HOME  /Synology
 /phpMyAdminを使ってDBを修正する方法
2018年03月24日

phpMyAdminを使ってDBを修正する方法

WordPressの動作環境を変更すると、DBをダイレクトに変更しなければならないケースが多々あります。

私が経験したケースでは下記の物がありました。

①古いMySQLに移行する為、サーバ接続の照合順序を『utfmb4_general_ci』から『utf_general_ci』に変更する。

②Synology の仮想ホスト機能に移行した為、画像のURLを変更する。

③更新WEBサイトを別URLで作成し、本番WEBサイトに移行する為にDBの中身を変更する。

④MariaDB5に入っているDBをMariaDB10に移行する。

この様な場合、phpMyAdminでDBをエクスポートし、EmEditorで修正後インポートする方法で解決しました。

1.phpMyAdmin でDBをエクスポートする

1.phpMyAdminを起動する。

img_55569e3bb4184

 

2.左ペインからエクスポートするDBを選択して下さい。

 

3.画面上部のメニューから『エクスポート』を選択します。

 

4.表示された画面からエクスポート方法を『詳細』にして下さい。

 

5.画面の下の方の生成オプションの上2つもチェックを付ける。

※1.上記の2つにチェックを付けるとDBの更新でも新規でも両方に使えるSQL文になるので色々便利です。

 

6.画面の下にある『実行』ボタンを挿入してください。

『DB名.sql』というファイルがダウンロードされます。

2.EmEditor でSQLをダイレクトに編集する

1.項番1でダウンロードしたファイル名を変更して下さい。

ex)DB名+年月.sql

何か不具合があった場合は上記ファイルをインポートすると前の状態に戻ります。

 

2.ファイル名を修正したsql ファイルをEmEditorで開いてください。

Windowsのメモ帳はutf-8(BOMなし)が使えないので利用できません。

 

3.SQLファイルを修正します。

①サーバ接続の照合順序の場合
  EmEditorの検索で確認後、置換で修正します。

②画像のURLを変更する場合

画像は、http://ドメイン名/WordPressフォルダ/wp-content/uploadsで読み込まれています。

仮想ホスト機能を使う場合はhttp://ドメイン名/wp-content/uploadsで、WordPressフォルダ指定は要りません。

EmEditorの検索で確認後、置換で修正します。

 

4.ファイル➡名前を付けて保存で修正したsqlファイルを保存します。

 

3.修正したSQLをインポートする

1.phpMyAdmin の当該DBの画面からインポートを選択します。

 

2.表示された画面の参照ボタンを挿入して、修正したSQLファイルを選択します。

 

3.画面下の『実行』ボタンを挿入するとDBが更新されます。

以上で、WordPressの環境を変更した場合のDBの修正は完了です。

4.MariaDB5からMariaDB10に移行する場合

 ­MariaDB5とMariaDB10のアクセス権の設定

上記のURLを見てから操作してください。

4-1.phpMyAdminでMariaDB5に入って当該DBをエクスポートします。

SQLファイルができます。

 

4-2.phpMyAdminでMariaDB10に入って上記のSQLファイルをインポートします。

DBがMariaDB10の中に作られます。

 

4-3.wp-config.phpを修正します。

Webフォルダ直下にあるWordPressフォルダを開くとwp-config.phpファイルがあります。

このファイルをEmEditorで開いてください。

修正個所は下記になります。

/** MySQL のホスト名 */
define('DB_HOST', 'localhost');

上記を下記に変更します。

/** MySQL のホスト名 */
define('DB_HOST', 'localhost:/run/mysqld/mysqld10.sock');

これでMariaDB10にアクセスするようになりました。