HOME  /Synology
 /Synologyサーバ間のバックアップとリストア
2019年07月25日

Synologyサーバ間のバックアップとリストア

Synologyを複数台所有している場合は、Synologyのサーバ間でバックアップを取得する事ができます。

1.バックアップ先のサーバで行う作業

1-1.バックアップ元のサーバに自分を見せる方法を指定する

バックアップ元のサーバーに自分を同様に見せるか?には複数の方法があります。

①「リモートNASデバイス」として見せる方法

パッケージセンタからHyper Backup Vaultをインストールします。

以上で相手に「リモートNASデバイス」として見せる事ができる様になります。

 

②「rsync」として見せる方法

「コントロールパネル→ファイルサービス」でrsyncタブを開きます。

上図の「rsyncサービスを有効にする」に✔をつけて「適用ボタン」を押します。

以上で相手に「rsync」ファイルサーバとして見せる事ができます。

­ ­メモ

上記以外でもWevDAV接続でバックアップする方法もありますが、あくまでもデフォルトは「Hyper Backup Vault」です。

 

1-2.共有フォルダを作成する

バックアップデータを保存する共有フォルダを作成します。

私はバックアップ先が判る様に「BackUp-Data」という名前を使っています。

 

2.バックアップ元のサーバで行う作業

2-1.パッケージセンタからHyper Backupをインストールします。

2-2.Hyper Backupを起動します。

バックアップが何も設定されてない場合は下記画面が表示されます。

表示されない場合は画面の左下の+ボタンを挿入して「データバックアップタスク」を選択します。

Hyper Backup Vaultの時は「リモートNASデバイス」を選択します。

rsyncサービスの時は「rsync」を選択します。

 

1.下記画面が表示されます。

下記画面は「リモートNASデバイス」の時の画面です。

※1.サーバ名またはIPアドレス:▼をクリックすると相手のサーバを見つけてくれます。

※2.ユーザ名/パスワード:相手のサーバにログインするIDです。

※3.共有フォルダ:▼をクリックするとバックアップ先のフォルダ名が表示されますので「BackUp-Data」を選択します。

次へのボタンを挿入します。

 

2.下記画面が表示されますのでバックアップするフォルダを選択します。

 

3.下記画面が表示されますのでバックアップするアプリケーションを選択します。

アプリケーションの所をチェックすると全アプリケーションになります。

 

4.バックアップの時間を指定します。

※1.タスクの所は判り易い名前を入れてください。Hyper Backupのメイン画面に表示されます。

※2.整合性チェックは古いバックアップバージョンのデータ破損を修復する機能の様で、これは実施た方が良さそうです。また実行頻度は選択可能です。

※3.mysqldumpでMySQLを定期的にバックアップする方法を使っている場合は、このタスク終了時間を想定してバックアップ時間を設定して下さい。

 

5.バックアップのローテーションを指定します。

バックアップローテーションには下記の種類があります。

古いバージョンから

1回/1日のバックアップでバージョン数が60の場合は2か月先まで戻れます。

60÷30=2か月

Smart Recycle

上記と同一条件の場合は5か月先まで戻れます。

(60-30)÷7+1=5.29か月

すなわち1か月を過ぎると1週単位にマージしてくれます。

カスタマイズした保持

ローテンション条件をマニュアルで指定します。

よってSmart Recycleで100世代にすると1年先まで戻れる設定になります。

 

6.タスクが作成され、下記画面がでるので実行してください。

以上でバックアップが開始されます。

­ ­注意事項

Synology では色々なパッケージを追加すると、新たなディレクトリが作成されます。
しかし新規に作成されたアプリケーションやディレクトリはバックアップ対象にはなってないので、パッケージ等を追加した時は、バックアップジョブ名を選択して『編集』でバックアップするアプリケーションやフォルダを追加してください。

 

3.Hyper Backupを使ったリストア

­ ­Hyper Backupのリストアとは

Hyper BackupとはあくまでもデータをバックアップしているだけでOSではありません。

よって下記手順でリストアします。

1.ソフトウェア障害(人為ミスやアプリケーション障害)の場合

既存のHyper Backupのタスクから過去のデータやアプリケーションを戻します。

2.ハードウェア障害(ディスククラッシュやNAS障害)の場合

①ディスクやNASを交換した後、新しいDSMを立ち上げます。

②次にHyper Backupをインストールします。

新規のHyper Backupのタスクを作成する時に、過去のバックアップフォルダと再リンクさせます。

④新しくできたタスクから障害の直前のバックアップデータを復旧します。

 

下記にハードウェア障害を想定したリカバリ方法を解説します。

1.下記のHyper Backupを起動します。

 

2.バックアップ先を選択して「次へ」のボタンを挿入します。

 

3.表示された画面から既存のタスクに再リンクを選択して、必要事項を入れます。

①既存タスクに再リンクに✔をいれます。

サーバ名またはIPアドレス:▼をクリックすると相手のサーバを見つけてくれます。

ユーザ名/パスワード:相手のサーバにログインするIDです。

共有フォルダ:▼をクリックするとバックアップ先のフォルダ名が表示されますので「BackUp-Data」を選択します。

ディレクトリ:▼をクリックすると戻せるファイルが表示されるので選択します。

次へで先に進みます。

 

4.バックアップする対象画面が表示されます。

現在は既存タスクに再リンクさせる為の操作なので無視します。

①バックアップするホルダの選択→無視

②バックアップするアプリケーションの選択→無視

③バックアップタスクの実行時間→無視

④バックアップタスクのローテーション設定→無視

 

5.再リンクが終了するとまだバックアップしてません。が表示されますが今は無視です。

 

6.画面の左下にある下記アイコンからリストアを実行します。

上記アイコンをクリックして「データ」を選択します。

下記の順番で戻す項目が出てきますので、総てを選択して下さい。

①システム設定

②フォルダ

③アプリケーション

以上でシステム全体がリストアされます。

 

7.データが戻った後は、バックアップタスクの設定を再設定して下さい。

 

5.Hyper Backupの権限関係の補足

Hyper Backupに関連する注意点を下記に記載します。

1.Hyper Backupを実行できるのはアプリケーションをインストールしたユーザだけです。
よってSynologyのユーザ管理をローカルユーザからLDAP等に切り替えた場合はHyper Backupの再設定が必要になります。

 

2.バックアップデータからのリストアは「administrators」権限を持っているユーザならば誰でもできます。
LDAPユーザの場合もLDAP管理下の「administrators」権限を持っているユーザです。

 

­ ­メモ

上記の様な制限がある為、バックアップはユーザ管理と切り離しておいた方がスッキリします。

そこで私はローカルユーザに「dsmadmin」というサーバIDを作成して、バックアップはこのユーザIDでやらせています。