HOME  /Synology
 /SynologyのWordPressパッケージをインストールする
2020年02月13日

SynologyのWordPressパッケージをインストールする

WordPressを使って個人のWEBサイトを構築したい場合、レンタルサーバを借りるのが一般的ですが、Synology社のNASを所有している人は、このサーバの中にWordPress環境を構築する事ができます。

メリットはあくまでも自分のサーバなので無償でサイトを構築できる事です。

またWPの構築には日本語WordPressを利用する方法もありますが、本稿では

・Synology社のWordPressパッケージをインストールする

方法を解説しています。

しかしあくまでも推奨は日本語WordPressを利用する方法です。

1.前提条件 

Synology社のNAS上にWordPress立ち上げるためには下記の条件を確認してください。

①Webサイトにアクセスする為のDDNSは取得しているか?

もし取得してない場合は下記URLを参照してください。

­ ­SynologyのDDNSでサーバをアクセスする方法

②ローカルLAN環境で上記のDDNSを使って接続できる様になっているか?

もしURL接続ができない場合は下記URLを参照してください。

 ­LAN(ローカル)環境でURLを利用するする方法

③Webサービスは立ち上がっているか?

もしWebサービスが立ち上がってない場合は下記URLを参照してください。

 ­SynologyにWebサービスを立ち上げる。

④MariaDBとphpMyAdminは立ち上がっているか?

もし立ち上がってない場合は下記URLを参照してください。

 ­MariaDB5とMariaDB10のアクセス権の設定 

2.WordPressパッケージのインストール

パッケージセンターの『ビジネス』にある、WordPressの『インストールボタン』を挿入してください。

②下記画面が表示されます。phpMyAdminで設定したIDとパスワードを入力し『次へ』を実行してください。

③下記画面が表示されます。

上記はMariaDBにアクセスする為の設定です。

※1.データベース名:変更は可能ですが、変更しない事をお勧めします。
理由はWEBフォルダに作成されてサイト名はwordpressに固定される為、DBの名前だけを変更すると後で追いかけるのが難しくなります。

※2.データベースのユーザ名とアカウント:phpMyAdminで設定したIDとパスワードを指定して下さい。

④確認画面が出てくるので「適用」で先に進みます。

⑤WordPressパッケージのインストールが完了し、下記アイコンが作られますので起動してください。

⑥言語の選択が出てきますので、『日本語』を選択し、『続ける』を実行します。

⑦WordPressのDBの設定画面が表示されるので、必要事項を入力します。

※1.サイトタイトル:サイトの名前です。後でも修正できます。

※2.ユーザ名:このサイトにログインするユーザ名です。

※3.パスワード:ユーザ名のパスワードです。セキュリティを考えたパスワードを入力します。

※4.メールアドレス:貴方のメールアドレスです。

※5.検索エンジンでの表示:チェックしておきましょう。
サイトが完成した段階でチェックを外すのが基本です。

⑧成功画面がでます。ログインボタンを押してください。

⑨ログイン画面がでます。ログインしてください。

⑩WordPressの管理画面が表示され、インストールは完了です。

3.インストールされた環境と制限

File Stationをダブルクリックしてください。

img_559e14629d0eb

下記のWebフォルダーの中のWordPressというディレクトリがインストールされた場所です。

 

 ­その他の情報

上記の例では作ったWordPressパッケージのサイトURLは下記になります。

http://ドメイン名/wordpress/

しかしドメイン名だけでアクセスしたい場合は下記ドキュメントを参照してください。

­ ­Synologyの仮想ホスト機能を使ったサイトURLの変更

httpでなくhttpsに変更したい場合は下記ドキュメントを参照してください。

 ­Let’s Encryptの無償のSSL証明書の取得方法

 

 メモ

以上でこのドキュメントの説明は完了です。

関連ドキュメントはメニュの「Synologyタブ」か下記の関連記事一覧から探して下さい。

又、このサイトには、Google広告が掲載されています。

この記事が貴方の参考になりましたら、広告もご覧頂ければ幸いです。


<関連記事一覧>

SynoloigyのDSM6.1からMariaDB5とMariaDB10の2つのDBがリリースされました。ここではMariaDBへの管理者の登録方法とMariaDB10アクセスに限定する方法を説明しています。

SynologyのNASに日本語版WordPressをインストールするやり方を解説しています。複数のWordPressも同一手法で稼動させることができます。

Synology サーバとWindowsPCをWebDAV接続すると、インターネット環境やローカル環境からアクセス権限を持った総てのフォルダがローカルフォルダと同様に利用できるようになります。ここではこの方法を解説しています。

WordPressをインストールするとディフォルトではサイトURLはドメイン名/WordPressフォルダになります。これをドメイン名だけにする為にSynologyの仮想ホスト機能を使います。本ドキュメントはこの使い方を解説しています。

SynologyのNASのOSはDSMになります。このドキュメントはDSMの更新方法について解説しています。

synologyにVPNで接続する方法を解説しています。VPNはPPTPとL2TP/IPsecを解説していますがWindowsからL2TP/IPsecでアクセスする場合はレジストリを変更する必要があります。WindowsはXP以降からルータの奥でNAT変換されたVPNサーバにはL2TP/IPsecでアクセスできない仕様に変更されています。この辺の解説もしています。

Photo Stationにはスマートデバイス専用のアプリケーションが用意されています。これがDS Photoです。
ここではこの使い方を解説しています。

DSM6.1では無償のクラウドのGoogleドライブにバックアップできる様になりました。これを使うと15GBまで使えるので個人ユースに場合はこれで十分と思います。ここではこのバックアップ方法とリストア方法を解説しています。

Synologyを使い始めてから何回かアプリケーション障害に遭遇しています。その時にはバックアップからアプリケーションを戻す事になりますが、ここではその戻し方を解説しています。

Synology のサーバをhttpsでアクセスする為には、サーバ側にSSLサーバ証明書を入れる必要があります。本稿では自証証明書の作成方法からWindowsPCへの証明書の登録方法を解説しています。