HOME  /WordPress(初級)
 /WordPressテーマの選択とインストール
2020年03月27日

WordPressテーマの選択とインストール

 ­メモ

このドキュメントは2016年の初期サイトの時に作成したドキュメントです。

WordPressが全然わからない状態から、とりあえず動く状態まで持っていったやり方を記述しています。

ある程度判っている方は応用編を参照してください。

現在サイトはこの応用編の技術で作成されています。

WordPress(以降WP)をインストールするとデフォルトのテーマがインストールされます。
・twentyfifteen  (WPの2015年テーマ)
・twentyforteen (WPの2014年テーマ)
・twentythirteen(WPの2013年テーマ)
更に新規テーマの追加を行うと膨大な量のテーマが表示されます。

色々テーマを切り替えて見ましたが私には『何がどう違うの?』が全然わかりませんでした。
そこで下記の考え方から私はWPのTwentyTwelve(WPの2012年テーマ)を選択しました。

1.私が選んだWordPressテーマとその選定理由

私はWPも知らなければ、当然、PHPやCSS及びHTMLの知識もありません。
またこれらのノウハウを吸収してWEBの専門家になるつもりもないので、学校にも行きませんし、教育Webサイトの会員になる気も全然ありません。

それならばネットの中に情報が一番ありそうなテーマ(枯れたテーマ)で勉強を開始するのが良いのではないか?と考えた結果、TwentyTwelve(WPの2012年テーマ)でまずは試そうと思いました。

結果としてこのテーマを選んだのは正解で、情報量の多さから何とかこのWebサイトも立ち上げれました。

2.TwentyTwelveのインストール方法

1.ダッシューボードから『外観→テーマ』を選定し、表示された画面で『新規追加』を挿入

2.検索欄に『Twenty Twelve』を入力しEnterを挿入すると、Twenty Twelveが表示されます。

3.『Twenty Twelve』にカーソルを持っていくと『インストール』ボタンが表示されるので挿入します。

4.表示された画面で『有効化』を実行します。

5.Twenty Twelveが有効化されました。

3.テーマの保存場所と、不要なテーマの削除

Twenty Twelveがインストールされましたが、このテーマは下記ディレクトリに保存されています。

Web→tec→wp-content→themesの下に下記フォルダがあります。

・twentyfifteen(2015年度テーマ)不要

twentyfourteen(2014年度テーマ)不要

twentythirteen(2013年度テーマ)不要

・twentytwelve(今インストールした2012年度テーマ)

注)WevはSynologyのWebフォルダーで、tecはWordPressをリネームしたフォルダです。
レンタルサーバの場合はWebの所が違う可能性があります。

そこで、twentytwelve以外のテーマを削除しました。

削除の方法はフォルダ削除でも管理画面からの操作でもOKです。

削除いた理由は下記になります。

①今後twentytwelveフォルダー配下のファイルを修正しますが、この際の誤操作をなくす。

②利用してないテーマでも更新されますので、更新処理が紛らわしい。

以上でテーマの選択は完了です。

 

次のテーマ: Twenty Twelveの基本設定に関する考察

 メモ

以上でこのドキュメントの説明は完了です。

関連ドキュメントはメニュの「WordPress(初級)タブ」か下記の関連記事一覧から探して下さい。

又、このサイトには、Google広告が掲載されています。

この記事が貴方の参考になりましたら、広告もご覧頂ければ幸いです。


<関連記事一覧>

このドキュメントは投稿ページと固定ページの違いや固定ページのプログラム構造を説明し、この固定ページを広幅表示に変更するための具体的カスタマイズ方法を紹介し更に固定ページのタイトルを非表示にする方法も解説しています。

アイコンも文字を使ったWEBサイトをよく目にしますが、WPのビジュアルエディタで使えるプラグインが『WordPress Visual Icon Fonts』です。このドキュメントには、インストールの仕方と簡単な使い方を紹介しています。

WordPressのCSSファイルやPHPファイルを編集する為には『UTF-8 の BOM なし』のテキストエディタが必要になります。本稿ではこのサイトで使っているEmEditor Free版の利用事例を紹介しています。

一般のテキストボックスを使ってPHP/HTMLソースを記述するとhttp画面で正しく表示されない問題が発生します。
このドキュメントはTinyMCE Advancedに整形済みテキスト(preformatted text)を使ったボックスを作成する方法を紹介しています。

WordPressの動作環境を変更すると、DBをダイレクトに変更しなければならないケースがあります。このドキュメントはphpMyAdminのエクスポートとインポートを使って修正した事例を紹介しています。

このドキュメントはTinyMCEのビジュアルエディタとhttp画面を一致させる設定や、見出しや段落等のテキストエリア要素の設定、テキストボックスの新設方法、及び表がビジュアルエディタで利用できる設定等TinyMCEの使いこなす為のテクニックを紹介しています。

SynologyのNASに日本語版WordPressをインストールするやり方を解説しています。複数のWordPressも同一手法で稼動させることができます。

WordPressをインストールするとディフォルトではサイトURLはドメイン名/WordPressフォルダになります。これをドメイン名だけにする為にSynologyの仮想ホスト機能を使います。本ドキュメントはこの使い方を解説しています。

Twenty Twelve のフッターには『Proudly powered by WordPress』という文字が出力されます。これを通常サイトの様に『Copyright表現』に変更する方法を記載しています。

固定ページに必要なのは、読者からの問い合わせを受けるメールフォームです。これを実現する為に『Contact Form 7』のインストールと設定、更にメールを送るためのSMTPとして、『WP-Mail-SMTP』のインストールと設定事例を紹介しています。