HOME  /WordPress(初級)
 /Twenty Twelveのフッターを編集してCopyright表現にする
2020年03月27日

Twenty Twelveのフッターを編集してCopyright表現にする

 ­メモ

このドキュメントは2016年の初期サイトの時に作成したドキュメントです。

WordPressが全然わからない状態から、とりあえず動く状態まで持っていったやり方を記述しています。

ある程度判っている方は応用編を参照してください。

現在サイトはこの応用編の技術で作成されています。

Twenty Twelve のフッターには『Proudly powered by WordPress』という文字が出力されます。これを通常サイトの様に『Copyright表現』に変更する方法を記載しています。

1.footer.phpを編集する。

修正するphpファイルはfooter.phpです。

ファイルの格納場所は下記になります。
  <WordPressのサイト名>→wp-content→themes→twentytwelve→footer.php

上記のファイルを子テーマのtwentytwelve_childにコピーしてください

以降、下記のファイルを修正します。
<WordPressのサイト名>→wp-content→themes→twentytwelve_child→footer.php

コード編集を始める前の確認事項

style.cssでフッターが書かれている場所は下記になります。

/* フッターエリアの描画位置の設定 */
 footer[role='contentinfo']{margin: 0 0 0 3%;padding:0 0 0 1%;}

よってfooter.phpでProudly powered by WordPressを書いている場所はfooter[role=’contentinfo’]です。

修正前のphpで、上記の場所にProudly powered by WordPressを出力している所は?

footer.phpでfooter[role=’contentinfo’]を探すと下記の構文になります。

<footer id="colophon" role="contentinfo">
 <div class="site-info">
 <?php do_action( 'twentytwelve_credits' ); ?>
  <a href="<?php echo esc_url( __( 'https://wordpress.org/', 'twentytwelve' ) ); ?>" title="<?php esc_attr_e( 'Semantic Personal Publishing Platform', 'twentytwelve' ); ?>"><?php printf( __( 'Proudly powered by %s', 'twentytwelve' ), 'WordPress' ); ?></a>
 </div><!-- .site-info -->
 </footer><!-- #colophon -->

上記での青字の所が『Proudly powered by WordPress』を表示している所です。

具体的な変更例

下記のプログラムを<footer ~</footer>に、置き換えてください。

<!-- フッターの記述をCopyright形式に変更 ---------------------------------------->
<footer id='colophon' role='contentinfo'>
 <p>© 2015 – <?php echo date('Y'); bloginfo('name'); ?> All rights reserved.</p>
</footer>
<!------------------------------------------------------------------------------->

【解説】

© 2015-はこのサイトが作られた年で、文字で入力しています。
echo date(‘Y ‘);現在の年です。
よって2017年にこのサイトをアクセスすると表記は© 2015 – 2017になります。
bloginfo(‘name’); はサイト名です。私のWEBサイトの場合はオールディーズ時代になります。
最後にAll rights reserved.の文字列を入れています。

以上で、サンプルサイトのフッターの表示は下記に様になります。

 

<ドキュメントガイド>

前のテーマ:Twenty Twelveのウィジェットをカスタマイズする

次のテーマ: Twenty twelve の一覧表示を抜粋表示に変更する。

 メモ

以上でこのドキュメントの説明は完了です。

関連ドキュメントはメニュの「WordPress(初級)タブ」か下記の関連記事一覧から探して下さい。

又、このサイトには、Google広告が掲載されています。

この記事が貴方の参考になりましたら、広告もご覧頂ければ幸いです。


<関連記事一覧>

WordPressをインストールして、WPのテーマを『Twenty Twelve』決めた次に悩んだのは、ダッシュボードにある『設定』をどの様に設定したら良いか?です。本ドキュメントではこのWEBサイトの設定をどの様にしたのか?を解説しています。

固定ページに必要なのは、読者からの問い合わせを受けるメールフォームです。これを実現する為に『Contact Form 7』のインストールと設定、更にメールを送るためのSMTPとして、『WP-Mail-SMTP』のインストールと設定事例を紹介しています。

このドキュメントはウィジェットエリアの考え方とCSSを編集して少し見栄えの良いウィジェットエリアする方法を解説しています。

本投稿はTwenty Twelveの投稿のカテゴリ設定や文書の作成について事例と注意点を記載しています。

WP Mail SMTP等でGMAILのSMTPサーバを利用する場合は、「アプリパスワード」又は「Google Cloud Platform」を利用する必要があります。ここでは「アプリパスワード」の設定方法を解説しています。

本サイトのWordPressのテーマは、Twenty Twelveで構築しました。本ドキュメントでは何故、このテーマを選択したのか?の背景と設定方法を解説しています。

カテゴリページの表示を抜粋表示に変更してもこのカテゴリーの何処にどの様なドキュメントがあるか?は良く分かりません。そこで解説ページを固定ページに書き、カテゴリページの表示の時に、この固定ページを表示させる方法を解説しています。

WordPressのCSSファイルやPHPファイルを編集する為には『UTF-8 の BOM なし』のテキストエディタが必要になります。本稿ではこのサイトで使っているEmEditor Free版の利用事例を紹介しています。

一般のテキストボックスを使ってPHP/HTMLソースを記述するとhttp画面で正しく表示されない問題が発生します。
このドキュメントはTinyMCE Advancedに整形済みテキスト(preformatted text)を使ったボックスを作成する方法を紹介しています。

SynologyのWordpressパッケージをインストールする方法を解説しています。