HOME  /Synology
 /Synologyの仮想ホスト機能を使ったサイトURLの変更
2018年03月24日

Synologyの仮想ホスト機能を使ったサイトURLの変更

このWebサイトはWordPressをWEBフォルダのoldiesで作成したのでサイトURLは下記になります。
https://nw.myds.me/oldies/ 

しかしSynologyの仮想ホスト機能を使うと下記の様なドメイン名だけにする事ができます。

https://nw.myds.me/

­ ­メモ

仮想ホスト機能に利用したドメイン名は特定ホルダ専用になります。

よって他のWebサイトを作成する場合は、新たなドメイン名が必要になります。

 ­Dynu.comから無償のドメイン名を取得する方法

以下に仮想ホスト機能を使ったサイトURLの変更方法を解説します。

1.仮想ホスト機能を使ってドメイン名でアクセスさせる。

既に作成済みのWEBサイトを変更する為には、下記の3か所を修正する必要があります。

①WordPress アドレス (URL)とサイトアドレス (URL)の変更

②.htaccessファイルの変更

③仮想ホストの設定

④MariaDB内のURL変更

以下に順次、解説していきます。

1-1.WordPress アドレス (URL)とサイトアドレス (URL)の変更

上記は「設定→一般」で指定する内容です。

しかし管理画面で修正ミスをすると/wp-admin/で起動できなくなります。

よってここでは修正をphpMyAdminダイレクト行う方法を紹介します。

①phpMyAdmin を起動して当該DBを開きます。

②左ペインから『wp_Options』を開いてください。

※1.siteurl の所が「WordPressアドレス(url)」でプログラムが入っているディレクトリです。

※2.homeの所が「サイトアドレス」でユーザがアクセスするURLです。

siteurlhomeを編集で開いてドメイン名だけに変更して下さい。

修正すると即時反映されます。

 

1-2..htaccessファイルの変更

WEBフォルダの中にある当該フォルダ(oldies等)を開いて「.htaccess」を呼び出してください。

<修正前>

# BEGIN WordPress
<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine On
RewriteBase /oldies/
RewriteRule ^index\.php$ - [L]
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-f
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-d
RewriteRule . /oldies/index.php [L]
</IfModule>

# END WordPress

上記はここにアクセスがきた場合は/oldies/フォルダに行きなさい!を定義しています。

<修正後>

# BEGIN WordPress
<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine On
RewriteBase /
RewriteRule ^index\.php$ - [L]
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-f
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-d
RewriteRule . /index.php [L]
</IfModule>

# END WordPress

フォルダ指定の所を削除します。

仮想ホストでダイレクトにここに来るのでフォルダ指定は不要になります。

 

1-3.仮想ホストの設定

①下記のアイコンをクリックしてください。

②左ペインにある「仮想ホスト」を選択します。

③作成ボタンを挿入します

④表示された画面に必要事項を入力します。

ホスト名:ドメイン名を指定します。

ドキュメントルール:ここで何処にアクセスするか?を指定しています。

HTTPS設定:https通信の場合はHSTSとHTTP/2にチェックを付けて下さい。

バックアエンドサーバPHP最新バージョンを選択して下さい。

 

1-4.MariaDB内のURL変更

新規のWordPressの場合は1-1~1-3の対応で良いのですが、既にコンテンツが作られていた場合はMariaDBに登録されているドキュメントや画像のURLの変更する必要があります。

旧:nw.myds.me/oldies/××

新:nw.myds.me/××

この変更はphpMyAdminでデータベースをエクスポートし、マニュアルで修正した後、インポートする必要があります。

詳しくは下記URLを参照してください。

 ­phpMyAdminを使ってDBを修正する

以上でユーザからのアクセスも管理画面へのアクセスも総てドメイン名だけで利用できるようになりました。