HOME  /WordPress(初級)
 /Contact Form 7のインストールとメール設定
2020年03月27日

Contact Form 7のインストールとメール設定

 ­メモ

このドキュメントは2016年の初期サイトの時に作成したドキュメントです。

WordPressが全然わからない状態から、とりあえず動く状態まで持っていったやり方を記述しています。

ある程度判っている方は応用編を参照してください。

現在サイトはこの応用編の技術で作成されています。

固定ページに必要なのは、読者からの問い合わせを受けるメールフォームです。

これを実現する為に『Contact Form 7』のインストールと設定、更にメールを送るためのSMTPとして『WP-Mail-SMTP』のインストールと設定事例を紹介しています。

1.Contact Form 7をインストールする

1.ダッシュボードの『プラグイン→新規追加』を実行し、検索画面で『Contact Form 7』を入力する。

表示された画面で、いますぐインストールボタンを挿入する。

2.表示された画面で、プラグインの有効化を実行する

以上で『Contact Form 7』のインストールが完了しました。
完了するとダッシュボードに『お問い合わせ』のメニュが追加されます。

2.Contact Form 7のメール設定を行う

Contact Form 7のメール設定には

・Contact Form 7の設定

・固定ページにContact Form 7を設定する

・実際にメールを送ってみる

があります。順番に説明をしていきます。

1)Contact Form 7の設定

①お問い合わせ→コンタクトフォームを実行する。

下記画面が表示されます。

②コンタクトフォーム1をクリックして開き、内容を編集する。

フォームの名前を『お問い合わせメールフォーム』等の任意の名前に変更して、保存してください。
ショートコードが更新されます。

尚、その他の変更については、Contact Form 7のカスタマイズで説明しますので現在はそのままで良いです。

③お問い合わせ→コンタクトフォームに戻る

ショートコードの所にカーソルをセットし、『Ctrl+C』でクリップボードにコピーしてください。

2)固定ページにContact Form 7を設定する

①『固定ページ→新規作成』で新規ページを作り、本文の所で、『Ctrl+V』でシュートコードを張り付ける。

『公開』ボタンを挿入して、上記の固定ページを保存してください。

②『外観→メニュー』で、上記で登録した『お問い合わせ』をメニュに加えてください。

お問い合わせメニューが追加されました。

3)実際にメールを送ってみる

①お問い合わせメニュを挿入してください。

②表示された画面に適当にメッセージを入れて、送信ボタンを挿入してください。

 

③下記のエラーメッセージがでますか?

Contact Form 7は、WordPressがインストールされているドメインのSMTPサーバを使ってメール配信する前提で作られています。

よって上記メッセージが出る場合は外部のSMTPサーバ経由でメールを送信するする必要があります。

3.外部のSMTPサーバ経由でメールを送る方法

『WP-Mail-SMTP』というプラグインを使うと外部のSMTPサーバからメールが送れるようになります。

考えられる外部のSMTPサーバとしてはGmailやYahooメールがあります。

しかしYahooメールは『Yahoo!デリバーの登録』が必要になるので私はGmailを使いました。

1)GmailのSMTPサーバを使う方法

しかしGmailのSMTPサーバにも制限があります。
GmailはSMTPサーバをアクセスするクライアントのセキュリティレベルが低いとメールを送ってくれません。

今、使おうとしている『WP-Mail-SMTP』もこの制限に引っかかります。

 

このサイトを作った当時はGoogleアカウントのセキュリティを『安全性の低いアプリのアクセスを許可にする』設定をすれば問題なかったのですが、現在は『Googleアカウントの2段階認証』+『アプリパスワード』を利用しないとダメになりました。

この設定方法は下記のURLを参照してください。

Googleのアプリパスワードの設定方法

 

2)WP-Mail-SMTPインストール

①ダッシュボードの『プラグイン→新規追加』を実行し、検索画面で『WP-Mail-SMTP』を入力する。

表示された画面で、いますぐインストールボタンを挿入する。

②表示された画面で、プラグインの有効化を実行する

以上で『WP-Mail-SMTP』のインストールが完了しました。

3)WP-Mail-SMTPの設定

完了するとダッシュボードの中に『WP Mail SMTP』というメニュが追加されます。起動してください。

WP Mail SMTP→設定を起動します。

①メーラは「Ohter SMTP」を選択します。

 

②SMTPの設定は下記で設定して下さい。

・SMTP   :smtp.gmail.com

・暗号化   :SSL

・Port番号 :465

・Auto TSL :ON

・認証    :ON。

 

③Gmailのアカウントとパスワードを設定する

SMTP Username:これが2段階認証を設定したアカウントです。

SMTP Password :ここがアプリパスワードになります。

上記の設定が終わったら、必ず『Save Setting』を実行してください。

 

③メールテストを行う。

メニュから「Email Test」を選択します。Send Toに貴方のメールアドレスを入れて「Send Email」ボタンを挿入します。

メールが正常に送れたら、『WP-Mail-SMTP』は正常に稼働しています。

 

4.最終確認

最後にメニューのお問い合わせボタンから、メール送信を確認してください。

正常にメールが送れるはずです。

 

<ドキュメントガイド>

前のテーマ: Twenty Twelveのメニューを設定する

次のテーマ:Contact Form 7のカスタマイズ

 メモ

以上でこのドキュメントの説明は完了です。

関連ドキュメントはメニュの「WordPress(初級)タブ」か下記の関連記事一覧から探して下さい。

又、このサイトには、Google広告が掲載されています。

この記事が貴方の参考になりましたら、広告もご覧頂ければ幸いです。


<関連記事一覧>

SynologyのWordpressパッケージをインストールする方法を解説しています。

WordPressの動作環境を変更すると、DBをダイレクトに変更しなければならないケースがあります。このドキュメントはphpMyAdminのエクスポートとインポートを使って修正した事例を紹介しています。

フロントページやカテゴリページを使って最終的なメニュ構成を作成する方法を紹介しています。

SynologyのMySQL(MariaDB)から、mysqldumpを使ってダンプする方法を解説しています。ポイントはmysqldumpはフルパスで記述する事と、ジョブはタスクスケジューラのユーザ指定のスクリプトを使って定期的にダンプを取ることになります。

Contact Form 7では確認用のe-mailアドレスをチェックする方法がありません。このドキュメントはContact Form 7のフィルターフックの機能をfunctions.phpに記述する事によりこれを可能にする方法を紹介しています。

カテゴリページの表示を抜粋表示に変更してもこのカテゴリーの何処にどの様なドキュメントがあるか?は良く分かりません。そこで解説ページを固定ページに書き、カテゴリページの表示の時に、この固定ページを表示させる方法を解説しています。

本ドキュメントではBreadcrumb NavXTのインストールからそれを表示させる為のheader.php及びCSSの編集方法と表示されたパンくずリストをビジュアルアイコンを使ってよりビジュアルにする方法を説明しています。

WordPressをインストールして、WPのテーマを『Twenty Twelve』決めた次に悩んだのは、ダッシュボードにある『設定』をどの様に設定したら良いか?です。本ドキュメントではこのWEBサイトの設定をどの様にしたのか?を解説しています。

Synologyを複数台持っている場合は、Synology間でバックアップを相互に持たせる事ができます。ここではその方法を解説しています。

ヘッダーはWEBサイトの顔になりますがTwenty Twelveのヘッダーは貧弱です。ヘッダーはタイトル、説明及びメニューから構成されており、このドキュメントはこれらをカスタマイズする方法が記載されています。