HOME  /WordPress(初級)
 /Googleのアプリパスワードの設定方法
2020年02月03日

Googleのアプリパスワードの設定方法

「WP Mail SMTP」でGMAILを利用する為には下記の2種類のやり方があります。

①アプリパスワードを利用する

②Google Cloud Platformを利用する

昔は①だけだったのですが、Googleのセキュリティ強化で②が登場しました。

しかし②は有料版が原則なので、気持ちが悪いので私は①を使っています。

しかし①を使うとGoogleアカウントのセキュリティ評価で下記の様な表示がでます。

上記の「セキュリティの問題が見つかりました」が表示され、「アカウントを保護」をクリックすると、アプリパスワードを使いますか?と聞かれてしまします。

そこで、アプリパスワードを使う場合は、上記の警告が出ても良いGoogleアカウントを使ってください。

 

1.アプリパスワードを使う為に知っておくべき事

アプリパスワードを利用する為にはGoogleアカウントを「2段階認証」にする必要があります。

この「2段階認証」とは他のメールクライアントで当該Googleアカウントににログインする場合は

・メールアドレス

・パスワード

に加えてスマートフォンのデバイス認証が必要になるログイン方法です。

 

この「2段階認証」をONにすると、このGoogleアカウントのみ「アプリパスワード」が使える様になります。

すなわち「WP Mail SMTP」等のアプリケーションでGMAILにログインする場合は

・メールアドレス

・アプリパスワード

でログインできるようになる仕組みになります。

 

2.Googleアカウントにアプリパスワードを設定する方法

1.下記URLをクリックして下さい。

Googleアカウント

 

2.表示された画面の右上の現在のアカウントをクリックして、「2段階認証」を設定するアカウントに変更します。

 

3.セキュリティメニュから2段階認証プロセスの「>」マークをクリックします。

 

4.下記画面が開きますので、右下の「使ってみる」をクリックします。

 

5.Googleアカウントへのログイン画面が表示されますので、ログインします。

画像は省略

 

6.下記画面から「今すぐ送信」をクリックします。

上記画面はスマホに既にこのGoogleアカウントが設定されている場合です。

設定されてない場合は電話番号から入力していきます。

 

7.下記画面が表示されます。

一方、スマホにもメッセージが表示されるので「はい」をタップします。

 

8.下記画面が表示されます。

「別のバックアップオプションを利用」をクリックします。

 

9.下記画面が表示されます。

1回だけ利用できるワンタイムハスワードが表示されますので、ダウンロード又は印刷をして保管して下さい。

スマホが使えない場合は、上記コードが利用できます。

「次へ」で先に進みます。

 

10.下記画面で「有効にする」を実行します。

 

11.下記画面が表示されます。赤枠の「←」で終了します。

【上記画面の解説】

2段階認証は①スマートフォンに表示される画面、または②バックアップコード(ワンタイムパスワード)でGMAILにログインできる事を意味します。

 

12.アプリパスワードの設定画面が表示されます。「>」をクリックします。

 

13.アプリを選択の「▼」をクリックし、「その他」を選択します。

 

14.下記画面にwordpress等の任意名称を入れ「生成」ボタンを押します。

 

15.アプリパスワードが生成されます。

上記のアプリパスワードは「WP Mail SMTP」で利用しますので何処かに転記しておいてて下さい。

Googleアカウント画面からは見る事ができなくなりました。

 

 メモ

以上でこのドキュメントの説明は完了です。

関連ドキュメントはメニュの「WordPress(初級)タブ」か下記の関連記事一覧から探して下さい。

又、このサイトには、Google広告が掲載されています。

この記事が貴方の参考になりましたら、広告もご覧頂ければ幸いです。


<関連記事一覧>

このドキュメントはウィジェットエリアの考え方とCSSを編集して少し見栄えの良いウィジェットエリアする方法を解説しています。

固定ページに必要なのは、読者からの問い合わせを受けるメールフォームです。これを実現する為に『Contact Form 7』のインストールと設定、更にメールを送るためのSMTPとして、『WP-Mail-SMTP』のインストールと設定事例を紹介しています。

ヘッダーはWEBサイトの顔になりますがTwenty Twelveのヘッダーは貧弱です。ヘッダーはタイトル、説明及びメニューから構成されており、このドキュメントはこれらをカスタマイズする方法が記載されています。

Contact Form 7では確認用のe-mailアドレスをチェックする方法がありません。このドキュメントはContact Form 7のフィルターフックの機能をfunctions.phpに記述する事によりこれを可能にする方法を紹介しています。

SynologyのWordpressパッケージをインストールする方法を解説しています。

WordPressの動作環境を変更すると、DBをダイレクトに変更しなければならないケースがあります。このドキュメントはphpMyAdminのエクスポートとインポートを使って修正した事例を紹介しています。

アイコンも文字を使ったWEBサイトをよく目にしますが、WPのビジュアルエディタで使えるプラグインが『WordPress Visual Icon Fonts』です。このドキュメントには、インストールの仕方と簡単な使い方を紹介しています。

本ドキュメントではBreadcrumb NavXTのインストールからそれを表示させる為のheader.php及びCSSの編集方法と表示されたパンくずリストをビジュアルアイコンを使ってよりビジュアルにする方法を説明しています。

カテゴリページの表示を抜粋表示に変更してもこのカテゴリーの何処にどの様なドキュメントがあるか?は良く分かりません。そこで解説ページを固定ページに書き、カテゴリページの表示の時に、この固定ページを表示させる方法を解説しています。

一般のテキストボックスを使ってPHP/HTMLソースを記述するとhttp画面で正しく表示されない問題が発生します。
このドキュメントはTinyMCE Advancedに整形済みテキスト(preformatted text)を使ったボックスを作成する方法を紹介しています。