HOME  /WordPress(応用)
 /表示デバイスと画面サイズの両方を使った判断方法
2020年04月18日

表示デバイスと画面サイズの両方を使った判断方法

wp_is_mobileやis_mobile関数(表示デバイスを取得する方法)は、デバイス種類(PC,タブレット,スマホ)を取得できますが、PCの開発環境でタブレットやスマホの画面デバッグができません。

一方、$size = $_SESSION[windowSize];(表示デバイスを取得する方法)は、PCの開発環境でタブレットやスマホの画面デバッグはできますが、一回目のセッションでは機能しません。

そこでこれらを合わせて

①1回目のセッションでは、表示デバイスで処理する。

②2回目以降のセッションでは、画面サイズで処理する。

という考え方にすると、デバッグ環境でも利用できるデバイス判断関数を作成する事ができます。

 メモ

上記の考え方で正しく画面が表示されないケースは下記条件が一致した時のみになります。

・1回目のセッション

・開発用PCでプログラムをデバックしている時

・Windowsサイズがスマホやタブレットのサイズになっている時

よって上記条件は、実使用上問題ありません。

1.判断関数を作る為の仕様

wp_is_mobileやis_mobileは、ダイレクトにデバイスタイプを返します。

しかし画面サイズの取得は、画面サイズとデバイスタイプの関係を定める必要があります。

このサイトのCSSは、上記の関係が下記の様になっています(BootstrapとFlexboxの特徴と違い

スマホ タブレット PC
表示幅(px) ~767 768~991 992~
名称 xs sm pc

そこでPHP側で判断するこの関数も、上記ブレークポイントを採用します。

 メモ

スマホやタブレットは、デバイスを回転させる為に画面サイズ(px)が変化します。

例えば私が所有しているデバイスでは

・スマホ :縦表示=360px、横表示=598px

・iPAD :縦表示=768px、横表示=1024px

になっており、上記ブレークポイントで言うと、スマホはxs、iPADの縦表示はsm、横表示はmdになります。

2.新規判断関数の作成【is_my_mobile()】

functions.phpに下記関数を追加します。

<?php
/*****************************************************************************
Window幅及びWordPress関数からデバイスタイプを返す関数
*******************************************************************************/
function is_my_mobile()
{
 $size = $_SESSION[windowSize];
 if($size == 0)
  {
  if(is_mobile()){return 'xs';}
  elseif(wp_is_mobile()){return 'sm';}
  else{return 'pc';}
  }
 elseif($size <= 767){return 'xs';}
 elseif(768 <= $size && $size <= 991){return 'sm';}
 else{return 'pc';}
}
?> 

※1.$_SESSION[windowSize]が0の時が、1回目のセッション(初期画面)になります。

※2.この時は、is_mobile()とwp_is_mobile()でデバイスタイプを返します。

※3.それ以降は、画面サイズをブレークポイントで判断してデバイスタイプを返します。

3.is_my_mobile の使い方

下記は左側にコンテンツ、右にサイドバーを表示するが、デバイスがスマホの時はサイドバーをボタン表示し、その下にコンテンツを表示するプログラムになっています。

<?php get_header(); ?>
<?php if(is_my_mobile() == 'xs'):?>
	<?php get_template_part('sidebar-xs'); ?> 
<?php endif;?>
<div id='background'>
	<div id='post-contener'>
  <?php while ( have_posts() ) : the_post(); ?>
			<div class='contents'>
				<?php the_content();?>
			</div>
		<?php endwhile;?>
	</div>
 <div id='widget-contener'>
  <?php get_sidebar(); ?>
 </div>
</div>
<?php get_footer(); ?>

上記プログラムは下記の様な動作になります。

①headerを書く。

is_my_mobile()関数で判断し、デバイスがスマホならスマホ用のサイドバーメニュをheaderの下に表示する。
(sidebar-xsはサイドバーをボタンにしたphpプログラムです)

③次に画面は左側にコンテンツ(post-contener)、右にサイドバー(widget-contener)で表示する。
(但し、CSSで画面サイズがスマホの時はwidget-contenerdisplay:noneに設定する)

④footerを書く。

 メモ

当然、この関数は下記の様な書き方も可能ですが、CSSのメディアクエリ(@media)と併用した方が簡潔なプログラムになります。

<?php if(is_my_mobile() == 'xs'):?>
  スマホの画面
<?php elseif(is_my_mobile() == 'sm'):?>
  タブレット画面示
<?php else:?>
  PC画面
<?php endif;?>

以上でこのドキュメントの説明は完了です。

関連ドキュメントはメニュの「Wordpress(応用編)タブ」か下記の関連記事一覧から探して下さい。

又、このサイトには、Google広告が掲載されています。

この記事が貴方の参考になりましたら、広告もご覧頂ければ幸いです。


<関連記事一覧>

「wprdpress-ad」に関連するドキュメントを表示しています。尚、このページネーションはJquryで制御しています。

ここでは「WP-Mail-SMTP」プラグインと「Gmail API」を使ってWordPressからメールを送る方法を解説します。特徴はGoogleのセキュリティ審査で警告は出ないが、設定と運用が面倒な事です。

ここでは「WP-Mail-SMTP」プラグインと「Googleのアプリパスワード」を使ってWordPressからメールを送る方法を解説します。特徴は簡単で運用が簡単だがGoogleのセキュリティ審査で警告がでます。

Wordpressのセキュリティ強化の方法として「SiteGuard WP Plugin」と「Google Authenticator」の使い方を解説しています。

「Velvet Blues Update URLs」はWordpressのプラグインです。よって、WordPress稼動中にURLを変更するツールです。これを使ってサイトのURLを変更する方法を解説しています。

WordPressを構築した後、URL変更をしたい等のニーズが発生しますが、この時に重要なのはWordPressの稼働環境を理解する必要があります。ここでは「WordPressの稼働環境」と「MariaDBの中の構造」を解説しています。

「PHP7.0」から「PHP7.3」に変更したや、画面が途中で表示されないという問題が発生しました。この時に対応した内容を紹介しています。

「PHP Compatibility Checker」で「File has mixed line endings; this may cause incorrect results」の警告が出た時の対処方法を解説しています。

Jqueryでコントロールするページネーションです。
デバイスに全リストを送り、Jquryで何処を表示するか?のコントロールをします。

PHPでコントロールするページネーションを投稿ページ等に配置すると動作しない事があります。
これを解決する方法を解説しています。

このドキュメントではビジュアルエディタでモーダルウィンドウを使ったコンテンツを作成する方法を解説しています。更に1ページの中に複数のモーダルウィンドウ定義があっても対応できるJqueryにしています。

ビジュアルエディタで文書を作成する時、ボタンを作成したい時があります。
ここでは下記のBootstrapのボタンをビジュアルエディタで利用する方法を解説します。

ここでは引用

の設定と使い方を解説します。ポイントは見やすい引用BOXです。

親テーマのビジュアルエディタのCSSが「editor-style.css」でない場合はTinyMCE Advancedプラグインを利用するのに一工夫が必要になります。
ここではその解決方法を解説しています。

2018年末にリリースされたWordPress5.0から標準エディタは「ブロックエディタ(Gutenberg)」に変更になりましたが「ビジュアルエディタ」を使い続ける方法を解説しています。

ビジュアルエディタの操作画面に幾つかのダッシュアイコンボタンを追加したサンプル事例を紹介しています。

広告を読み出すHTMLをそのまま記述すると、プログラムが見づらくなります。 その対策として関数を使う方法もありますが、ここではWordPressのウィジェット機能を使う方法を解説します。 1.サイドバーにAdSense広 […]

画像が多いサイトを作成するとどうしても表示スピードが遅くなります。 この対策の一つとして画像を圧縮する方法があります。   画像圧縮には色々なツールがありますが、ここでは「Compress JPEG & […]

WP Mail SMTP等でGMAILのSMTPサーバを利用する場合は、「アプリパスワード」又は「Google Cloud Platform」を利用する必要があります。ここでは「アプリパスワード」の設定方法を解説しています。

SynologyのDSMで80/443以外のポート番号を使ったWebサイトを構築する方法を解説しています。

SynologyでWordPressのURL変更を「Search-Replace-DB」で行う為には、ポート番号指定でDBを見に行く必要があります。ここではこの使い方を解説しています。

wordpress関数のwp_mailを使った事例を解説しています。このフォームのボタンはBootstrapで、ダブルクリックによる二重送信防止機能も付けています。

このコンテンツはこのサイトのフッタページのデザインを解説した物です。

このコンテンツはこのサイトのリストページのデザインを解説した物です。ページデザインはFlexboxを採用して左にコンテンツ、右にウィジェットを配置しています。またページ送りはBootstrapのページネーションを利用しています。

このコンテンツはこのサイトの投稿ページのデザインを解説した物です。ページデザインはFlexboxを採用して左にコンテンツ、右にウィジェットを配置しています。

PHPプログラムでコントロールするページネーションです。
やり方はWordPressのページネーションからデータを取得し、それをBootstrapのページネーションフォーマットで出力しています。

PC画面ではサイドバーがあっても良いが、幅が狭いスマホではこのエリアが確保できない。そこでスマホの場合は自動的にBootstrapのドロップダウンメニュに置き変えるサイドーバーの作り方を解説しています。

このコンテンツはこのサイトの固定ページのデザインを解説した物です。ページデザインはFlexboxを採用しています。またトップページはfront-page.phpを利用しています。

パンくずは一般的にはプラグインを利用しますが、ECサイト等でサイトに特化したパンくずにする為には自作のパンくずの方がカスタマイズ性に優れます。そこでここでは自作のパンくずを作る方法を解説しています。

Bootstrapのインプットグループ機能を使った検索BOXを作成した事例です。検索BOXは関数化してボタンの色を指定できる様にしています。

Bootstrapのナビゲーション・バー(Navbar)機能を使うとスマホ画面がスマートになります。但しデフォルトでは使いづらいのでNavbarボタンの関数化とWordPressメニュを使う方法を解説しています。

Bootstrapのナビゲーション・バーとflexboxを使ったヘッダの作成事例です。Bootstrapのナビゲーション・バーを使う事により、スマホのヘッダ画面が簡単に作れます。またFlexboxを使う事によりPCやタブレットのヘッダ画面が簡単で綺麗なメニュが作れるようになりました。

モーダルウィンドウとは新しいウィンドウを表示し、その操作が完了するまで親ウィンドウの操作ができないタイプのウィンドウのことです。ここではBootstrapのモーダルウィンドウ機能をビジュアルエディタで使う方法を解説しています。

ビジュアルエディタでBOXを作成する方法は①表機能を使う②スタイルで設定したBOXを使うがありますが、ここでは表機能を使ってBOX全体がリンク対象になるBOXを作成する方法を解説しています。

Bootstrapを導入するとBootstrapが持っているアイコンフォントが使える様になります。一方、WordPressもアイコンフォントを持っています。ここではこれらの使い方を説明しています。

ここではビジュアルエディタでタブ切替ができるコンテンツを作成方法を解説しています。更にここでは1ページに複数のタブ要素があっても対応できるjqueryプログラムにしてあります。

TinyMCEのスタイルは1つの段落に対する定義になります。よってこのスタイルで作成したBOXは、改行(Shift+Enter)しか使えません。しかしショートコードという新しい概念を利用すると段落変更(Enter)が使えるBOXを作る事ができます。ここではその作り方を解説しています。

TinyMCEで画像を取り扱うポイントは、画像に枠を付ける場合はどうするのか?と画像のレスポンシブ化は、どの様に実現するか?になります。ここではこれらの設定方法と使い方を解説しています。

このドキュメントではビジュアルエディタの段落、h2~h5及びリンクの設定とリンクの貼り方を解説しています。

TinyMCEではリストとして、オーダリスト

    とアンオーダーリスト

      が用意されていますが、決して使い易いものではありません。そこでこのサイトではTinyMCE Advancedのスタイル機能を使って半角2文字リスト、半角4文字リストを作成する事により、文字種を選ばないリストを作成しました。

ビジュアルエディタで文書を作成した際にどのフォントを使うか?は悩ましい所です。ここではどの様なフォントを指定するとどの様なフォントで表示されるのかを解説しています。

ビジュアルエディタで綺麗な表を作成する為に「TinyMCE Advanced」と「Bootstrap」の表機能を利用しています。ここではそれらの設定方法と利用方法を解説しています。

レスポンシブWebデザインとは、ユーザーが閲覧するデバイス幅に応じたデザインで表示させる技術のことで、有名所でBootstrapとFlexboxが挙げられます。ここでは両者の特徴と違いを解説しています。

Flexboxは素晴らしい機能ですがプロパティの設定に悩まされます。本稿では具体的な事例を挙げながらFlexboxの使い方を解説しています。

画面サイズを取得する為には①セッション機能をONにする。②ajaxを使ったJqueryプログラム③ajaxからのデータを受け取るphpプログラムが必要になります。またajax経路はWordPressのデフォルト経路ではなく独自経路を使っています。

WordPressで用意されている関数、is_mobileやwp_is_mobileを利用すると、アクセスしてきたデバイスの種類を意識したPHPプログラムを作成する事ができます。ここではこの設定方法と使い方を解説しています。但し、これは画面サイズではありません。

ここでは整形済みテキスト(pre)の設定と使い方を解説します。整形済みテキストのポイントは見やすいソーステキストの提供です。

Bootstrapのモーダルウィンドウの機能をビジュアルエディタで使うとどうしてもBootstrapの仕様の制限を受けます。
そこでこの投稿では自作のモーダルウィンドウの作り方を解説します。ここでは背景色の変更やコンテンツエリア幅の変更を可能としています。

コラップスとはアコーディオンなどのようにコンテンツを開閉できる機能でここではBootstrapのコラップス機能をビジュアルエディタで利用する方法を解説しています。更に1ページに複数のコラップスがあっても対応できるJqueryにしています。

TinyMCEのデフォルト設定ではインデントはpタグとimgタグしが使えません。またCSSを更新した時にスーパリロードしないと画面が更新されない等の問題点もあります。ここではこれらの問題点を解決して使い易いTinyMCEの設定方法を解説しています。

ビジュアルエディタのCSS「editor.style.css」を充実させると操作性は良くなりますが、「style.css」を維持する事が大変になります。ここではその管理方法の一例を紹介しています。

TinyMCEの仕様は親テーマのeditor-style.cs、子テーマのeditor-style.cssの順番に読み込みます。ここでは子テーマのeditor-style.cssだけを使う方法を解説しています。

Bootstrapはグリッドデザイン以外にボタンやナビゲーション等の色々な機能を持っており、これを利用するとかなり自由なデザインが可能になるツールです。このBootstrapをダウンロードし、HTTP画面やビジュアルエディタで使う方法を解説しています。

子テーマの作り方には色々な方法があります。ここで紹介している方法は親と子を明確に分離する方法なので、子テーマのCSSが親テーマのCSSと完全に分離するので見やすくすることができます。

phpmyadminのセキュリティ対策として①phpMyAdminを別名にする方法②phpMyAdminをrootでアクセスできなくする方法
③phpMyAdminアクセスをローカルに限定する方法を解説しています。