する事が可能になります。ここではこのPhoto Stationの起動方法と「Photo Station」用語を解説しています。

FTPの定番ソフトであるFFFTPを使って、SynologyのNASと接続する方法を解説しています。また対象は暗号化なしではなく、SSL証明書を使ったFTPS接続のケースになります。

iOSデバイスのWi-Fiの設定にDNSサーバを指定する方法を解説しています。

Synologyを使い始めてから何回かアプリケーション更新後に障害が発生しました。その時にはバックアップからアプリケーションを戻しますが、その戻し方を解説しています。

SynologyのPhoto Stationを利用した時に発生したエラーとその対策を解説しています。

AndroidデバイスのWi-Fiの設定にDNSサーバを指定する方法を解説しています。

SynologyのDSMに対するアタックの見方DSMの管理者を2段階認証にする方法を解説しています。

SynoloigyのDSM6.1からMariaDB5とMariaDB10の2つのDBがリリースされました。ここではMariaDB10とこのDBをアクセスするphpMyAdminの設定方法を解説しています。

Synologyサーバに2つ以上のDDNSを使う場合はSynology以外の無償DDNSサイトから取得する必要があります。またDDNSなら何でも良いのではなく、URLで更新できるDDNSでないとSynologyでは利用できません。ここでは『Dynu.com』社のDDNSの取得方法と設定方法を解説しています。

SynologyのDSMではVer6の途中から無償のSSL発行サイトのLet’s Encryptをサポートし始めました。しかし操作はマニュアルを見てもわからないので色々試した結果を解説しています。

Synologyサーバに『NO-IP.com』のDDNSを利用する応報を解説しています。

phpmyadminのセキュリティ対策として①アクセスできる人の制限を強化する②アクセスできるIPアドレスを制限する
③プログラムの名前を変える等があり、そのやり方を解説しています。

SynologyのNASにWebサービスを立ち上げると、WordPressを使ったWebサイトや、EC-CUBEを使ったECサイト等を立ち上げる事ができます。本ドキュメントはWebサービスの立ち上げ方、仮想ホスト機能、パーソナルWebの機能について解説しています。

WordPressをインストールするとディフォルトではサイトURLはドメイン名/WordPressフォルダになります。これをドメイン名だけにする為にSynologyの仮想ホスト機能を使います。本ドキュメントはこの使い方を解説しています。

WordPressの動作環境を変更すると、DBをダイレクトに変更しなければならないケースがあります。このドキュメントはphpMyAdminのエクスポートとインポートを使って修正した事例を紹介しています。

無償DDNSのDDNSサイトのmydns.jpからドメイン名を取得する方法を記載しています。このサイトはIPアドレスの通知にクエリーパラメータ方式も利用できる無償のDDNSサイトなので、IPv6にも対応したDDNSサイトです。

Synology のサーバをhttpsでアクセスする為には、サーバ側にSSLサーバ証明書を入れる必要があります。本稿では自証証明書の作成方法からWindowsPCへの証明書の登録方法を解説しています。

synologyにVPNで接続する方法を解説しています。VPNはPPTPとL2TP/IPsecを解説しています。またWindowsでL2TP/IPsecを使う場合はレジストリを変更する必要があります。この辺も解説しています。

QuickConnectは自宅にあるSynologyのNASサーバが常時Synologyのサイトと接続されている環境を使ってインターネットからアクセスする方法です。この方法はルータの設定変更を必要としないのであまりネットワークに詳しくない人でも利用できる特徴がありますが、利用できるのは特定アプリケーションのみです。

SynologyのNASのOSはDSMになります。このドキュメントはDSMの更新方法について解説しています。

ここではSynoligyサーバを「Hyper Backup」アプリケーションで、Googleドライブにバックアップ/リストアする方法を解説しています。

Synologyを複数台持っている場合は、Synology間でバックアップを相互に持たせる事ができます。ここではその方法を解説しています。

SynologyのMariaDBから、mysqldumpを使ってDBを定期的にダンプする方法と、それを利用してWordPressを過去の時点に戻す方法を解説しています。

SynologyのNAS機能に関連するメニューは①ファイルサービス、②共有フォルダ、③グループ、④ユーザがありこれらの関連性を解説しています。また利用権限は各々のメニューの中でも設定できるため誰に何の権限を与えたか?が判りずらい為、権限設定の考え方の例を解説しています。

Synologyの自動セットアップはLAN上のDHCPサーバから割り振らてたIPアドレスが割り振られています。本稿ではこれを固定IPアドレスに変更する方法と、DSM(DiskStation Manager)にアクセスする為のポート番号の設定を解説しています。

DSM(DiskStation Manager)のログイン画面をカスタマイズする方法を解説しています。これを使う事により企業特有のログイン画面が作成できます。

SynologyのDSM6の基本画面とコントロールパネルの基本的な使い方を解説しています。

SynologyのNASは独自のDSM(DiskStation Manager)というOSで動いております。私が経験したのはDSM4、DSM5を経由し、現在はDSM6を利用しています。どのバージョンでも操作は基本的には変わりません。

Synology サーバとWindowsPCをWebDAV接続すると、インターネット環境やローカル環境からアクセス権限を持った総てのフォルダがローカルフォルダと同様に利用できるようになります。ここではこの方法を解説しています。

SynologyのWordpressパッケージをインストールする方法を解説しています。

Synology のNASをインターネットからアクセスする方法としてDDNS(Dynamic DNS)を利用する方法があります。本稿ではDDNSにSynologyのDDNSを利用する方法と、インターネットルータへのポート番号設定事例を紹介しています。

SynologyのNASにWordpressを インストールしてWebサーバを構築する場合、ローカルPCからもURLでアクセスできる必要があります。この解決方法にSynologyのDSM Serverを使う方法を解説しています。

SynologyのNASに日本語版WordPressをインストールするやり方を解説しています。複数のWordPressも同一手法で稼動させることができます。