HOME  /Synology
 /日本語Wordpressをインストールする
2020年06月10日

日本語WordPressをインストールする

WordPressを使って個人のWEBサイトを構築したい場合、レンタルサーバを借りるのが一般的ですが、Synology社のNASを所有している人は、このサーバの中にWordPress環境を構築する事ができます。

メリットはあくまでも自分のサーバなので無償でサイトを構築できる事です。

またWPの構築にはSynology社のWordPressパッケージを利用する方法もありますが、本稿では

・日本語のWordPressサイトからインストールする

方法を解説しています。

1.前提条件 

Synology社のNAS上にWordPress立ち上げるためには下記の条件を確認してください。

①Webサイトにアクセスする為のDDNSは取得しているか?

もし取得してない場合は下記URLを参照してください。

­ ­SynologyのDDNSでサーバをアクセスする方法

②ローカルLAN環境で上記のDDNSを使って接続できる様になっているか?

もしURL接続ができない場合は下記URLを参照してください。

 ­LAN(ローカル)環境でURLを利用するする方法

③Webサービスは立ち上がっているか?

もしWebサービスが立ち上がってない場合は下記URLを参照してください。

 ­SynologyにWebサービスを立ち上げる。

④MariaDBとphpMyAdminは立ち上がっているか?

もし立ち上がってない場合は下記URLを参照してください。

 ­MariaDBとphpMyAdminのインストールと設定

 

2.MariaDB10にWordPressをインストールするDBを作成する

①phpMyAdminを起動しDBにログインして下さい。

 

②管理画面が表示されたら、『データべース』タブをクリックします。

 

③WordPressをインストールするDBを作成します

上記事例では
データベース名:任意の名前です。

照合順序:utf8_general_ciを選択して下さい。
にしています。

※1.『utf8_general_ci』はプルダウンリストの下の方にあります。

※2.現在はデフォルトがutf8_general_ciになりました。

 

phpMyAdminの左ペインに、新しく作成したDBが表示されます。

以上でWordPressを入れるDBの作成が完了しました。

 

3.日本語WordPressのダウンロード

MariaDBの環境は完了しましたので、あとは日本語版WordPressをダウンロードしてインストールしていきます。

ダウンロード方法にはWordPressのソフトをPCにダウンロードしSynologyにアップロードする方法もありますが、
本稿ではSynologyの『DownLoad Stationの機能』を使う方法で解説します。
『DownLoad Station』がインストールされてない場合は、このアプリケーションもインストールして下さい。

 

①下記の日本語WordPressののサイトに入ります。

https://ja.wordpress.org/download/

 

②表示された画面の中に「WordPressのダウロード」ボタンがあります。
このボタンを右クリックして「リンクアドレスをコピー」を選択してください。

※上記操作でダウロードのURLがクリップボードの中にコピーされました。

 

③Synologyの『Download Station』を起動します。

デスクトップにある下記アイコンをクリックしてください。

 

④URLを介してダウンロードタスクを指定します。

下記画面で丸印のアイコンをクリックします。

下記画面が表示されます。

■保存先が「web」フォルダになっている事を確認してください。

■URLを入力欄で、CTRL+VでクリップボードにあるURLを張り付けます。

「OK」ボタンを挿入すると、ダウンロードが開始されます。

 

⑤ダウンロードが実施され、完了するとステータスが完了に変わります。

以上でWordPressのプログラムがWebフォルダにダウンロードされました。

 

⑥ダウンロードしたWPのZIPファイルを解凍します。

File Stationで起動して、webフォルダーを開きます。

webフォルダーの中にダウンロードしたWPのZIPファイルがありますので、
このファイルを右クリックして『解凍→ここに解凍する』を実行して、解凍します。

webフォルダーの中にWordPressのフォルダーが作成されました。

以上で、日本語版WPが入手できました。

 

上記のフォルダ名を右クリックで名前の変更で任意名称に変更してください。ex:tec等

­ ­メモ

入手した日本語版WordPressのフォルダー名が現在はwordpressになっているので、このままインストールするとサイトURLは下記になります。

https://ドメイン名/wordpress/ 

よってサブフォルダ名を、自分が作りたいHPの名前に変更する必要があります。

例えばtecにフォルダー名を変更すると、アクセスするURLは下記になります。

https:/ドメイン名/tec/

 

4.日本語WordPressのインストール

次はダウンロードしたWordPressプログラムのインストールです。

①ブラウザーからWordPressサイト名をアクセスします。

・http通信の場合

http://ドメイン名/WordPressのフォルダ名/

 

・https通信の場合

https://ドメイン名/WordPressのフォルダ名/

­ ­重要

最初にhttpでアクセスするか?httpsかは極めて重要です。

httpsでアクセスしてDBを作成すると始めからhttpsでコンテンツ作成ができます。

 

­ ­Let’s Encryptの無償のSSL証明書の取得方法

上記ドキュメントを参照し、Synology全体をhttpsでアクセスできる様にして下さい。

今後はこれが主流です。

 

②ウェルカム画面が表示されますので『さあ始めましょう』をクリックします。

 

③データベースへのアクセス条件を入力します。

データベース名:phpMyAdminで作成したデータベース名です。

ユーザ名:phpMyAdminへのログインIDです

パスワード:同上

データベースのホスト名

MariaDB5に入れる場合:デフォルトのまま

MariaDB10に入れる場合:「localhost:/run/mysqld/mysqld10.sock」を入力して下さい。

■テーブル接頭辞はそのままでwp_にします。

 

④データベースアクセスができた場合は下記画面が表示されますのでインストール実行ボタンを挿入します。

­ ­上記の画面が表示されない場合

上記の画面が表示されない場合は、DBへのアクセスが上手くいってないケースです。

Web Stationの「全般設定」で利用しているPHPを調べてください。

次に「PHP設定」で使っているPHPの拡張機能をすべて使える様に設定して下さい。

以上でこのエラーは出なくなる筈です。

 

⑤WordPressにログインする為の情報を入力します。

サイトタイトル:サイトの名前です。後でも修正できます。

ユーザ名:このサイトにログインするユーザ名です。

パスワード:ユーザ名のパスワードです。

メールアドレス:貴方のメールアドレスです。

検索エンジンでの表示:チェックする。
サイトが完成した段階でチェックを外せば良いです。

 

⑤完了メッセージが表示されます。

 

⑥ログイン画面がでます。

 

⑦WordPressのダッシュボードが開きました。

以上で、日本語WPの作成が完了しました。

­ ­メモ

上記では『tec』というDBを作成しました。

WordPressのサイトを複数立ち上げる場合は、他の名前のDBとWordPressディレクトリを作成すると複数のWordPressを稼働させることができます。

 

5.その他の設定(必須)

現在のWordPressの状態はWPのプラグインやテーマを最新版に更新しようとすると、FTPのアドレスやパスワードを要求されます。
そこでダイレクトに更新させる為に下記の変更を行います。

 

5-1.wp-config.phpを変更する。

WordPressフォルダ(上記の例でがtecフォルダ)から「wp-config.php」を開きます。

 <変更前(27行目位に下記の記述があります)>

// ** MySQL 設定 - この情報はホスティング先から入手してください。 ** //
/** WordPress のためのデータベース名 */
define('DB_NAME', 'tec');

<変更後(赤字部分を追加)>

// ** MySQL 設定 - この情報はホスティング先から入手してください。 ** //
/** WordPress のためのデータベース名 */
define('DB_NAME', 'tec');
define('FS_METHOD', 'direct');

­ ­メモ

define(‘FS_METHOD’, ‘direct’);は、このDBは直接更新しますという意味です。

場所は何処に入れても良いのですが、私はdefine(‘DB_NAME’, ‘tec’);の後ろに入れています。

 

上記の修正を加えたうえで、WPのプラグイン等の更新を行ってください。


上記のメニュの更新を押すと更新が必要なアイテムが表示されます。
そこで更新するものを選択し、更新ボタンを挿入してください。

以上でWordPressのインストールが完了しました。

尚、WPのログイン画面をアクセスするURLは下記になります。

https://サイトURL/wp-admin/

­ ­その他の情報

上記の例では作ったWordPressのURLは下記になります。

https://ドメイン名/WORDPressフォルダ名/

しかしドメイン名のみでアクセスしたい場合は下記ドキュメントを参照してください。

­ ­Synologyの仮想ホスト機能を使ったサイトURLの変更

httpsの設定ができてない場合は下記ドキュメントを参照してください。

 ­Let’s Encryptの無償のSSL証明書の取得方法

以上でこのドキュメントの説明は完了です。

関連ドキュメントはメニュの「Synologyタブ」か下記の関連記事一覧から探して下さい。

又、このサイトには、Google広告が掲載されています。

この記事が貴方の参考になりましたら、広告もご覧頂ければ幸いです。


<関連記事一覧>

「synology」に関連するドキュメントを表示しています。尚、このページネーションはJquryで制御しています。

今まではWordPressの更新にあまり気を使いませんでしたが、WordPress5.5に更新しようとするとエラーが発生して、更新できない事態に遭遇しました。そこで5.5に更新する裏技を紹介しています。

ここではSynologyのphpMyAdminの「Incorrect format parameter」エラーについて解説します。このエラーは32MB以上のSQLファイルをインポートしようとした為に発生するエラーです。ここではその回避方法を解説しています。

Wordpressのセキュリティ強化の方法として「SiteGuard WP Plugin」と「Google Authenticator」の使い方を解説しています。

WordPressを構築した後、URL変更をしたい等のニーズが発生しますが、この時に重要なのはWordPressの稼働環境を理解する必要があります。ここでは「WordPressの稼働環境」と「MariaDBの中の構造」を解説しています。

Synologyサーバで大量のデータをコピーすると数十分の時間が掛かる事があります。これを数分以内でコピーする方法を解説しています。

「PHP7.0」から「PHP7.3」に変更したや、画面が途中で表示されないという問題が発生しました。この時に対応した内容を紹介しています。

自宅や職場のLANの中に「複数台のSynologyサーバ」があり、且つ、それらをhttpsでアクセスしたい場合に、SSL証明書をどうすれば良いか?を解説しています。

私の自宅は2019年末に「IIJMIO光」から「so-net光プラス」に変更しました。その結果、外部からWebサーバにアクセス出来ないという障害が発生しました。これにどう対応したか?の履歴が記載されています。

SynologyのDSMで80/443以外のポート番号を使ったWebサイトを構築する方法を解説しています。

SynologyでWordPressのURL変更を「Search-Replace-DB」で行う為には、ポート番号指定でDBを見に行く必要があります。ここではこの使い方を解説しています。

アルバムを公開アルバムにするとPhoto Stationで公開写真WEBサイトを構築する事ができます。更に、このサイトを「検索エンジンにインデックスさせる」と更に公開範囲が広がります。ここでは公開アルバムに関連する設定を解説しています。

スマートデバイスの写真を「DS Photo」を使ってPhoto Stationにアップロードする事ができます。アップロード方法には①バックアップコマンド②アップロードコマンドがあります。①を使うと写真を撮った段階で自動的にアップロードすることが可能です。

Photo Stationにはスマートデバイス専用のアプリケーションが用意されています。これがDS Photoです。
ここではこの使い方を解説しています。

Photo Stationは基本のPhoto Station以外にDSMユーザ毎に個人用Photo Stationを作成する事ができます。
ここでは個人用Photo Stationの作成方法と使い方を説明しています。

Photo Stationの基本は「公開写真Webサーバー」です。ここではこれを特定の人達で共有する方法を解説しています。

Synologyの「Photo Station」パッケージを利用するとスマホやデジカメで撮影した写真をNASサーバの中に保管をして色々な人と共有する事が可能になります。ここではこのPhoto Stationの起動方法と「Photo Station」用語を解説しています。

FTPの定番ソフトであるFFFTPを使って、SynologyのNASと接続する方法を解説しています。また対象は暗号化なしではなく、SSL証明書を使ったFTPS接続のケースになります。

iOSデバイスのWi-Fiの設定にDNSサーバを指定する方法を解説しています。

Synologyを使い始めてから何回かアプリケーション更新後に障害が発生しました。その時にはバックアップからアプリケーションを戻しますが、その戻し方を解説しています。

SynologyのPhoto Stationを利用した時に発生したエラーとその対策を解説しています。

AndroidデバイスのWi-Fiの設定にDNSサーバを指定する方法を解説しています。

SynologyのDSMに対するアタックの見方DSMの管理者を2段階認証にする方法を解説しています。

SynoloigyのDSM6.1からMariaDB5とMariaDB10の2つのDBがリリースされました。ここではMariaDB10とこのDBをアクセスするphpMyAdminの設定方法を解説しています。

Synologyサーバに2つ以上のDDNSを使う場合はSynology以外の無償DDNSサイトから取得する必要があります。またDDNSなら何でも良いのではなく、URLで更新できるDDNSでないとSynologyでは利用できません。ここでは『Dynu.com』社のDDNSの取得方法と設定方法を解説しています。

SynologyのDSMではVer6の途中から無償のSSL発行サイトのLet’s Encryptをサポートし始めました。しかし操作はマニュアルを見てもわからないので色々試した結果を解説しています。

Synologyサーバに『NO-IP.com』のDDNSを利用する応報を解説しています。

phpmyadminのセキュリティ対策として①phpMyAdminを別名にする方法②phpMyAdminをrootでアクセスできなくする方法
③phpMyAdminアクセスをローカルに限定する方法を解説しています。

SynologyのNASにWebサービスを立ち上げると、WordPressを使ったWebサイトや、EC-CUBEを使ったECサイト等を立ち上げる事ができます。本ドキュメントはWebサービスの立ち上げ方、仮想ホスト機能、パーソナルWebの機能について解説しています。

WordPressをインストールするとディフォルトではサイトURLはドメイン名/WordPressフォルダになります。これをドメイン名だけにする為にSynologyの仮想ホスト機能を使います。本ドキュメントはこの使い方を解説しています。

WordPressの動作環境を変更すると、DBをダイレクトに変更しなければならないケースがあります。このドキュメントはphpMyAdminのエクスポートとインポートを使って修正した事例を紹介しています。

無償DDNSのDDNSサイトのmydns.jpからドメイン名を取得する方法を記載しています。このサイトはIPアドレスの通知にクエリーパラメータ方式も利用できる無償のDDNSサイトなので、IPv6にも対応したDDNSサイトです。

Synology のサーバをhttpsでアクセスする為には、サーバ側にSSLサーバ証明書を入れる必要があります。本稿では自証証明書の作成方法からWindowsPCへの証明書の登録方法を解説しています。

synologyにVPNで接続する方法を解説しています。VPNはPPTPとL2TP/IPsecを解説しています。またWindowsでL2TP/IPsecを使う場合はレジストリを変更する必要があります。この辺も解説しています。

QuickConnectは自宅にあるSynologyのNASサーバが常時Synologyのサイトと接続されている環境を使ってインターネットからアクセスする方法です。この方法はルータの設定変更を必要としないのであまりネットワークに詳しくない人でも利用できる特徴がありますが、利用できるのは特定アプリケーションのみです。

SynologyのNASのOSはDSMになります。このドキュメントはDSMの更新方法について解説しています。

ここではSynoligyサーバを「Hyper Backup」アプリケーションで、Googleドライブにバックアップ/リストアする方法を解説しています。

Synologyを複数台持っている場合は、Synology間でバックアップを相互に持たせる事ができます。ここではその方法を解説しています。

SynologyのMariaDBから、mysqldumpを使ってDBを定期的にダンプする方法と、それを利用してWordPressを過去の時点に戻す方法を解説しています。

SynologyのNAS機能に関連するメニューは①ファイルサービス、②共有フォルダ、③グループ、④ユーザがありこれらの関連性を解説しています。また利用権限は各々のメニューの中でも設定できるため誰に何の権限を与えたか?が判りずらい為、権限設定の考え方の例を解説しています。

Synologyの自動セットアップはLAN上のDHCPサーバから割り振らてたIPアドレスが割り振られています。本稿ではこれを固定IPアドレスに変更する方法と、DSM(DiskStation Manager)にアクセスする為のポート番号の設定を解説しています。

DSM(DiskStation Manager)のログイン画面をカスタマイズする方法を解説しています。これを使う事により企業特有のログイン画面が作成できます。

SynologyのDSM6の基本画面とコントロールパネルの基本的な使い方を解説しています。

SynologyのNASは独自のDSM(DiskStation Manager)というOSで動いております。私が経験したのはDSM4、DSM5を経由し、現在はDSM6を利用しています。どのバージョンでも操作は基本的には変わりません。

Synology サーバとWindowsPCをWebDAV接続すると、インターネット環境やローカル環境からアクセス権限を持った総てのフォルダがローカルフォルダと同様に利用できるようになります。ここではこの方法を解説しています。

SynologyのWordpressパッケージをインストールする方法を解説しています。

Synology のNASをインターネットからアクセスする方法としてDDNS(Dynamic DNS)を利用する方法があります。本稿ではDDNSにSynologyのDDNSを利用する方法と、インターネットルータへのポート番号設定事例を紹介しています。

SynologyのNASにWordpressを インストールしてWebサーバを構築する場合、ローカルPCからもURLでアクセスできる必要があります。この解決方法にSynologyのDSM Serverを使う方法を解説しています。